G1初戦でケニー・オメガが内藤哲也を撃破し白星発進!「内藤サンは頑張れば私といぶタンの下にはなれる」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、東京都・大田区総合体育館にて新日本プロレス『戦国炎舞-KIZNA- Presents G1 CLIMAX 28』が行われた。

 この日のメインイベントでは、Bブロック公式戦として現IWGPヘビー級王者のケニー・オメガと内藤哲也が対戦。
 昨年のG1 CLIMAX優勝決定戦で両者は対決しており、このときには内藤が勝利してG1を制覇。両者が再びG1 CLIMAXの舞台で激突するこの試合には注目が集まっていた。

 試合序盤、ショルダータックルで内藤を倒したケニーは内藤の拳を突き上げるポーズを茶化しながら真似て挑発。さらに倒れた内藤に手を差し伸べ引き起こすと顔面に唾を吐いてさらに挑発。内藤もケニーの銃口ポーズを真似し、ケニーを場外に落としてトペで飛ぶフリをして隙を作りケニーの顔面に唾吐き。さらにリングの中央で寝転がりながら拳を突き上げ意趣返し。
 これに怒ったケニーは内藤の腰に狙いを定めて集中攻撃。これを耐えきった内藤は突っ込んでくるケニーをアームホイップで投げ捨て後頭部にドロップキック、各種ネックブリーカーを連発し、ケニーの反撃をかわしてトルネードDDTと首へのダメージを蓄積させてデスティーノへの布石を打っていく。
 コーナーへ上がる内藤をケニーがガットレンチパワーボムで切り返し、内藤の後頭部へVトリガー。さらに片翼の天使を狙っていくが、内藤がリバースフランケンシュタイナーで切り返し、グロリアからデスティーノを狙っていく。これを堪えたケニーが再び片翼の天使を狙い、踏ん張る内藤を人でなしドライバーでマットに突き刺して後頭部への串刺しVトリガー。さらに内藤をコーナーへ上げるが、内藤は雪崩式カサドーラ。さらに内藤は裏投げからデスティーノ。これを耐えたケニーがVトリガーも、キャッチした内藤が張り手から浴びせ蹴り。内藤はデスティーノを狙うがケニーはみちのくドライバーで切り返しフォールも2。ケニーは垂直落下式リバースタイガードライバーからフォールも2。ならばとケニーはVトリガーから片翼の天使を叩き込み3カウントを奪った。

 リング上でマイクを取ったケニーは「内藤さんが、一緒に素晴らしい試合をやってくれたので、最後のマイクアピール日本語で言います。悪いんですが、去年内藤さん、お前には、直接言えなかった、だから、今は、G1優勝おめでとうございますと言いたいんです。そのまま、ベルトが取れなくて残念ですね。そのまま、進化してないのが残念ですね。でもさ、来年のG1があるから、もし、精一杯頑張れば、この会社の3番ぐらいになると思います。もちろんそれは私といぶタンの下ですね。やっぱりまだ日本語でマイクアピールするのはちょっと楽しいです。またいつかやりたいです。じゃあここで最後ね、Everybody、それは英語ですよ。VERY VERYありがとう、good-bye!and Good Night!Bang!」と余裕たっぷりの態度で興行を締めた。

 バックステージに戻ったケニーは、リング上に引き続き日本語で「この団体のトップはこの俺さまです。信じてます。飯伏さんは2番かタイでわたしと一番ですね。内藤さんはそう……3年前から偉そうなキャラをやっていましたね。みなもう飽きちゃったですよね?目をさましてください!ガイジンファンも飽きちゃって、日本のファンもすごい飽きちゃってる。毎日見るからさ。控室のみんな、ボーイズもかなり好きじゃない。もしかしたらクビになってほしい可能性もありますね」と内藤をこき下ろす。
 一方で、「内藤!お前と試合をするのは好きですよ。だからさ、来年も同じブロックか決勝戦でお前が進化してください。もっと強い内藤さんと試合をしたいんですよ。(内藤との対戦は)これで終わり。また来年」とエールのような言葉を贈った。
 最後は海外のファンに向けて「外国人選手としては初めての、2人目のIWGP王者にして、G1を制覇する選手(1人目は武藤敬司)になる。ベルトを肩にあのぶっさいくなトロフィーを掲げてやるぜ。そしてレッスルキングダムの対戦相手は俺自身が決めるんだ。good-bye!and Good Night!Bang!」と英語でメッセージを送った。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る