【試合詳細】11・3 スターダム新木場大会 岩谷麻優&スターライト・キッドvs朱里&ひめか ジュリア&舞華vs中野たむ&白川未奈 刀羅ナツコ&鹿島沙希vs里歩&ゴキゲンです☆ 飯田沙耶&羽南vsビー・プレストリー&小波

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『第10回GODDESS OF STARDOM~タッグリーグ戦~』
日程:2020年11月3日(火)
開始:12:30
会場:東京都・新木場1stRING
観衆:140人(札止め/コロナ対策限定人数)

▼4WAYバトル 15分1本勝負
[大江戸隊]○吏南
4分56秒 ジャックナイフ式エビ固め
[STARS]●ルアカ
※あと2人は[Donna Del Mondo]なつぽい、[Queens Quest]AZM

▼QQ同門バトル タッグマッチ 15分1本勝負
[Queens Quest]渡辺桃/●妃南
9分25秒 スター・クラッシャー→片エビ固め
[Queens Quest]林下詩美/○上谷沙弥

▼GODDESS OF STARDOM~タッグリーグ公式戦 20分1本勝負
[STARS/wing★gori]●飯田沙耶/羽南【4敗=0点】
7分50秒 トライアングル・アームロック
[大江戸隊/Black Widows]ビー・プレストリー/○小波【2勝1分=5点】

▼GODDESS OF STARDOM~タッグリーグ公式戦 20分1本勝負
[大江戸隊/Devil Duo]刀羅ナツコ/○鹿島沙希【1勝2敗=2点】
8分25秒 里歩の地獄突き誤爆→起死回生
[Color Me Pop]里歩(AEW)/●ゴキゲンです☆【2勝1敗=4点】

▼GODDESS OF STARDOM~タッグリーグ公式戦 20分1本勝負
[Donna Del Mondo/Crazy Bloom]○ジュリア/舞華【2勝1敗=4点】
16分11秒 グロリアス・ドライバー→片エビ固め
[STARS/DREAM☆H]中野たむ/●白川未奈(フリー)【2勝2敗=4点】

▼GODDESS OF STARDOM~タッグリーグ公式戦 20分1本勝負
[STARS/MK☆Sister’s]岩谷麻優/○スターライト・キッド【2勝2敗=4点】
15分6秒 モモ☆ラッチ
[Donna Del Mondo/Grab the Top]朱里/●ひめか【2勝1敗=4点】

スターライト・キッドがひめかからモモ☆ラッチで勝利し「ちっちゃいは強い。ちっちゃいは正義。そして、ちっちゃいは可愛い」と勝ち名乗り!ジュリアとたむが愛を確かめ合うエルボー合戦!タッグリーグは4点の混戦へ!

第1試合

 試合前にAZMがなつぽいにハイスピードのベルトを押し付けて挑発。

 試合が始まるとなつぽいがAZMにガットショットからハイスピードな攻防を見せ、ルアカが二人まとめてクロスボディで倒すが、ブリッジして抜けたなつぽいとAZMがルアカをロープに振ろうとするも、耐えたルアカがAZMとなつぽいを衝突させてなつぽいをショルダータックルで倒す。フォールも3人がフォール合戦へ。その間吏南は場外で我関せず。
 なつぽいにそれぞれが串刺し攻撃を見舞うと吏南もリングに上がり串刺しドロップキック。ルアカがなつぽいをキャメルクラッチで捕らえAZMがなつぽいにPK。AZMがキャメルクラッチでなつぽいを捕らえるが、ルアカはなつぽいではなくAZMにビッグブーツを叩き込む。

 AZMとルアカがお互いを投げようとするが、耐え合うとAZMがロープに飛ぶがルアカがビッグブーツで迎撃し、改めてケンカキックからフォールも2。

 AZMをコーナーに振るが、AZMはブーメラン式のミサイルキックを叩き込むも、なつぽいがAZMにダイビングクロスボディアタックからフォールも2。

 AZMの水面蹴りを避けたなつぽいがソバット。AZMも避けて二段式のハイキックも、なつぽいは避けてソバットを叩き込みコーナに振ると串刺しドロップキック。お互い追走式の串刺し攻撃の打ち合いを続けるが、吏南がリングに上がりなつぽいを腰投げからAZMに卍固め。カットに来たなつぽいも巻き込んで二人まとめてコブラツイストで絞り上げるが、これはAZMがロープに足をかけてブレイク。

 吏南はなつぽいとAZMをロープにくくり、大江戸隊で顔面を痛めつける。ルアカが出てくるが、吏南は髪を掴んで引き倒すとロープに飛ぶが、ルアカがビッグブーツで迎撃し、再度ビッグブーツ。これを吏南がキャッチしジャックナイフで丸め込んで3カウント。

第2試合

 先発は詩美と妃南。リストの取り合いからグラウンドの攻防になり両者一度距離を取る。詩美が上谷にタッチ。

 上谷が妃南をロープに振り、上谷と詩美が連携攻撃からダブルドロップキックを妃南の後頭部に叩き込む。
 上谷がボディスラムからストンピング。上谷は詩美にタッチ。

 詩美はボディスラムからフォールも2。
 詩美はキャメルクラッチで絞り上げ、これを離すとストンピング。
 妃南がエルボーも詩美がエルボー連打。さらにラリアットも、妃南が避けて腰投げから渡辺にタッチ。

 渡辺は串刺しドロップキックから串刺し低空ドロップキック。さらに裏投げから、カットに来た上谷にガットショットを叩き込みブレーンバスターで詩美に叩きつける。渡辺はフォールも2。
 エルボーの打ち合いから渡辺がハイキック。キャッチした詩美がアルゼンチン。着地した渡辺がガットショットからロープに飛ぶが、改めて詩美はアルゼンチンで担ぐとバックフリップ。詩美は上谷にタッチ。

 上谷は串刺しジャンピングニーからドロップキックを叩き込みフォールも2。
 上谷はボディスラムを狙うが、着地した渡辺にバイシクルキック。キャッチした渡辺がハイキックで倒しPKからフォールも2。
 渡辺はミサイルキックからフォールも2。
 渡辺はコブラクラッチで絞り上げ、これを返すとエルボーからロープに飛ぶが、上谷がドロップキックから詩美が首投げで倒し、上谷がその場飛びムーンサルトダブルニー。フォールも2。
 上谷がフィッシャーマンを狙うが、着地した渡辺がスリーパー。ロープを掴もうとした上谷の腕を蹴り上げて投げようとするが、耐えた上谷にハイキック。さらにバズソーキックを叩き込み妃南にタッチ。

 妃南は低空ドロップキックを顔面に叩き込み、腰投げから大外刈り。再度大外刈りからフォールも2。
 妃南は投げようとするが、耐えた上谷にガットショットからロープに振るも、上谷はドロップキックを叩き込む。
 上谷はエルボー連打からロープに飛ぶが、妃南が腰投げから渡辺が蒼魔刀。妃南が外道クラッチも詩美がカット。
 妃南と渡辺がダブル攻撃を狙うが、側転して逃れた上谷が妃南に、詩美が渡辺にドロップキック。
 上谷は妃南にニールキックからフォールも2。
 詩美と上谷はマジックキラーで妃南を叩きつけ、上谷がスター・クラッシャーで突き刺し3カウント。

第3試合

 羽南と飯田が急襲し試合開始。ビーが飯田にガットショット、羽南にエルボーからダブルラリアットも、避けた飯田と羽南が中央にビーを振って、次々低空ドロップキック。
 飯田がスライディングバックエルボーからフォールも1。
 飯田がロープに飛ぶが、小波がエプロンから蹴りつけビーがドロップキック。ビーがストンピングから指を踏みつけて、肘へのストンピングからコーナーに叩きつけていく。
 ビーは小波にタッチ。

 小波はストンピング連打から肘へのエルボー。さらにストンピングからコーナーに叩きつけビーにタッチ。

 ビーはストンピングから首投げで倒し、キーロックで捕らえるが、これを抜けた飯田がチョップ。ビーはエルボーで吹っ飛ばすが、飯田は立ち上がりチョップ。ビーは再度エルボーでふっ飛ばしていくが、飯田のチョップとビーのエルボーの打ち合いへ。飯田がチョップ連打もビーがチョップでなぎ倒し、ロープに振りラリアットも、避けた飯田がビーを突き飛ばしダブルチョップでなぎ倒す。飯田は羽南にタッチ。

 羽南はドロップキックから低空ドロップキック。さらに顔面へのドロップキックを叩き込みフォールも2。
 羽南は腰投げを狙うが、耐えたビーがエルボーからハイキック。避けた羽南が腰投げから、小波にガットショットを叩き込みボディスラムでビーの上に叩き込む。飯田がそこへフットスタンプから羽南もフットスタンプを投下し、羽南が飯田の背中に飛び乗って二人の体重でボディプレス。羽南が続けてその場飛びボディプレスを投下しフォールも2。

 羽南はビーをコーナーに振って串刺し攻撃も、避けたビーがジャンピングニー。ビーは小波にタッチ。

 小波はドロップキックからスライディングレッグラリアート。投げようとするが羽南が丸め込むも2。
 羽南は顔面に低空ドロップキックから飯田にタッチ。

 飯田はドロップキックでふっ飛ばし、コーナーに振って串刺しドロップキック。
 さらに顔面にスライディングバックエルボーからフォールも2。
 飯田はコーナーに登るがビーが延髄斬りを叩き込み、小波が一本背負いでリングに叩きつけてスライディングキック。小波は脇固めも飯田はロープに足を伸ばしブレイク。
 小波が投げようとするが、耐えた飯田にビーがトラースキック。飯田が避けて小波に誤爆させると、飯田が小波にスクールボーイも2。
 羽南が小波にダイビングクロスボディから飯田がミサイルキックを叩き込み、飯田がノーザンライトスープレックスホールドもビーがカット。
 飯田はロープに飛ぶが、小波がカウンターの引き込み式トライアングルランサー。だが飯田が丸め込むも、2で切り返した小波が三角締めでとらえてギブアップを奪った。

第4試合

 ゴキゲンです☆が客席にアピールしようとするが、鹿島がドロップキックを後頭部に叩き込みカットすると、ナツコとともにダブル攻撃を狙うが、里歩がカットしそれぞれをコーナーに振って串刺し攻撃。避けた大江戸隊が里歩とゴキゲンです☆を中央に振るが、里歩とゴキゲンです☆は腕を組んでスキップ。殴りかかってきた大江戸隊も蹴散らし、ナツコに組体操の扇をさせる。これは鹿島がカット。

 鹿島はゴキゲンです☆の髪を掴んで引き倒し、ロープに押し込んで膝を押し付けていく。鹿島はナツコにタッチ。

 ナツコはゴキゲンです☆に顔面ウォッシュからコーナーに振って串刺し攻撃も避けてゴキゲンです☆が串刺し攻撃を狙うが、ナツコは二度三度と足を伸ばしてカット。さらにナツコが走りこんでショルダータックルで倒しロープに飛ぶが、ゴキゲンです☆はこれを避けると地獄突きを叩き込み里歩にタッチ。

 ナツコは里歩をコーナに振るが、里歩は避けるとロープを使ったスタナーから、コーナーに登りダイビングクロスボディアタック。フォールも2。
 里歩はロープに飛んでコルバタで投げ捨てると619。ナツコはこれをキャッチするが、里歩が飛び降りるとナツコはサミング。ナツコはロープに飛んでショルダータックルからセントーンを投下しフォールも2。
 ナツコはバックフリップから鹿島にタッチ。

 鹿島はダイビングフットスタンプも、里歩は避けると串刺し攻撃も避ける。だが鹿島が下から蹴り上げて飛び込み式のアームホイップからケンカキック
。避けた里歩がスクールボーイからランニングニーを狙うが、避けた鹿島がケンカキック。フォールも2。
 鹿島はロープに飛ぶが、里歩がドロップキックで迎撃しゴキゲンです☆にタッチ。

 ゴキゲンです☆はセントーンも、鹿島が避けるとナツコも出てきてロープに振ると、ナツコがガットショットから鹿島がフェイスバスター。ナツコがセントーンから鹿島がダブルフットスタンプを投下しフォールも里歩がカット。
 ナツコがチェーンラリアットも、避けたゴキゲンです☆がガットショットからチェーンを掴み綱引き状態に。里歩がゴキゲンです☆のバックについて一緒に引っ張っていくが、ナツコが力を入れたところでゴキゲンです☆が離し、ナツコが勢い余って後ろに倒れる。馬鹿にしたゴキゲンです☆を鹿島がビッグブーツで場外に叩き出し、そのまま場外乱闘へ。
 ナツコがゴキゲンです☆にチェーンラリアットも、ゴキゲンです☆が避けると里歩がチェーンでナツコを固める。さらに里歩とゴキゲンです☆は、吏南と鹿島を控室のドアに叩き込み、リングに戻ると寝転がって可愛くポーズを決めるが、鹿島は入場口から走り込みカウント19でなんとかリングへ。
 ゴキゲンです☆と里歩は鹿島をロープに振るが、ナツコが二人の足を場外から引っ張り倒すと、鹿島がゴキゲンです☆にビッグブーツ。さらにナツコとともに串刺しバックエルボーから、ナツコがボディスラムで叩きつけ鹿島がダイビングフットスタンプを投下。フォールも里歩がカット。
 鹿島は投げようとするが、ゴキゲンです☆が羽交い締めにしたところに里歩が地獄突き。これを鹿島が避けてゴキゲンです☆に誤爆させると、鹿島がゴキゲンです☆を起死回生で丸め込み3カウント。

第5試合

 先発はたむとジュリア。リングを周り、たむのハイキックをスカしたジュリアが舞華にタッチ。たむも白川にタッチ。

 バックの取り合いからグラウンドの攻防となり、舞華がヘッドロックで絞り上げるも白川はヘッドシザースで返して距離を取る。
 舞華が前蹴りで倒し、獣神サンダーライガー直伝のロメロスペシャル。これはたむがカット。
 舞華はボディスラム2連発からコーナーに叩きつけてジュリアにタッチ。

 ジュリアと舞華は白川の顔面を踏みつけていき、ジュリアがコーナーに押し込みボディに膝蹴り。さらに首投げからスリーパーで捕らえると、これを離して背中にチョップからインディアンデスロック式キャメルクラッチ。これを離して後頭部を踏みつけると、ストンピングから舞華にタッチ。

 舞華とジュリアは白川をロープに振ってダブルのビッグブーツからダブルのバックドロップ。続けてダブルのエルボードロップから舞華が大外刈りで倒しフォールも2。
 白川がコーナーに振って串刺し攻撃も、舞華が足を伸ばしてカット。避けた白川がコルバタ式の河津落としから低空ドロップキックを叩き込み、お返しとばかりにロコモーション式のロメロ・スペシャル。
 白川はストンピングからたむにタッチ。

 たむはランニングニーからコーナーに振ろうとするが、ジュリアがカットしたむをコーナーに振るも、たむはジュリアにショルダータックルから舞華にドラゴンスリーパー。ジュリアもドラゴンスリーパーで捕らえてDDTで突き刺すと、舞華に側転ニーを投下しフォールも2。
 たむはロープに飛ぶが、舞華がカウンターのスパインバスターからジュリアにタッチ。

 ジュリアは「久しぶりだな」とエルボーを叩き込み、たむも「会いたかったよ」とエルボーを叩き込むと、ジュリアは「私もだよ!」とエルボー。たむは「他の女見てんじゃねーよ」とエルボーを返すと、ジュリアは「思いが強すぎだろ」とエルボー。たむも「お前もだろ」とエルボー合戦に持ち込み、たむがエルボー連打で倒すとロープに飛んでラリアット。避けたジュリアがバックを取っていくが、たむがバックエルボーで逃れるとロープに飛ぶも、ジュリアが追走ニー。たむも追走バックエルボーから走り込むが、ジュリアがビッグブーツで迎撃し、コーナーに上るも白川がカット。たむがエルボーからビンタを叩き込み、デッドリードライブからストンピング。たむがコーナーに登ると飛び込むが、ジュリアが避けるがたむはジュリアをドラゴンスリーパーで捕らえる。ジュリアはロープを駆け上がり一回転して逃れるとバックドロップで叩きつけラリアット。避けたたむがお返しにバックドロップで叩きつけるとたむは白川にタッチ。

 白川はエルボー連打からフライングクロスチョップ。さらにサンセットフリップからフォールも2。
 白川はエルボーも、ガードしたジュリアがDDTで突き刺し串刺しビッグブーツ。ジュリアはコーナーに登りミサイルキックからフォールも2。
 ジュリアは投げようとするが、耐えた白川がバックを取り、たむがトラースキックから白川がバックブロー。たむが担いで白川のフライングクロスチョップでサポートしてのジャーマンスープレックス。さらに合体どどんを叩き込みフォールも舞華がカット。
 白川はアルゼンチンで担ぐが、舞華が背中にエルボーを叩き込みカット。
 白川とたむを舞華がダブルラリアットでなぎ倒し、ジュリアがシャイニング・低空ドロップキックを叩き込みフォールも2。
 ジュリアは担ぐが着地した白川がルーテーズプレスからフォールも2。
 白川はジャベで捕らえていくが、ジュリアが回転して切り返すとSTFからステルス・バイパー。これはたむがカット。

 たむを舞華がブレーンバスターで叩きつけて排除し、白川に合体バックドロップからジュリアがグロリアスバスターで叩きつけ3カウント。

第6試合

 先発はキッドと朱里。朱里がヘッドロックもキッドがヘッドロックで切り返し、ロープに飛ぶも朱里がコーナーに振っていくが、串刺し攻撃をキッドは避けて距離を取る。
 キッドはアームホイップから走り込むが、朱里もアームホイップからグラウンドに持ち込むもキッドはヘッドシザースで抜けて距離を取る。
 朱里がガットショットからサッカーボールキック。顔面を踏みつけてからひめかにタッチ。

 ひめかはボディスラムからコーナーに叩きつけてヘアーホイップ。コーナーで顔面を踏みつけていき、これを離すと自軍コーナーに叩きつけて朱里にタッチ。

 朱里はストンピング連打からロープにくくりつけ、ロープを使ったキャメルクラッチから尻へのミドルキック。朱里はフォールも2。
 朱里はフロントネックで捕らえひめかにタッチ。

 ひめかはボディスラムからキャメルクラッチ。これは岩谷がカット。
 ひめかはストンピング連打からボディスラム連発。ひめかは朱里にタッチ。

 朱里は首投げからサッカーボールキック。フォールも2。
 朱里はDDTからフォールも岩谷がカット。
 キッドが下から蹴り上げヘッドシザースホイップから岩谷にタッチ。

 岩谷はソバットからラリアットをガードしてミドルキックからコーナー駆け上がり式のアームホイップ。キッドと岩谷がダブルの619からダブルのその場飛びムーンサルトを投下し、岩谷がコーナーに振っていくが、朱里が振り返して串刺し攻撃。避けようとした岩谷の背中を蹴りつけてブレーンバスターから背中にサッカーボールキック。さらにPKを叩き込んでフォールも2。
 朱里はひめかにタッチ。

 ひめかは串刺しニーからショルダータックルでふっ飛ばし、逆エビ固めも岩谷はロープを掴みブレイク。
 ひめかは背中へランニングニーから朱里が顔面を蹴り上げひめかがフォールも2。
 ひめかはアルゼンチンで担ぐも、着地した岩谷がラリアットをガードしエルボー。ロープに飛んで逆打ちを狙うが、耐えたひめかがハイキックも避けるが岩谷はトラースキックからハイキック。さらに逆打ちで叩きつけるが、フォールをできずにこれを離してキッドにタッチ。

 キッドはドロップキックも、受けきったひめかがラリアット。避けたキッドがコルバタから串刺し攻撃も、避けたひめかがガットショットからコーナーに振るが、キッドがブーメラン式クロスボディアタック。ひめかはキャッチするもキッドは丸め込むが2。
 キッドはロープに振ろうとするが、耐えたひめかにエルボー連打。キッドは再度ロープに振ろうとし、耐えたひめかに岩谷がエプロンからミドルキック。さらにトラースキックからキッドがメサイア。
 岩谷とキッドがコーナーに登るが、ひめかが岩谷にエルボーから朱里がハイキックで落とし、キッドにひめかがデッドリードライブから朱里とサンドイッチランニングニー。続けてひめかがランニングニーからフォールも2。
 ひめかはアルゼンチンで担ぐが、キッドが逃れてアームホイップから低空ドロップキック。
 キッドはライトニングスパイラルからコーナに登りスノーブロウ。フォールも朱里がカット。
 岩谷がコーナーに登り、キッドがその肩に登ると、雑技団式ダイビングクロスボディアタックからフォールも朱里がカット。
 キッドがキッちゃんボムを狙うが、ひめかがカウンターのネックハンギングボム。
 お互い膝立ちでエルボーからキッドがエルボー連打。さらにバックを取るがひめかがショートレンジラリアットからアルゼンチンで担ぎ、JPコースターで叩きつけフォールも2。
 朱里がひめかをファンタスティックフリップでキッドに叩きつけフォールも岩谷がカット。

 朱里が岩谷のハイキックをガードしてハイキックで蹴散らすと、ひめかがキッドを担ぐがキッドがモモ☆ラッチで丸め込み3カウント。

キッド「ちっちゃいは強い。ちっちゃいは正義。そして、ちっちゃいは可愛い。ちっちゃい私がでかいひめかから勝って2点獲得したぞ!MKシスターズ、これで4点、残り最終戦が一戦残ってます。そこもきっちり勝って、決勝へ必ずいって、このスターズの師弟タッグ、MKシスターズが優勝したいと思います。是非、最終戦も大阪でエディオンアリーナ大会にも応援に来てください!今日は、私が、最後勝ったので、私がしめさせていただきたいと思います!スターズのみんなあがってください!それでは私が今を信じて明日に輝け、ウィーアーと言ったら、今日はスターズでしめたいと思います。それでは皆さん心の中でスターズと叫んでSの字を作ってください。今を信じて、明日に輝け、ウィーアー、スターズ!ありがとうございました~!」 

<試合後コメント>
岩谷麻優&スターライト・キッド
キッド「MK☆Sister’s、4点になりました~!」
岩谷「すごい!すごい!最後負けたかと思った!自分もカットに行けないと思っちゃったけど、最後キッドが必殺の!」
キッド「モモ☆ラッチで3カウント、仕留めました!」
岩谷「完璧!」
キッド「決勝への希望がつながってホントに良かったと思います。多分、多分なんですけど、ひめかは私がちっちゃいからってちょっと油断してた部分があったんじゃないかなって思います。前回シングルしたときに負けたので、その悔しさを今日晴らせて、決勝への道につながったので本当に良かったです。麻優さんのアシストがあって」
岩谷「あ~よかったぁ~!連携も初めて!初めて決まったよ!公式戦!」
キッド「決まったのに3取れなかったのが悔しかったんですけど、でも、それもね、勝利へつながったと思います。本当にありがとうございました!」
岩谷「優勝だね!」
キッド「次の最終戦も絶対に勝って、私達が決勝に行って、優勝したいと思います!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る