【試合詳細】3・25 TTT新木場大会 【インディー統一無差別級】ツトム・オースギvs阿部史典 【インディー統一タッグ】政岡純&木下亨平vsウルトラソーキ&後藤恵介 バナナ千賀&竹田光珠

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『CREATION 2』
日程:2023年3月25日(土)
開始:19:00
会場:東京都・新木場1stRING
観衆:184人(満員)

▼「新木場闘会始」 15分1本勝負
●マスクドミステリー
9分56秒 ダブルフォール
●政宗(フリー)

▼「TTT本隊vs渡鳥連合」 30分1本勝負
ガッツ石島/黒田哲広(フリー)/○仲川翔大(J STAGE)
12分26秒 スワントーンボム→片エビ固め
[渡鳥連合]藤原秀旺(アライヴアンドメジャーズ)/塚本拓海(BASARA)/●ジョニー・ヘイワードJr

▼「URジムvsスパーキー」 45分1本勝負
[ウルトラロビンジム]バナナ千賀(フリー)/●竹田光珠(666)
13分8秒 ホルヘクラッチ
[スパーキー]○瀧澤晃頼/中津良太(BASARA)

▼「TTT認定インディー統一タッグ選手権試合」 60分1本勝負
【王者組/REAL HIPSTAR】政岡純(フリー)/○木下亨平(ダブ)
12分36秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド
【挑戦者組】ウルトラソーキ(琉球ドラゴン)/●後藤恵介(フリー)
※第3代王者組が2度目の防衛に成功。

▼「TTT認定インディー統一無差別級選手権試合」 60分1本勝負
【王者/Speed of Sounds】○ツトム・オースギ(フリー)
19分49秒 ツキノイシ→片エビ固め
【挑戦者】●阿部史典(フリー)
※第5代王者が初防衛に成功。

オースギが阿部の挑戦を退けインディー統一王座初防衛!REAL HIPSTARがタッグ王座盤石防衛!瀧澤&中津&SAGATのスパーキーがURジムの6人タッグ王座挑戦名乗り!

大会開始前


 前回大会に続き、秀旺&塚本ら渡鳥連合が開場前でダフ屋を行っており、石川会長が激怒する中で身内であるはずの萩原統括責任者までもがチケットを買ってしまうというアクシデントが発生。
 渡鳥連合が石川会長を押しのけて勝手に南側0列目のイスを設置していくと、ガッツがすっ飛んできて阻止。『続・人間の証明 ジョニー・ヘイワードJr.』は幻の大会となった。

第1試合


 オープニングマッチは、インディー界屈指のテクニシャンである政宗とミステリーの職人対決。

 握手を交わしそうで交わさない絶妙な駆け引きからゴングが鳴ると、ロックアップからミステリーが足を引いてグラウンドに持ち込んで行くが、政宗は腕を取ろうとし、互角のままクリーンブレイク。
 再び組み合おうかというところで政宗が地を這う竜のごとく足に絡みついていきなりの骨喰。ミステリーは大暴れでロープまでたどり着き、場外に逃れて一呼吸。

 ミステリーがリングに戻ろうとロープをまたいだところで政宗が急襲。ミステリーも得意とするセントーンアトミコを見舞い、ミステリーのマスクを剥がそうとする。

 怒りのミステリーは振り払ってクロスチョップ。スリーパーホールド、チンロックから喉元へのニードロップ。ロープに振ってのバックエルボーから再びニードロップ。さらに背中へヒザを入れてからストマックブロック、そのまま離さず持ち上げてのサイドスープレックスと躍動。続けて必殺のチョークスラムを狙うが、政宗がチンクラッシャーで切り返してから河津掛で追撃。

 政宗はナックル&エルボースマッシュを連打も、ミステリーが組み付いてスリーパーホールドからネックブリーカードロップ。もう1度チョークスラムを狙うが、政宗がアームドラッグで切り返し、コーナートップから飛びつくアームドラッグ。さらにスイングDDTのような形から入る首固めも、ミステリーが切り返してブレーンバスターを狙う。政宗はこれを再び首固めに捕らえるも、ミステリーがひっくり返す形で首固め。シーソーゲームが続く中、両者のマットに付き、決着はダブルフォール。

 この結末に納得がいかない2人は、リングサイドカメラマンの写真を覗き込んで最後の形を写真で確認。たしかにダブルフォールであったことを確認した2人は納得しつつ健闘を称え合いながら引き上げていった。

第2試合


 90年代から続くおもちゃ箱をひっくり返したような世界観の系譜を色濃く継ぐ秀旺率いる渡鳥連合とTTT正規軍の抗争は4年目に突入。前回大会から秀旺らがダフ屋行為を行っていることもあり、大会運営者でもあるガッツはさらなる怒りを募らせている。

 渡鳥連合が入場とともにリング中央に雀卓を立て、誰かが京都旅行にでも行ってきたのか3人で生八ツ橋を食べ始める。入場してきたガッツら3人が怪訝な顔で見つめると、秀旺がガッツに生八ツ橋をおすそ分け。ガッツはこれを口にしつつ、完食するや雀卓を蹴り上げて試合開始。

 場外乱闘となる中、早速黒田が失われつつある伝統芸能“哲っちゃん足殺し”でヘイワードのヒザにエルボースタンプ。ヘイワードは跪きながら両手を合わせて黒田に許しを懇願。黒田が油断したところでサミングからナックルを叩き込み、2人で揉み合いながら場外へ。

 いつの間にかノータッチルールになっていたのか、リング上は仲川と塚本の対面となり、塚本がショルダータックル。さらにロープに振っていくが、仲川はロープに捕まって攻撃をかわし、ビッグブートからヒップトス、低空ドロップキックと連撃。しかし、引き起こそうとしたところで塚本が力尽くで自軍コーナーに押し込み、渡鳥連合が集団で暴行。

 仲川と秀旺の対面となり、仲川がエルボー連打も秀旺は涼しい顔で両手を広げる。しかし、突然仰向けに倒れ込んだかと思いきや足を振り上げて仲川の急所を蹴り上げる反則攻撃を見舞い、余裕を示すスクワット。

 ヘイワードに代わると、ヘイワードがヘッドロックから仲川の顔面をロープにこすりつけていき、頭頂部へのナックル連打。塚本にタッチ。

 塚本は首投げから後頭部へのストンピング、チンロックから秀旺にタッチ。

 仲川は秀旺にチョップを連打も、秀旺はサミングからボディスラム。さらにナックル&ハンマーパンチでいたぶってブレーンバスターを狙うが、着地した仲川がコードブレイカーから延髄斬りを見舞って生還。

 ガッツが出てくると、渡鳥連合の面々を次々とショルダータックルでふっ飛ばし、ボディスラムでちぎっては投げ、ちぎっては投げの大暴れ。秀旺&塚本がガッツをロープに振ってクラッシュ・ギャルズばりのダブル正拳突きを見舞うが、続く秀旺のラリアットが塚本に誤爆。そこへガッツが突っ込んできてダブルラリアットで叩き伏せる。

 ガッツと秀旺はチョップ合戦を展開も、互角と見るやラリアット合戦へ。幾度も正面からぶつかり合い、なんとかガッツが打ち勝ってなぎ倒すも互いに限界。両者タッチ。

 黒田と塚本の対面となり、黒田がラリアットを発射も、かわした塚本が黒田のつま先を踏みつける。
 今年1月に両者がTTT認定インディー統一無差別級王座決定トーナメント1回戦で対戦して15分フルタイムドローとなったときの試合を思わせる熾烈なつま先攻めが行われていき、塚本がブレーンバスターからバックドロップを狙うが、黒田は塚本のつま先を踏みつけて脱出し、地団駄ラリアット。

 黒田は冬木スペシャルで絞り上げていくが、塚本がギブアップしないと見るや解除してからつま先を踏みつける。さらに黒田がラリアットを発射も、塚本は正面からラリアットで迎撃し急所蹴り。黒田は悶絶しつつも塚本のつま先を踏みつけ、両者もだえながらタッチへ。

 仲川とヘイワードの対面となり、ヘイワードのラリアットをかわした仲川はサイドキックからコーナーに押し込んで串刺し延髄斬り。さらにトラースキック、ミサイルキックから必殺のスワントーンボムを狙うが、秀旺&塚本が下から足をつかんで妨害。ヘイワードがデッドリードライブで放り捨て、3人で太鼓の乱れ打ち。ヘイワードが十字を切ってからの祈祷式パワーボムを狙うが、ガッツが飛び込んできて3人にナックルを見舞って阻止し、秀旺に延髄斬り。さらに黒田がヘイワードへラリアットを見舞って追撃。

 アシストを受けた仲川はコーナーに上ってヘイワードにスワントーンボムを投下して3カウントを奪った。

第3試合


 昨年12月の合宿プロレスで誕生した“ウルトラロビンジム”の千賀&雪妃&光珠は、2月大会で初上陸&初挑戦にして6人タッグ王座を戴冠。
 勢いを増すURジムの面々に挑むは、BASARAで活躍する“スパーキー”の瀧澤&中津。瀧澤も普段のTTT正規軍モードではなくスパーキーモードで試合に臨んだ。

 光珠と瀧澤の対面でゴングが鳴ると、堅実なリストの取り合いを展開し、クリーンブレイクから両者タッチ。
 千賀と中津の対面となり、千賀の腰投げを中津がヘッドシザースで返すが、千賀はヘッドスプリングで跳ね起きる。中津も対抗して自らヘッドスプリングで跳ね起きて見せ、千賀にヘッドロックから組み伏せてキャメルクラッチ。そのまま瀧澤にタッチ。

 瀧澤がロープに飛ぶと、千賀がリープフロッグでかわすも、瀧澤はティヘラ。さらにブレーンバスターを狙うが、千賀がカニバサミで倒してSTFからフロントネックロックに捕らえ、自軍コーナーに連れ帰って光珠にタッチ。

 光珠はエルボーを連打も、瀧澤は首投げから低空ドロップキック。負けじと光珠も首投げから低空ドロップキックを見舞うと、瀧澤はネックロックで連れ帰って中津にタッチ。

 光珠と中津はロックアップやショルダータックルで力比べも、互角と見るや一旦離れ、「クラウチ、バインド、セット」とラグビー式のスクラム。一旦は中津がロープまで押し込むも、光珠がショルダータックル。千賀にタッチ。
 千賀も真似してラグビー式スクラムを組むが、中津があっという間に自軍コーナーに押し込み瀧澤にタッチ。

 千賀と瀧澤がエルボー合戦を展開し、ロープに飛んだ千賀をドロップダウンでかわした瀧澤がドロップキック。中津にタッチ。

 中津は千賀をバックエルボーで倒すも、光珠が飛び込んできてエルボー合戦を展開。2人でロープに振るも、中津は光珠にドロップキック、千賀にゼロ戦キックを見舞ってピンチを打開。中津は千賀にブレーンバスターからPK、さらにバックドロップを狙うも千賀が後方回転して着地し、足払いから顔面にスライディングキック。光珠にタッチ。

 光珠は中津の突進をひらりとかわしてドロップキック。スーパーマンプッシュアップで筋力を増強し、見事な筋肉美を観衆に見せつけてからスピアーを発射も、中津はこれを正面から受け止める怪力を見せ、再びラグビー式スクラム。中津が下からすくいあげてショルダースルーで叩きつけ、瀧澤にタッチ。

 瀧澤は光珠へ串刺しビッグブート。さらにロープに振ろうとするが、光珠がトルネードクラッチで切り返し、キックアウトした瀧澤へさらにスクールボーイ。瀧澤がキックアウトしたところに千賀が飛び込んできてトラースキックを叩き込み、光珠が瀧澤&中津にダブルのウルトラダイナマイト。

 さらに、千賀が2人をコーナーの直ぐ側まで連行し、光珠がまるでただ2人にもたれかかるような形で放つウルトラデスティニー。さらに場外に逃れた2人へ、エプロンからもたれかかるように落ちるウルトラデスティニー。


 千賀&光珠は、2人で「デスティニー!」と叫んでポーズを決めて投げようとするが、中津がカットに入り、瀧澤を担いでぶん回し2人をふっ飛ばす。ついでに瀧澤も雑に投げ捨てる。

 瀧澤&中津は光珠にダブルの串刺しビッグブート。さらに瀧澤がブロンコバスター&ブロンコバスター式串刺しドロップキック。さらに瀧澤が右打ちを狙うが、光珠が着地してスクールボーイ。千賀が再び瀧澤のキックアウトに合わせてトラースキックを発射も、瀧澤がかわして中津が押さえる。

 その混乱のさなかで瀧澤が光珠をホルヘ・クラッチで押さえ込んで3カウントを奪った。

瀧澤「よっしゃ勝ったぞ~!ウルトラロビンジム、ベルト持ってるよな?ベルトにこだわりたいんだ、今年は。そのベルトに挑戦させろ!」

(※瀧澤&中津がスクラムを組む)

光珠「おい、タッキー。瀧澤!お前スクラムできんのか!」
瀧澤「できてんだろうが!できるよ!」
光珠「受けて立つぞこの野郎!おい、お前ら、スパーキーな、1人足りねえぞ?こっちは千賀さん、俺、雪妃さんだ。誰が来るんだ?」
瀧澤「スクラムと言えば、ミスター・ハンバーガーマンこと、SAGATだ!次の4月22日、新木場。大丈夫ですね?おし!」
千賀「体重では完全に負けてるけどな、俺たちの中で一番力が強いのはユキさんだからな」
瀧澤「おい!聞け!光珠!一番筋肉あるのは俺だァーッ!」

(※瀧澤&中津がマッスルポーズを決めて筋肉をアピール)

第4試合


 REAL HIPSTARは結成以降約4年無冠であったが、昨年12月にTTT認定インディー統一タッグ王座を戴冠したことで初の栄冠を獲得。「最低でも4年は防衛する」と意気込みを語っていた。
 REAL HIPSTARの初防衛戦の相手に名乗りを上げたのは、後藤恵介&ウルトラソーキ。
 女子プロレス団体であるWAVE出身の異色の男子レスラー・後藤と、琉球ドラゴンプロレスリングのソーキは、互いに110kg以上の体格を持つパワーファイターであり、沖縄で試合をしたことで意気投合。インディー統一を目指してREAL HIPSTARの王座へ挑戦表明。
 スピード系のイケメンジュニアヘビー級タッグvsパワー系のワイルドヘビー級タッグとあらゆる面で対照的な2組が激突した。

 ニコニコと愛想よく握手に応じる木下に対し、政岡は挑戦者組からの握手を蹴り落とそうとする。
 政岡とソーキの対面でゴングが鳴ると、ソーキがヘッドロックも、政岡がソーキのマスクに手をかけて外しヘッドロック。しかし、ソーキは政岡をそのまま担ぎ上げて振り払いショルダータックルでなぎ倒し、政岡のアームドラッグも圧倒的な腕力で持ち上げるといった怪力を見せつける。しかし、政岡が首固めの形で転がしつつ手へのフットスタンプを見舞い両者タッチ。

 木下と後藤の対面となり、木下がエルボー連打も後藤は涼しい顔。木下がドロップキックを放ってもビクともせず、ロープへと飛んでいくが政岡が場外から足を引いて転ばせ、木下がスライディングキックで追撃。政岡&木下は誤爆を避けつつひらりひらりと後藤を翻弄し、木下の延髄斬りから政岡がジャンピングネックブリーカー。続けて木下がクロスボディを発射も、後藤がキャッチしてワンハンドボディスラム。ソーキにタッチ。

 後藤がソーキをおぶった状態で木下の上に乗っかるという推定重量300kgの踏みつけ攻撃。さらにソーキはエルボードロップからアイリッシュウィップでコーナーに叩きつけて後藤にタッチ。

 後藤はエルボー連打で突っ張る木下を逆水平チョップ一発で黙らせ、ボディプレスのように自らも倒れ込むボディスラムからセントーン。ソーキにタッチ。

 ソーキはソーキスラッガー(モンゴリアンチョップ)の連打から地獄突き。延髄斬りからロープに飛んだ木下をキャッチしてスクラップバスターで叩きつけ、カットに来た政岡をショルダータックルで迎撃。後藤がソーキを政岡の上にボディスラムで投げ落とす重爆を投下。ソーキは木下にボディスラムからバタフライロック。さらに水車落としを狙うが、木下が暴れて着地し、政岡がエルボーで怯ませたところに木下がドロップキック。政岡にタッチ。

 政岡はソーキの突進をスライディングでかわし、ヒザへのトラースキックで跪かせて頭頂部への踵落とし。ソーキがショルダースルーでエプロンに放り出すも、政岡は場外から足を引いて転ばせ、トップロープ越しの振り子式セントーン。さらにトラースキックを発射も、ソーキがキャッチして担ぎ上げて水車落とし。後藤にタッチ。


 後藤は政岡に串刺しラリアット、ソーキがキャノンボールで追撃。後藤がロープに飛ぶが、政岡がカニバサミで倒してロープにもたれかからせ、エプロンで木下とのサンドイッチドロップキック。政岡&木下が2人で飛びかかるも、後藤が木下のクロスボディをキャッチして政岡に投げつけるという荒業を見せ、後藤が木下を、ソーキが政岡を担ぎ上げてリング対角線を往復しながら何度もコーナーに叩きつけた上で2人でのアバランシュホールドの競演。

 さらに後藤&ソーキがサンドイッチ式ラリアットを発射も、木下が回避して誤爆させ、ソーキにドロップキック。後藤が突っ込んでいくが、木下が回避したところに政岡のジャンピングハイキックがクリーンヒット。政岡がエプロンからスワンダイブ攻撃を狙うが、場外に逃れていたソーキがマッケンローで足を払って阻止。

 後藤は、ロープに飛んだ木下に追走ラリアットを見舞い、バックフリップを狙うが、木下が背面着地して羽交い締めに。そこへ政岡が飛び込んできてトラースキックを見舞い、ふらついた後藤を木下がジャーマン・スープレックス・ホールドで投げきって3カウント。

 REAL HIPSTARが薄氷のV2を果たした。

第5試合


 昨年末にはTTTの絶対的エースとして君臨していたTORUが電撃退団したことで団体の至宝・TTT認定インディー統一無差別級王座が空位となり、今年1月には新王者決定トーナメントを制したTTTのホープ・瀧澤晃頼が王座を戴冠。
 瀧澤は自ら憧れの選手であったツトム・オースギを初防衛戦の相手に指名するが、今年2月にはオースギが瀧澤を制して王座を奪取。
 その直後にはフリーとなってさらに活躍の場を広げる阿部史典がリングに現れ、「(キャリアの近い瀧澤と防衛戦をやる約束をしてたのに)なんでアンタが勝ってんの?空気読めないわぁ~」と因縁をつけて挑戦を表明。インディー統一王座戦線は混迷のさなかにある。

 オースギは、バナナ千賀とのタッグ“Speed of Sounds(SOS)”でインディー界のタッグ戦線を荒らし回ってきたタッグの名手だが、シングル王座戴冠は意外にもこれが初めて。新木場界隈に巣食うクセの強い強豪たちを相手にどのような防衛ロードを歩んでいくのかに注目が集まっていた。

 オースギのセコンドには同期であるガッツ&千賀が、阿部のセコンドにはBASARA時代から縁ある中津&瀧澤が付く。互いに握手は交わさずにゴングが鳴る。

 バックの取り合いから堅実かつ無駄のない高度なグラウンドレスリングが展開されていき、阿部が執拗なネックロックから首投げ。オースギが一回転して着地して見せ、人差し指を立てて「チッ♪チッ♪チ♪」。オースギが巴投げも、阿部が一回転して着地し、人差し指を立てて「チッ♪チッ♪チ♪」。

 互角の攻防が展開される中、互いにロープに飛んでリープフロッグ等で攻撃をかわし合う中、阿部がコルバタで場外に放り出し、場外飛びのフェイントからポーズを決める挑発。オースギがリングに上がろうとロープをまたいだ瞬間に阿部がヒザへの低空ドロップキックを突き刺し、グラウンドに持ち込もうとするが、オースギがバックを取って胴絞スリーパーホールド。

 オースギはそのまま足を取り、ミラニートコレクションa.t.時代から使っていたパラダイスロック。身動きが取れなくなった阿部が「クソーッ!チクショーッ!」と叫ぶ中でオースギは水を飲んでゆうゆうと休憩してから低空ドロップキックで場外に蹴落とす。

 オースギは阿部を花道まで連行し、花道でのパラダイスロックを狙うが、阿部が下から足を絡め取って倒し、掟破りのパラダイスロック。そのまま花道に放置してリングに戻り、場外カウントアウト勝ちでの王座奪取を確信して勝ち誇るも、放送席からの「TTT認定無差別級王座はリングアウト決着の場合は王座防衛」とのアナウンスを聞き、慌てて連れ戻す。

 阿部は張り手の連打からコーナーに振って回転浄土宗を狙うが、オースギがひらりと飛び越えてかわし、ロープに飛んでフライング・フォアアームを連打。阿部を場外に放り出してプランチャを発射も、阿部がかわして自爆させ、場外ブレーンバスター。

 阿部はオースギをコーナーに詰めて突っ込んでいくが、オースギがひらりとかわしてエプロンに着地。続けてスワンダイブ式の攻撃を狙うが、阿部が回転浄土宗で阻止し、サッカーボールキック。さらにじっくりとしたキーロックからヒジへのナックル連打でオースギの腕を破壊。オースギは残る腕でのエルボー連打から場外に放り出そうとするが、阿部がアイル・ビー・バックで帰還して伊良部パンチを発射。オースギはこれをキャッチしてバックスライドで転がしてランニングニー。さらにロープに飛ぶが、阿部が見事な高度を誇るドロップキックを顔面に突き刺してカウンター。

 阿部は張り手を連打していくが、オースギが首固めで転がして場外に放り出してプランチャ。リングに戻してコーナーに上げ、雪崩式フランケンシュタイナーからツキノイシを狙うが、阿部が暴れて脱出。


 オースギはカーブストンプから再びツキノイシを狙うが、阿部がカウンターのフランケンシュタイナーから伊良部パンチ。さらに、ハードヒットや全日本プロレスで親交が深かった故・青木篤志さんの技であるアサルト・ポイント、オブジェクトを繰り出すもカウント2。

 阿部は張り手&エルボーを連打。大ぶりの一撃を放とうとしたところでオースギの張り手がカウンターでクリーンヒット。崩れ落ちて膝をついた阿部の顔面にランニングニーを叩き込み、ツキノイシを狙うも阿部が首固めで切り返してお卍固めを狙う。オースギは決まり切る前に振り払って回転エビ固め。阿部もひっくり返してエビ固めで切り返すシーソーゲームが展開され、阿部は場外に放り出されながらもアイル・ビー・バックで帰還して放つエビ固めと変化球も見せるが決着ならず。

 オースギはバックスライドを狙うが、振り払った阿部が張り手からお卍固めを狙う。しかし、リストを取りながらクラッチを切ったオースギが引き寄せながら飛びつき、ツキノイシで突き刺して3カウントを奪った。

オースギ「阿部、さっきまでお前のこと、薄汚れた黒い奴だと思ってたけど……」
阿部「おぉい!差別じゃねーか!(笑)」
オースギ「コスチュームの話してんだよ!お前、メチャクチャつえー、薄汚れたつえーやつだな」
阿部「おいおいコラ!差別だろ差別!(笑)」
オースギ「お前は、夢に見てたタッキーとのシングルマッチでもやってろ」
阿部「(※瀧澤へ)またいつかやろーね」
オースギ「2人で夢を叶えてくれ」
阿部「あざした!」

(※阿部が瀧澤とともに去っていく)

オースギ「勝ったので、来月からもインディー統一を目指して防衛し続けたいと思います」

(※ガッツ&千賀がリングに上ってくる)

千賀「なんかさー、横でお前の応援してたんだけどさー、途中からさ、(ガッツが)阿部の応援してたからさー」
オースギ「おぉーいっ?!なんでだよ?!」

(※ガッツが苦笑いでうつむく)

千賀「わかんないけどさー、阿部がお前のことバチーンって蹴ったら『おっ!いいぞーっ!』って拍手したりしてさー」
ガッツ「それくらい白熱したいい試合だったので、途中忘れて、後ろのお客さんに笑われてハッとしました……すんませんでした……。ということでね!来月、4月はね、TTT、2大会あります。4月11日、アリーナ下北沢に初進出でマットプロレスやりますんで。チャンピオンのオースギ選手も出ますんで!皆さん応援の程よろしくお願いします。そして22日は新木場大会がありますんで、4月も攻めるTTTで頑張っていきますので、皆さん応援の程、心からよろしくお願いします!ありがとうございましたッ!……さあ、締めてくれ」

オースギ「締めてくれんじゃねーのかよ!最後までやってくれよ!何度でも言ってやる。俺、ツトム・オースギがインディーを統一するぞォ~ッ!!」

<試合後コメント>

ツトム・オースギ
「勝ちました!阿部、俺、マジでね、ホントに、よく会場一緒になるんですけど、ホントに阿部のこと嫌いだったんで。違う意味でメチャクチャ楽しみにしてたんですよ。リング上でも言ったっすけど、ただの薄汚い黒い奴だと思ってたんすけど……あ、コスチュームの話ね、コスチュームの話。なんで俺がアイツのこと嫌いかって言うと、すぐ試合の中でふざけるから。でも今日はすごい真っ直ぐ向かってくる姿勢がメチャクチャぶっ刺さって、メチャクチャ強い薄汚い黒い奴に昇格しました。無事このベルトを守れたので、これからもTTTだけじゃなくインディーを統一するために色んな色を持ってる奴と闘っていきたいと思います。今日は誰もリングに上ってこなかったから、多分来月はちょっと休めるのかな?分かんないけど、いつでも待ってるんで、誰でも挑戦してきてください」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る