バリアフリープロレス『HERO』でワイルド軍が分裂?!PURE-J&GPS所属の道江まりが4月にデビュー決定&松本浩代との対戦が決定!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 これまで、鉄の結束を誇って、インディーマットを席巻してきたワイルド軍に亀裂が入った!? 同軍のリーダーであるワイルド・ベアーと、司令塔のワイルド・セブンとの間に、ミゾができてしまったのだ。

 バリアフリープロレス「HERO17」(GPSプロモーション主催)が2月10日、東京・板橋区立高島平区民館で開催され、メインイベントで友龍、雷電、兼平大介withワイルド・コモンのHERO正規軍が、ベアー、ワイルド・シューター、大野“ワイルド”翔士withセブンのワイルド軍が激突。
 約1年ぶりに、この4人のフルメンバーが結集したワイルド軍は、のっけから得意の場外戦に持ち込み、終始、試合を優勢に進めた。セコンドのセブンも介入して、抜群の連係を披露。雷電が反撃を試みると、シューターがイス攻撃で絶妙のカット。その後、レフェリーがベアーと正面衝突して昏倒すると、その間隙を縫って、イスを手にコモンが乱入して、ベアーを一撃。すかさず、雷電がベアーをエビ固めに丸め込むと、コモンが倒れているレフェリーの手を取って、3カウントを入れさせ、正規軍が疑惑の勝利を飾った。
 コモンは「そっちが先にイスを使ったんだから、おあいこだよ」と主張。いったんは引き揚げたワイルド軍だったが、納得がいかないベアー、シューター、大野の3人がリングに戻ると、コモンを襲撃。コモンはマスクを剝がされ、3人がかりで殴る、蹴る、そして大野のデスバレーボムを食って、ボコボコにされてしまった。そこに、セブンが現れると、ワイルド軍を制止して、コモンをよもやの救出。ベアーとセブンは、まさかのにらみ合いに発展した。半失神状態のコモンは、あえなくセコンドの肩を借りて運ばれた。

 バックステージで、ベアーが「何でコモンを助けるんだよ!」と吐き捨てれば、セブンは「素人相手にあそこまでやらなくてもいいじゃないか!」と反論し、ただならぬ空気が流れた。
 前大会の「HERO16」(昨年9月16日・高島平)で、セブンは対立してきたコモンと和解し握手を交わしたが、同大会に、ベアー、シューター、大野は出場しておらず、不在だった。

 その後、セブンは内臓に悪性腫瘍ができていることが判明し、同11月に手術を受け、戦線を離脱。今年1月からリハビリを始め、奇跡の復活を目指している。
 ここまで、一枚岩できたワイルド軍だが、コモンを巡って、ミゾができてしまったのは確か。次回大会「HERO18」は7月1日、東京・両国KFCホールで開催されるが、それまでにベアーとセブンは、その亀裂を修復できるのだろうか?

▼4・25新木場「Growth3」での道江まりVS松本浩代が決定!

 この日、KAZUKIとエキシビションマッチを行った練習生の道江まり(GPS&PURE-J・W所属)が、PURE-Jの4月15日、後楽園ホール大会でデビューすることが決まった。GPSでは、同25日に新木場1stRINGで開催される「Growth3」で、松本浩代と対戦することが決定した。

『HERO17』
日時:2018年2月10日(土)
開始:18:00
会場:東京・板橋区高島平区民館
観衆:未発表

▼エキシビションマッチ 5分
道江まり
勝敗なし
KAZUKI(PURE-J)

▼エクストリームHERO 15分1本勝負
○藤田峰雄(チンコプロレス)
10分22秒 スワントーンボム→片エビ固め
●洞口義浩(K-DOJO)

▼リベンジHERO 15分1本勝負
百太聾/○LEON(PURE-J)
13分12秒 マッドスプラッシュ→片エビ固め
ライディーン鋼(PURE-J)/●藤ケ崎矢子(PURE-J)

▼ミステリアスHERO 30分1本勝負
○葛西純(FREEDOMS)/力(フリー)
14分49秒 パールハーバースプラッシュ→片エビ固め
UTAMARO(フリー)/●空手マミー

▼NEW WILD HERO 60分1本勝負
友龍/○雷電/兼平大介(HEAT-UP) with ワイルド・コモン
8分56秒 コモンのイス攻撃→エビ固め
●ワイルド・ベアー/ワイルド・シューター/大野“ワイルド”翔士 with ワイルド・セブン

関連記事

サイト内検索

日別

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る