ウルトラマンブレーザーにも負けないぞ!ウルトラマンロビンの使徒を撃破した新王者が勝利のラップ!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 25日、東京都・新木場1stRINGにて、TTTプロレスリング『CREATION 3』が開催され、【スパーキー】の瀧澤晃頼&中津良太&SAGATがTTT認定インディー統一6人タッグ王座を奪取した。

 TTT(TOTAL TRIUMPH TEAM)とは、故・ターザン後藤さんに薫陶を受け、ミスター雁之助を師に持つ黎明期インディープロレスの後継者的存在であるガッツ石島が2020年1月に“インディープロレス統一”を掲げて旗揚げした団体であり、PWC、FMW、IWA JAPANなどの流れを汲むベテラン選手たちが数多く参戦中。90年代インディープロレスの“おもちゃ箱をひっくり返したようなプロレス”の魂を令和の世に伝え続けている団体だ。

 旗揚げ直後にコロナ禍を迎え、オマージュ元のFFFのごとく早々に“無かったこと”になることを危惧されていたTTTだが、同じくコロナ禍に苦しむ都内の商店会とタッグを組み、町興しのための『商店会プロレス』を各地で実施。街ゆく人々にプロレスの魅力を伝えていく草の根運動で堅実に足元を固めていったことで順調に客足を伸ばしていき、2023年1月に無事3周年を迎えた。

 昨年12月の合宿プロレスで誕生した【ウルトラロビンジム】の千賀&雪妃&光珠は、2月大会で初上陸&初挑戦にして6人タッグ王座を戴冠。円谷プロダクション公認覆面プロレスラーであるウルトラマンロビンに薫陶を受けた使徒たちは、特徴的なロビンムーヴで令和の世に勝利の山を築いている。

 今回挑戦者に名乗りを上げたのは、BASARAで暴れまわる【スパーキー】の瀧澤晃頼&中津良太&SAGAT。唯一のTTT所属選手である瀧澤は今年1月にTTT認定インディー統一無差別級王座の戴冠を果たすなど覚醒を見せており、新たな王座戴冠にも期待が集まっていた。


 試合は、スペシウム光線とラグビーのスクラムがぶつかり合う壮絶な死闘となり、タッグ歴の長いスパーキーの連携が冴え渡ってロビンジムがピンチに。
 しかし、屈強な男たちの中で一番の怪力を見せた雪妃がピンチを打開し、光珠が黄金のウルトラマンマスクを被って変身。ロビン仕込みの敢えて浮遊感をなくした飛び技の数々からウルトラデスティニー。スパーキーの面々も最後の力を振り絞ってハッピーセット(※相手も巻き込んだ4人での合体ボディプレス)を発射も、千賀に回避されて自爆してしまう。
 最後は現ユニオンMAX王者の千賀と瀧澤の一騎打ちの対面となるも、千賀の延髄斬りをかわした瀧澤がホルヘクラッチで3カウント。金星を挙げた上で6人タッグ王座戴冠を果たした。

 バックステージでは、中津が「スパーキーに久しぶりにベルトが来たぞ!ウチのタッキーが、ユニオンMAXチャンピオンのバナナさんから獲りましたよ!」とおだてつつ、「今の気持ちをラップで言って?」と瀧澤にパワハラ。
 中津&SAGATが手拍子で圧をかける中、瀧澤は「獲ったぜ♪相手はロビンジム♪そしてピンフォール勝ちだバナナ千賀♪まるめこみだろーがなんだろーが勝ちは勝ち♪俺らチャンピオン♪これから歩むぜ防衛ロード♪何十回そして何千回ィ~♪」と苦悶の表情でラップをひねり出した。


 1990年に誕生したウルトラマンロビンは今でこそ第一線は退いてはいるものの、まだまだ現役であり、多くの弟子たちが最前線で活躍中。ロビンジムの面々もまだ巻き返しを諦めていない。
 ウルトラマンの新TVシリーズ『ウルトラマンブレーザー』がテレビ東京系にて2023年7月8日から放送を開始するが、古の戦士たちもまだまだ負けられない。様々な新要素と最新の映像技術を以て描かれる期待の意欲作に負けぬよう、ロビンの使徒たちも『俺が行く!』の精神で驀進していくことを期待したい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る