“TEAM 2000vs平成維震軍”の全面対抗戦で越中詩郎が蝶野正洋へ「ガタガタ言うならリングに上がってこい!」と復帰を要求!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 30日、東京都・後楽園ホールにて『新体感ライブ Presents 武藤敬司プロデュース PRO-WRESTLING MASTERS』が行われ、TEAM 2000と平成維震軍が全面対抗戦で激突した。

 武藤敬司がプロデュースする『PRO-WRESTLING MASTERS』は、往年のレジェンドプロレスラーたちが集うオールスター興行であり、2017年2月に第1回大会が行われてからは約半年に一回のペースで開催されるシリーズ大会となり、6度目の開催となる今大会はチケットが発売されると対戦カードが発表される前から全席完売となるなど大きな期待が集まっていた。

 MASTERSでは馳浩が約11年ぶりに復帰してBATTが再集結したり、蝶野正洋がTEAM 2000を率いて現れ武藤敬司にリング上でシャイニングケンカキックを放ったり、長州力が前田日明をリキラリアットで襲撃する素振りを見せておどけたりと、毎回往年のファンたちの心をくすぐるシーンが見られる今シリーズだが、今大会のセミファイナルではTEAM 2000と平成維震軍が全面対抗戦で激突。

 試合はテンコジ(天山広吉&小島聡)が連携攻撃を決めて試合を引っ張り、2年ぶりの試合だというスコット・ノートンが超竜ラリアットを連発しヒロがセントーンで追撃するなど終始TEAM 2000が抜群のチームワークで支配。終盤には平成維震軍が太鼓の乱れ打ちで流れを掴み、AKIRAのジャンピングラリアットから齋藤彰俊のデスクローク。続けて越中がミサイルヒップを決めてロープに走るが、セコンドに付いていた蝶野が越中の足を引いて場外に引きずり出すアシストを見せる。
 ヒロが青柳政司にセントーンを連発しダイビングセントーンを狙いに行くが、平成維震軍のセコンドに付いたザ・グレート・カブキがエプロンまで上がってくるとこれを警戒したヒロは排除に向かうが、カブキは毒霧を噴射。
目潰しを食らってたたらを踏むヒロを青柳がスクールボーイで丸め込み3カウント。

 試合後、怒りが収まらないTEAM 2000は乱闘を仕掛け蝶野もリングに上がり越中にトーキック。さらにロープに走ってケンカキックを狙っていくが、越中が追走してヒップアタック。蝶野は一発で場外まで吹き飛ばされてしまう。両軍は最後まで火花をちらしながら退場していった。

 バックステージに戻った越中は「ガタガタほざきやがって!ガタガタ言うんだったらリングに上がってこい!えぇ?!蝶野!ガタガタほざくんだったらリングに上ってこいコノヤロー!上がんねーならドブネズミだコノヤロー!ぶっ潰してやる!コノヤロー!」と荒々しくまくし立てて退席。
 対する蝶野は「TEAM 2000と維震軍はレスラーとしての格が天と地の差くらいあるんだけども、みんな調整不足だね。次は体調の管理をもう少しね、試合に合わせればまったく問題ない。ただね、次はもし平成維震軍とやるんであれば、俺はカブキさんに倣って毒霧を練習してくる。でも食らったの毒霧だけでしょう?それ以外は全部試合のペースはこっちで進行してたし、まったくなんの問題もない。
 そしてノートンが約2年ぶりの試合にも関わらずコンディション抜群だったことを讃え「これを機会にスコットもまたリングに戻ってきてぜひ次のTEAM 2000に。でもあの連中はいらないよ。どうせやるんなら、武藤敬司とかそのクラスの人間と当ててあげたいかな」と次なる降臨に向けてのビジョンを語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×