高橋名人と化した諏訪魔が尾崎魔弓へ正危軍入りを懇願

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 17日、東京都・大田区総合体育館にて、全日本プロレス『#ajpwダイナマイトシリーズ2023~New Age MANIAx~』が開催され、諏訪魔が尾崎魔弓&雪妃魔矢へ正危軍入りを懇願した。

 諏訪魔は、尾崎魔弓&雪妃魔矢&諏訪魔と全員名前に“魔”が入った悪のトリオを結成して全日本リングで暴れまわっており、女子プロレス団体『Evolution』にもプロデューサーとして参画するなど女子プロレス界にも強い影響力を持ち始めている。
 そんな諏訪魔に目をつけたウナギ・サヤカがSNS上で諏訪魔に絡んでいって全日本マットでの抗争が始まり、色々あった結果、諏訪魔もウナギの虜になっていった。


 今大会では、女子団体EvolutionからChi Chi&サニーが参戦。対するは、諏訪魔が“姐さん”と呼んで慕う尾崎と、“お嬢”と呼んで恐れる雪妃の正危軍タッグ。
 試合は、正々堂々と握手を求めるエボ女の2人に対して正危軍が奇襲をかけて始まり、尾崎がチェーンを、雪妃がムチを使って大暴れ。サニーが機動力を活かしたスピードファイトで、Chi Chiが鼻っ柱の強さを活かしたビッグブート等で立ち向かっていくものの、正危軍の2人を倒すには至らず。
 最後は、尾崎がサニーに裏拳を叩き込み、カウント2で自ら引き起こした後にフィッシャーマン・バスターで叩きつけて3カウントを奪う余裕たっぷりの勝利を見せつけた。

 試合後、バックステージに戻った尾崎は「こんな楽な試合させてもらっちゃって。それでギャラ貰っちゃっていいんでしょ〜か〜!全日本様々様だね」と高笑いし、雪妃と談笑。

 そこへ、ウナギのTシャツ&キャップというひつま武士ファッションに身を包んだ諏訪魔が登場。
 尾崎はそのファッションを「高橋名人」と評して笑い、雪妃は「いや派手色似合わないよ。いや……ちょっとキモッ」と酷評。

 容赦のないファッションチェックに傷ついた様子の諏訪魔であったが、7月8日に行う自らのユニット自主興行『Evolution5~新起動 ジェニシス~』への出場をオファーし、エボ女勢との再戦を要望。これに対して正危軍の2人が難色を示すと、諏訪魔は「そこをなんとかお願いしますよ。ああ、じゃあギャラ弾みます!」と平身低頭。


 尾崎は、「じゃあまず汚ねえその格好をさ、着替えろこれに。それおかしいだろ。ウチらにお願いするのに、その格好で。お願いするのにこんな黄色いTシャツ着てくる?高橋名人みたいな」と正危軍のシャツを手渡す。
 諏訪魔は「うわあ!しっくり来るよ。俺も正危軍にいくよ」と大喜びで、最近正危軍に加入した翔(関口翔)と自身の序列を気にするなど、すっかり正危軍メンバーになった気に。

 しかし、尾崎は「いや、正危軍入れるなんて言ってないよ?Tシャツ着ただけだよ!図々しい。セコンドも来てないやつが言うな!」と激怒。諏訪魔は平謝りしながらも雪妃のムチさばきを見て「おうおうおう!あぁ、ステキだなぁ……」とうっとりしながら2人の後を追っていった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る