「IWGP女子王座は闘魂を持っている私が一番ふさわしい」WWEから凱旋帰国したSareeeが橋本千紘との日本復帰戦を前に野望を語る!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 25日、東京都・猪木元気工場にて、5月16日に新宿FACEで開催される『Sareee-ISM~~Chapter One~』のカード発表記者会見が行われた。

 Sareeeはジャガー横田や井上京子が所属するディアナの若きエースとして君臨していた選手であり、24歳という若さでWWE入団が決定。2021年にWWE(NXT)でSarray(サレイ)としてスーパースターデビューを果たした。
 今年3月にWWEとの契約を満了して帰国し、5月16日に新宿FACEにて『Sareee-ISM』を開催することを発表していた。

 今大会では、Sareeeがメインイベントで橋本千紘とシングルマッチを行うことが発表。
 橋本はビデオメッセージを寄せ、「私の中で初めてライバルが出来たと思える存在。アメリカでの活躍を見るたびに『私も頑張らなきゃいけないな』と刺激を受けていました。強さを競い合える1人だと思っているので、シングルマッチを楽しみにしております。ギュンッ!」とコメント。


 これを受けたSareeeも「大会を開くことになって一番最初に頭に浮かんだのが橋本千紘でした。私が日本にいない間のこの2年ちょっとの間で本当に女子プロレスは本当に知名度が上がって、新しいファンの方もいっぱいいる中で、是非一度このSareeevs橋本千紘は見ていただいたいと思っています。『これを見てから女子プロレスってものを判断してもらいたいな』と思うくらい。プロレスの原点は闘いなので、私たちがしっかりを闘いを見せて、『これが女子プロレスだぞ』という代表的な試合になることを誓います」と意気込みを語った。

 そして、IWGP女子王座に興味を示していることについて問われると、「ベルトの動きが早いので、どこで行こうかってタイミングも掴みづらい」としつつも、「IWGPのベルトはアントニオ猪木さんが創られたベルトですし、私が一番相応しいんじゃないかなと。闘う魂、闘魂を持っている選手が巻くべきだと思うので、それは狙っていきたいです」と自信を見せた。

 今回の『Sareee-ISM』は、“Chapter ONE”と銘打たれており、今後も第2弾、第3弾と開催していく意志があると明かし、WWEへ進出してから大勢の海外ファンが増えたということで「全世界で私の闘いを見せていきたいので、オファーがあればどんどん世界にも出ていきたいと思います」と今後の展望を語った。

『Sareee-ISM』
日程:2023年5月16日(火)
開始:19:00
会場:東京都・新宿FACE

▼シングルマッチ 10分1本勝負
海樹リコ(SEAdLINNNG)
vs
岡優里佳(センダイガールズ)

▼タッグマッチ 20分1本勝負
AKARI(PURE-J)/中島安里紗(SEAdLINNNG)
vs
星いぶき(アイスリボン)/高瀬みゆき(フリー)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
ジャガー横田(ディアナ)/高橋奈七永(フリー)
vs
伊藤薫(伊藤道場)/X

▼スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
Sareee
vs
橋本千紘(センダイガールズ)

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る