【試合詳細】2・29 アクトレスリング新木場公演 茉莉&なるvs惡斗&山中絵里奈 青野未来&かなみっくvs松井珠紗&CatMASK calico 澄川菜摘&皇希&後藤智香vs入江彩乃&CHIAKI&福永莉子

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『ACTwrestling Step35』
日程:2024年2月29日(木)
開始:18:45
会場:東京都・新木場1stRING
観衆:120人

▼Single match
[てっぺん☆]○山田奈保
6分19秒 ダブルアーム式フェイスバスター→片エビ固め
●才原茉莉乃

▼Single match
[The Royal]○夏葵
7分35秒 キューティー・スペシャル
[update+]●水嶋さくら

▼3x3 Tag match
[The Royal]○澄川菜摘/皇希/後藤智香
10分59秒 ダイビング・ダブルニードロップ→片エビ固め
[BE∀STZ REBELLION]入江彩乃/CHIAKI/●福永莉子

▼Tag match
青野未来/○かなみっく
13分8秒 mic mic knife
[てっぺん☆]松井珠紗/●CatMASK calico

▼Tag match
茉莉/○なる
11分3秒 おくるみプレス→片エビ固め
惡斗/●山中絵里奈

茉莉のAWG王座に澄川が挑戦決定!なるがエリナ様の全勝を阻止しかなみっくと青野戦の権利をかけて対決へ!

オープニング


 和風の衣装に身を包んだアクトレスガールズが『宵々古今』『Love Riddle』に乗ってダンスパフォーマンスを披露。
 ダンス中に茉莉と惡斗が目があうと、惡斗が場外に滑り出て客席に座り茉莉を挑発した。

第1試合


 両者リングを周って距離を見るが、茉莉乃が突っ込んで大外刈りで倒し走り込む。だが奈保が足を刈って倒し、グラウンドの攻防からエルボーの打ち合いへ。茉莉乃がチョップを打ち込むと奈保がエルボー連打でコーナーに押し込み、逆コーナーに振って串刺しドロップキック。
 奈保は逆エビ固めで捕らえるが茉莉乃はロープを掴みブレイク。

 奈保はお尻ペンペンからロープに飛んで尻への低空ドロップキック。
 引き起こすが茉莉乃がロープに振ってガットショットから大外刈り。さらにエルボーで倒し、どんぐりクラッシュから投げようとする。耐えた奈保のバックを取るが、奈保は丸め込むが2。

 奈保は光の輪も2。

 奈保はロープに飛んでヘッドハンターからフォールも2。

 奈保はコーナーに登り、セカンドロープからのダイビングフォアアーム。避けた茉莉乃がテールクラッチも2。

 茉莉乃がリバースして叩きつけフォールも2。

 茉莉乃は走り込むが、奈保がガットショットからロープに飛ぶが、茉莉乃が払い腰で迎撃しフォールも2。

 茉莉乃は走り込むも、奈保は足を掴んで切り返すと低空ドロップキックからフィギュアエイト。
 これを離すと投げようとするが、茉莉乃が小手返しで切り返しテールクラッチも2。そのままロコモーションテールクラッチも2。

 茉莉乃は担ぐが、切り返した奈保がスタナーからロープに飛んでドロップキック。さらにコーナーに上り、セカンドロープからのダイビングフォアアーム。
 髪を掴んで引き起こし、ダブルアームフェイスバスターで叩きつけ3カウントを奪った。

第2試合


 さくらが握手を求め、夏葵が握り返すとさくらが丸め込むも2。
 お互いロープに飛んでハイスピードな攻防から、さくらがカニバサミで倒しフォールも2。再度丸め込むが2。
 ドロップキックの相打ちから両者睨み合う。

 夏葵はローキック。さくらがエルボー連打でコーナーに押し込むが、夏葵がコーナーに振って走り込むがさくらがクロスボディで迎撃。再度クロスボディからフォールも2。

 さくらは夏葵の背中にドロップキックから投げようとするが、切り返した夏葵がドロップキックからストンピング。
 夏葵は串刺しジャンピングニーから逆エビ固めを狙うが、さくらが丸め込もうとするも夏葵が潰してフォールも2。

 夏葵は背中にサッカーボールキック連発。のたうつさくらを逆エビ固めで捕らえるが、さくらはロープを掴みブレイク。

 夏葵は背中にミドルキック連発からロープに飛んで背中へのジャンピングニー。フォールも2でブリッジして抜けたさくらがドロップキック。

 さくらは鎌固めで捕らえ、これを離すとキルスイッチを狙う。だが夏葵が切り返して顔面に膝を叩き込む。両者ダウン。

 膝立ちでエルボーの打ち合いからさくらがエルボー連打。夏葵はローからミドル。さらにハイキックも、ガードしたさくらがロープに飛んでクロスボディアタック。フォールも2。

 さくらは走り込み、変形ジャパニーズ・レッグロール・クラッチも2。

 さくらはキルスイッチからフォールも2。

 さくらはロープに振っていくが、夏葵がジャンピングニーを叩き込む。
 夏葵はコーナーに上り、ダイビングフットスタンプからフォールも2。

 夏葵は走り込むが、さくらがエルボーで迎撃。だが夏葵はすぐにシャイニング・ウィザードからキューティースペシャルで3カウント。

第3試合


 先発は皇希とCHIAKI。ロックアップをスカしたCHIAKIがアイアンクローでロープに押し込む。
 レフェリーが注意すると、ロープに振ってラリアットを巻き込んでのエルボー。エルボーの打ち合いからCHIAKIがエルボー連打。皇希がエルボーも、CHIAKIが彩乃の足に皇希の顔面を叩き込み彩乃にタッチ。

 彩乃はビッグブーツからCHIAKIもケンカキックで連撃。さらに彩乃が極楽固めで捕らえると、CHIAKIが顔面を蹴りつけていき、ロープに飛んで顔面への低空ドロップキック。
 彩乃はこれを離して莉子にタッチ。

 皇希はエルボーからビッグブーツ。再度ビッグブーツからコーナーに叩きつけ智香にタッチ。

 ロイヤルでトレイン攻撃から智香がボディスラム。フォールも2。
 智香はジャイアントスイングを狙うが莉子が丸め込むも2。

 莉子はロープに飛んでカサドーラを狙うが、智香は力任せに動きを止めるとリバースジャイアントスイングからフェイスバスター。莉子が転がってCHIAKIにタッチ。

 CHIAKIが走り込みガットショットから顔面に低空ドロップキック。さらに四つん這いの智香の背中に側転ダブルニーからフォールも2。
 CHIAKIが走り込むが智香がチョークで捕らえるとショートレンジラリアット。避けたCHIAKIに逆の腕でショートレンジアックスボンバーからフォールも2。

 CHIAKIはエルボースマッシュからロープに飛ぶが、智香はストマッククローからマンハッタンドロップで迎撃。CHIAKIが転がり彩乃が背中にタッチ。

 彩乃がビッグブーツで吹っ飛ばすと、皇希が智香の背中にタッチ。

 皇希が彩乃にビッグブーツから菜摘がエプロンを走り込んで顔面にケンカキックを叩き込む。

 皇希はボディスラムから170cmプレスを狙うが、莉子とCHIAKIがダブルのビッグブーツを背中に叩き込んでカットし、彩乃がロープに飛んでお主の耳にドロップキック。
 彩乃はロープに飛ぶも、皇希はスパインバスターで迎撃しフォールも2。


 皇希は投げようとするが、耐える彩乃をフロントネックで絞り上げる。CHIAKIが出てくるが皇希と智香が担ぎ上げると、そのままリングに叩きつけ、走り込んできた菜摘を2人で担いで合体ダブルニードロップ。
 皇希は起き上がりこぼし式のラリアットからフォールも2。
 皇希は菜摘にタッチ。

 菜摘はランニングニーからコーナーに上るが、CHIAKIが髪を掴んで動きを止めると彩乃がエルボー連打からダイビングスタナー。さらにロープに飛んでケンカキックからフォールも2。
 彩乃は走り込むが、菜摘はワキ固めで捕らえ、暴れる彩乃にヘッドシザース。彩乃は回転して切り返すと逆片エビ固めで捕らえるが、菜摘がロープを掴みブレイク。

 彩乃が菜摘をリング中央に振り、CHIAKIが担いでアルゼンチンに。菜摘が着地するも彩乃がそこを河津落としで叩きつけフォールも2。
 彩乃は莉子にタッチ。

 莉子と彩乃はロープに飛んでダブルのビッグブーツ。さらに莉子がバズソーキックも、ガードした菜摘が膝蹴り連発から串刺しダブルニー。ロープに飛んでランニングニーを叩きこむが、すぐに立ち上がった莉子がローキック連打。
 菜摘はミドルで返し、莉子がハイキックも菜摘が避けてハイキック。

 ふらつく莉子に菜摘が走り込むが、CHIAKIが走り込みパワースラムで叩きつけると、彩乃とともにダブルのバックドロップ。莉子がそこへ水面蹴りを叩き込みバイシクルキックからフォールも2。
 莉子はカサドーラで丸め込むも智香がカット。

 彩乃とCHIAKIで智香をロープに振るが、智香がダブルラリアット。CHIAKIが避けて莉子とダブルのビッグブーツで智香を迎撃するが、皇希がでてきて2人まとめてバックドロップ。

 菜摘がダイビングフットスタンプを投下するが、莉子が避けるとすぐさま菜摘は蒼魔刀。菜摘は再度コーナーに上りダイビングダブルニードロップを投下し3カウント。

CHIAKI「おい莉子、おまえまた負けたな。お前復帰してから良いとこねーじゃねーかよ。相変わらずビーリベの足引っ張ってんじゃねーかよ。おい莉子!お前もうビーリベにいらねーよ!」
轟「お前人のせいばっかにしてんじゃねーぞ。お前が助けに行けばいいじゃねーかよ。お前だって下で伸びてただろ!」
CHIAKI「関係ねーやつは黙っててくれねーかなこの豚足!」
轟「豚骨だよ!」
CHIAKI「お前リング上がれねーなら黙ってろよ(エプロンに轟が上がる)おう上がれた。始めて見た。オイ、わかったよお前、そんなに俺と絡みてーんだったら、こいつのことケリついたら今度はお前の相手してやるよ待ってろよ」
轟「やってやるよいつでも」

菜摘「はいはいはいはい、勝ったの私なんで、ちょっと勝手にしゃべんのやめてもらっていいですか?ちょっとよくわかんない人たち下がってもらっていいですか?まあでも言い方あれだけどさ、莉子、ちょっとCHIAKIの言う事も一理あるんじゃないですか?なんか、なんだ、今の莉子は、もっともっとがむしゃらに、もっともっとお客さんの人の心に届くような試合をもっと出来るはずだから、だからもっともっとそこに向かってやってほしいし、だけどこれ以上はリーダーの彩乃に任せますんで教育お願いします。それより彩乃、皇希と智香が?後楽園で試合したいって、言ってるんですけど。逃げてないで、受けてもらっていいですか?」
彩乃「別に、逃げてるわけじゃないんで(リングを去る)」
智香「よろしくお願いします!よろしくお願いしま~す!!」
菜摘「ロイヤルー!休憩~」

第4試合


 先発はかなみっくと珠紗。ロックアップから珠紗がヘッドロックで捕らえる。ロープに飛ぶがかなみっくが避けるとドロップキックもスカすが、アームホイップの応酬から珠紗がガットショットを叩き込みストンピング。さらに首投げからスリーパーで捕らえるがかなみっくはロープに足を伸ばしブレイク。
 珠紗は正面ロープにくくると、calicoがエプロンでチョップ連発。さらに珠紗のランニングニーとcalicoのチョップでサンドイッチしフォールも2。
 珠紗はcalicoにタッチ。

 calicoはドロップキックからイタリアンストレッチNO.32。珠紗がロープ往復式の低空ドロップキックをかなみっくの背中に叩き込み、calicoが投げようとするがかなみっくが逆にボディスラム。両者タッチ。

 未来が珠紗にミドルキックもcalicoがチョップを叩き込む。だが未来がコーナーに振って珠紗にソバットからcalicoに串刺しドロップキック。珠紗とcalicoに交互に低空串刺しドロップキックを叩き込み、珠紗を首投げからサッカーボールキック。フォールも2。
 未来はかなみっくにタッチ。

 かなみっくはボディスラムからロープに飛んでドロップキックも、避けた珠紗が低空ドロップキック。
 かなみっくが立ち上がるとエルボーの打ち合いへ。かなみっくがエルボー連打からロープに飛ぶが、珠紗が追走ニーからフィッシャーマンスープレックスホールドも2。
 珠紗はロープに飛ぼうとするが、かなみっくが足に絡みつく。蹴り飛ばした珠紗がロープに飛んでケンカキックも、かなみっくがスカしてスクールボーイも2。
 かなみっくは低空ドロップキックから未来にタッチ。

 未来はニークラッシャーから39ロック。珠紗はロープを掴みブレイク。

 未来はロープに飛ぶが、珠紗がスカすとロープに飛んでカサドーラフットスタンプ。フォールも2。
 再度フットスタンプからフォールも2。再々度フットスタンプからフォールも2。
 未来がローから走り込んできた珠紗にフェイスバスター。フォールも2。
 未来はスライディングラリアットも、珠紗が丸め込むが2。
 珠紗が走り込むも未来がラリアットで迎撃しフォールも2。
 未来はダブルアームの体勢も、切り返した珠紗を未来が逆さ押さえ込みからショートレンジラリアットでなぎ倒しフォールも2。
 未来がロープに飛ぶが、珠紗がドロップキックで迎撃し、ロープに飛んでスライディングクロスボディ。
 珠紗はコーナーに上りミサイルキックからcalicoにタッチ。

 calicoは未来の背中にダブルニーから顔面をひっかき、未来がcalicoにエルボーから走り込むも、calicoは足を踏みつけて迎撃しウラカンラナも2。
 calicoはロープに飛ぶが、未来がツアー・オブ・ジ・アイランドからロープに飛んでスライディングラリアット。フォールも2。
 未来はかなみっくにタッチ。

 かなみっくはロープに飛んで倒立プレス。さらにコーナーに上りセカンドロープからのサンセットフリップ。calicoが避けて自爆させると、珠紗とともにロープに飛ぶ。未来が出てくるもダブルドロップキックで迎撃し、かなみっくに「てっぺーん☆」と声を合わせながらのサンドイッチドロップキック。

 calicoは引き起こすとサミングからコブラクラッチ。これを離すとボディスラムで叩きつけ、コーナーに登るとフロッグスプラッシュを投下。フォールも未来がカット。
 calicoはバズソーキックからソバット。かなみっくはキャッチするとエルボーで倒しマウントエルボー連打。calicoが切り返してマウントエルボー連打も、かなみっくが切り返しマウントエルボー連打から引き起こしてエルボー連打。かなみっくは大外刈りからコーナーに上りセカンドロープからのサンセットフリップを投下。フォールも珠紗がカット。
 珠紗は未来にもジャンピングニーを叩き込むが、未来は珠紗にダブルアームスープレックス。
 かなみっくがロープに飛ぶが、calicoはトラースキックで迎撃し、ロープに飛ぶも未来がハイキックで迎撃。かなみっくはmic mic knifeで3カウント。

第5試合


 先発はなると絵里奈。なるがガットショットからロープに飛ぶが、惡斗がエプロンから羽交い締めにしてコーナーに叩きつける。さらにコーナーに振って串刺しドロップキックから、絵里奈が串刺しニー。絵里奈はロープに飛んでいくがなるがスカすとロープに飛ぶ。だが絵里奈がお姫様抱っこで抱え、なるは嬉しそうにポーズを決めると着地してロープに飛んでドロップキック。絵里奈は余裕の表情で開脚ポーズ。
 絵里奈は惡斗にタッチ。

 走り込んできたなるを捕らえた惡斗がサーフボードストレッチから絵里奈が走り込みフェイスバスター。惡斗は顔面を踏みつけていき、これを離すとボディスラムでロープに逆さ吊りにするとロープに飛ぶ。だがなるがすぐに抜けるとドロップキックからコーナーに押し込み串刺しドロップキック。フォールも2。
 なるは茉莉にタッチ。

 茉莉は低空レッグラリアートからミドルキック連打。ロープに飛んでドロップキックも惡斗がスカすとドロップキック。茉莉もスカして睨み合う。
 茉莉がローからロープに押し込むが、惡斗が切り返してエルボー連打。お互いロープ際でエルボー連打から惡斗がロープに振ろうとするが、茉莉が切り返して担ぐも惡斗が丸め込むも2。

 惡斗はマフラーホールドで捕らえ、これを離すと投げようとする。着地した茉莉がサイドバスターからフォールも2。
 茉莉は側転プレスも、避けた惡斗がケンカキックからアバランシュホールドも2。
 茉莉はバックフリップからフォールも1。
 茉莉はハイキックも、避けた惡斗がロープに飛んでドロップキック。
 惡斗は絵里奈にタッチ。

 絵里奈は串刺し腰振りブロンコバスターからロープに飛んでエルボードロップ。フォールも2。
 絵里奈はリバースフィギュアエイトもなるがカット。
 なるがエルボー連打から茉莉に振り、茉莉がショルダータックルで倒すと走り込んできたなるを茉莉が担いで絵里奈に叩き込む。さらになるは茉莉を踏み台にムーンサルトを狙うが惡斗がカット。
 惡斗と絵里奈は茉莉をロープに振ってダブルのビッグブーツ。避けた茉莉がまとめてドロップキックで迎撃し、絵里奈にローキックからフロントフリップ。フォールも2。

 絵里奈はヘッドバッドから串刺し攻撃を狙うが、茉莉は阿吽で迎撃しスライディングレッグラリアート。茉莉はなるにタッチ。

 なるはミサイルキックからDDT。フォールも2。
 なるはコーナーに登るが、惡斗がエルボー連打からコーナー上へのフェイスバスター。絵里奈が走り込みライダーキックからXファクターで叩きつけ、投げようとするがなるが切り返すと茉莉が走り込みフェイスバスター。さらになるがスピアーから横十字固めも惡斗がカット。
 茉莉が惡斗のバックを取るが、なるが走り込むと惡斗が切り返して同士討ちさせまとめてDDTで叩きつける。

 絵里奈がコーナーに登りダイビングライダーキックからスタンディングシャイニングウィザード。フォールも茉莉がカット。
 絵里奈は茉莉にハイキックも、避けた茉莉がハイキック。だが絵里奈もすぐにハイキックを叩き込み、惡斗が茉莉へミサイルキック。なるが惡斗にドロップキックを叩き込み全員ダウン。

 なるのエルボーと絵里奈のチョップの打ち合いへ。なるはエルボー連打からロープに飛ぶが、絵里奈がカニバサミからギロチンドロップ。さらにMDMA改からフォールも2。
 絵里奈は走り込むが、なるがスカすと逆打ちで叩きつけフォールも2。

 茉莉が惡斗を熨斗紙で絵里奈に叩きつけ、なるがムーンサルトダブルニードロップを投下しフォール。これで3カウント。

なる「なる、メイン勝ちましたー!でも、ひとこと言いたいことがあります。絵里奈様、全勝して未来さんと後楽園で戦う。私はそれを阻止するために、今日勝つ気で来て、勝ちました!今、このタイミングで、未来さんとシングルをやるの、そして、アクトレスの、トップに立つの、私です!私はアクトレスに入って、プロレスを始めました。なので、ここで生まれて、ここで育ちました。絶対に、全勝させません。そして、未来さんとシングルするの、私です。かなみっく!かなみっくも未来さんとシングルやりたいって言ってましたよね?まだ早いんじゃないかな?まず私と、3月11日、ここ新木場1stRINGでシングルやりましょう」
かなみっく「よろしくお願いします!」

菜摘「なんか最近若手の勢いがすごいじゃないですかーいいですねー。かなみっく~頑張ってね~。あの、後輩がこんなに頑張ってるから、先輩も頑張んなきゃいけないですよね?澄川菜摘がてっぺん獲りにきたぞー!茉莉さん、年末の挑戦者決定戦?なんか知らない間に茉莉さんと皇希で決まっててめっちゃ悔しかったんですよ!なので、3月24日後楽園、私とベルトをかけて戦っていただけませんか?」
茉莉「菜摘さん、ベルトが出来るときの6人のトーナメント、負けて悔しそうでしたね。挑戦者決定戦も、最後のいいところで負けて、悔しかったですね。3月、悔しい気持ちになる準備はできてますか?」
菜摘「できてません!」
茉莉「他にベルトに興味ある人いないみたいなんで!是非
澄川菜摘、私のチャンピオンロードの肥やしになってくださいよろしくお願いします(握手して菜摘はベルトに手を伸ばし挑発)」
なる「はい!それではしめたいと思います。今日試合出たメンバーあがってきてください。久しぶりにしめやる。ふへへへへ。いいですか?いきます!強く、優しく!あなたに一生懸命!アクトレスーガールズ~!」

<大会後コメント>

澄川菜摘
「去年からずっとトーナメントが始まってて、全然機会に恵まれなくて、青野未来が持っている間は挑戦することが出来なくて。やっぱり、ベルトって団体を主張するものだし、アクトレスがどんな体制でやっていたとしてもベルトを持ってるやつが一番ってことは変わりないと思うんで。未来さんのときもそうだったけど、もっと目立っていいと思うし、もっともっと取り合ってもいいと思うし、アクトレスがもっと活気づくために必要なポジションだと思ってるから。裏方とか全部含めて、色んなことを自分は背負う覚悟ができているので。正直、気持ちは負ける気はないです。色んな要素……例えば運だとか、自分の力ではどうにもならない部分も加味されてのベルトになると思うけど、自分たちのユニットもあるし、センターユニットのThe Royalをやらせていただいているので、やっぱりセンターがベルト持ってないとおかしいし、後輩たちも応援してくれているので。その期待に応えられるように、自分にできることをやっていこうと思っています。3月24日、見に来てくださ~い♪」

――ベルトを獲った場合、どういう方向性にしていきたいというビジョンはあるか
「正直、アクトレスガールズのベルトの立ち位置ってすっごく珍しくて。ホントに興味ない子もいると思うんですよね。私も、アクトレスガールズとしてデビューしてからは短いし、今見に来てくださってるお客さんは元の団体から来ていただいた方がほとんどで。1から味方を付けていくっていうのは結構難しいから、それを私が獲ることで全然関係ない1から育ってきた子でももっと挑戦して良いんだと思ってほしいし、今は若手の勢いがすごいので、ホントに他のプロレス団体とかだったら、1年とかであのレベルになるのって難しいと思うし、本当に頑張ってる子ばっかりなんです。だから、もっと活気づいて欲しい。茉莉さんも言ってましたけど、誰でも挑戦できる環境出会ってほしいし、かつ、希望が持てるようななにかを。例えばね、ボーナスすっごいもらえるとか(笑)そんなんでいいし、やる気が出るようなことを代表とかに提案していって、みんなが目指したいようなベルトにしていきたいですね」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る