コロナ禍をファンとともに闘い抜いたプロレスラーたちが感謝の「1!2!3!ダーッ!」11年ぶりの『ALL TOGETHER』は大盛り上がりの大団円

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 9日、東京都・両国国技館にて、『ALL TOGETHER AGAIN 元気があれば何でもできる!』が開催された。

 2011年3月11日の東日本大震災に見舞われた日本のプロレスファンを元気づけるべく、新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスリングNOAHの3団体が団体の垣根を超えたチャリティー大会『ALL TOGETHER』を東京・仙台で2大会開催。
 そして、今回は新型コロナウイルス禍に見舞われたプロレスファンを元気づけるべく、再び3団体が集結し『ALL TOGETHER AGAIN』を開催するに至った。

 以前ほど団体と団体を隔てる壁は高くはなく、現在は3団体間の選手の相互参戦も進んでいるものの、3団体の混成タッグやユニットをまたいでのドリームチームが続々誕生。全11試合の交流戦が並んだ。


 メインイベントでは、棚橋弘至&宮原健斗&清宮海斗vsオカダ・カズチカ&青柳優馬&拳王という各団体のスター選手が勢ぞろいの豪華な6人タッグマッチが実施。
 戦前から雰囲気もよく、足並みをそろえて試合に臨んだ棚橋&宮原&清宮組に対し、個が強すぎるオカダ&拳王は険悪な雰囲気であり、“潤滑油”を自称する青柳が取り持つことでなんとか空中分解を避けつつ試合が展開。
 終盤には、オカダが宮原の顔面を踏みつけながら「全日本プロレスそんなもんかコノヤロー!」と挑発するシーンも見られたが、宮原がブラックアウトを叩き込み棚橋&清宮とトリプルドロップキックを放って逆転。
 その後はオカダと棚橋が激しくやり合い、オカダのヘビーレインから拳王がサッカーボールキックを叩き込む連携に成功。拳王がオカダに拳を向けてグータッチを求めるが、青柳が2人の間を横切るようにダイビングエルボードロップを発射。棚橋がオカダにドラゴン張り手を見舞ってロープに飛ぶが、オカダがドロップキックでカウンターし、旋回式の変形エメラルドフロウジョンからレインメーカーを叩き込んでカウント3を奪った。

 試合後には出場全選手がリングに集結し、マイクを取ったオカダがこの3年間でのプロレスファンの献身に感謝の言葉を述べつつ「今日はALL TOGETHERということで、新日本プロレス、全日本プロレス、そしてプロレスリングNOAH、3団体でオールスター、夢の戦いが繰り広げられたと思いますけど、やっぱり僕たちはライバル同士です。プロレス界を盛り上げていくために切磋琢磨していきますので、皆さん、歓声やブーイング、たくさんよろしくお願いします。それがプロレスだと思います!まだまだ『もう大丈夫』と言えないと思いますが……元気があればなんでも出来るでしょう?」とニヤリ。
 最後は、故・アントニオ猪木さんのお孫さんである寛太さん、尚登さんもリング上に呼び込み、「1!2!3!ダーッ!」の大合唱で大会を締めた。

 大会を終えたオカダは、ともにコロナ禍を乗り切ったプロレスファンに向け、「プロレスファンの皆さんが好きでいてくれた、愛していてくれたからこそ、僕たちもこうやってできるんだなってことを、当たり前のことを改めて確認できる。僕は本当にコロナ禍っていうのをポジティブに考えたいですし、改めてプロレスの良さっていうのをわかることができた3年間だったと思いますし。その分、いろいろまた感じさせてもらえなかったら、ただの生意気な、調子に乗った新日本プロレスだったかもしれないし、調子に乗ったオカダ・カズチカだったかもしれないですけど、改めてこうやってしっかりしなきゃダメだなと思うことができたんで。またこの皆さんにいただいたパワーっていうのを、僕たちがプロレスで返していきたいなと思います」とメッセージ。

 そして、『あんまり全日本プロレスを知らない』と語っていたオカダだが、「ちゃんと全日本プロレス、覚えましたよ。いい選手がたくさんいたと思いました」とし、「本当に今日の対戦相手だったり、タッグパートナー。拳王選手と……誰だっけ?青、青?アオヤナギ?……名前がわからない。まああの、いいパワーもらって、また明日から新日本プロレス大会がありますんで、またそのパワーをまた全国に届けにいって。また僕も僕でいろいろ次が決まってますんで、そこに向かっていきたいと思います」としっかり全日本プロレスを認識した様子を見せた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る