【インタビュー】「PPPに来てもらえば物事の価値観が変わります!」BreakingDownで人気爆発のちゃんよたが団体初の後楽園ホール進出を前に見どころをPR!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 新進気鋭のプロレス団体「PPPTOKYO」が5月16日に東京・後楽園ホール初進出!中でも注目度No.1とも言えるちゃんよた選手にお話をお聞きしました!

――試合直後のお疲れの中、ありがとうございます!(4.23 STARDOM横浜アリーナ大会第0試合直後にインタビュー)
「いえいえ全然!来てくださってありがとうございます!」

――ちゃんよた選手の魅力はまずレスラー然とした美しい体格にあると思います。筋トレはいつ頃から?
「もともと警察官だったんですけど、最初は警察学校にジムがあってその時にやりはじめたんです。その頃は週2とか軽い感じでしかやってなくて。今は週5とかやってるんですけど、だいたい週5ぐらいになったのは3~4年ぐらい前です」

――ボディメイクとプロレス、やはりトレーニングの方法も異なりますよね
「全然違いますね。普通の筋トレというか私がやってるのはウェイトレーニングなんですけど、あんまり動かないじゃないですか。でもプロレスってやっぱり速い動きから急に止まったりとか緩急があるので、動きの中に合わせたトレーニングが必要なんですよ。それこそ走ったりとかしなきゃいけないから、やっぱり普通のいわゆる筋トレとは違うなって始めてから思いました。走ったり全然やってなかったんですよ、有酸素運動って軽くジョギングするぐらいで」

――筋持久力も大事だと聞いたことがあります。
「持久力もそうだし、瞬発力も大事なんですよ。下から持ち上げて上まで上げるとか。それとかも一瞬の力の発揮じゃないですか。筋トレって10回とかってやるからそこまで瞬発力っていうわけではないから、いろんなトレーニングを組み合わせないとダメだなって思いました」

――理想の体というか、実は目標にされている選手がいるとか?
「大好きな選手がいて、WWEのリア・リプリー選手の体が、身体もそうだし、プレイスタイルも好きなんです。一番好きな選手ですね(スマホの待ち受けがリプリー選手)」

――リプリー選手、いいですよね~。
「かっこいいんですよ~(キラキラの眼差し)」

――リプリー選手はフルパワーで荒々しく戦いつつも、時折見せる笑顔にやられちゃうファンが多いですよね、僕も含めて(笑)
「そうなんですよ!めちゃくちゃかわいくてもう~、インスタとかTwitterとか全部おっかけてイイね押してます(笑)」

――やっぱり戦い方も参考にされてますか?
「そうですね、動画見てこの技使いたいなって思って練習することもあるんですけど、まあやっぱりリプリー選手って身長も高いし筋肉もスゴイから、もうちょっとパワーアップしないと使えない技とか全然あります。やってみて『ちょっと無理だった(汗)』みたいなことも」

――なるほど
「結構、男の選手とかも軽々と持ち上げちゃうじゃないですか、リプリー選手。すごいな~って」

――男女関係なく吹っ飛ばしてますもんね。
「吹っ飛ばしてますね(笑)」

――STARDOMでは先日飯田沙耶選手と筋肉三本勝負も実現しました(1本目の腕相撲対決で勝利、2本目プロレス対決は飯田が勝利、タイブレークの3番目、ポージング対決でちゃんよたが勝利!)
「やりました、神戸で!」

――アルゼンチンバックブリーカーの状態からスクワットしてバックフリップに行くという離れ業もやってのけました。そして初めて取ったベルトが革のトレーニングベルトという。
「しかもあれ普通にトレーニングで使えるんですよ」

――あ、使ってらっしゃるんですか?
「いえ、家にキレイに飾っております(笑)」

――デビューが2021年9月14日ですからまだキャリア1年半、少し前にはBreakingDownにも参戦されました。オーディションでは「生き物として強くなりたい」という言葉にグッときました。
「それこそ『生き物として強くなりたい』が人生の目標で、そのために筋トレもやってるし、プロレスもやってるし、BreakingDownも出たし、それを達成するためだったら何でもやろうって感じですね。プロレス始めたのが『強い人がやってる練習ってどんな感じなのかな~』がきっかけで、強い人がやってる練習やれば自分も強くなれるんじゃないかなって」

――他団体参戦も多いわけですが、ご自身の所属団体「PPPTOKYO」の魅力はどこにあるとお考えですか?
「初めてプロレス見る人がスっと入りやすい団体なのかなって思います。シリアスな試合もあるし、PPPオリジナルのマスクマンで、マジックミラー号マスクなんてエロくて面白い選手もいたり(笑)プロレス見たことない人もスッと入りやすい団体かなって思います。けっこう所属選手がみんな個人が強いというかクセが強いというか。個性的なメンバーが集まってるな~って思います。でもみんな真面目にプロレスに向き合ってる人ばっかりです」

――まもなく5月16日後楽園ホール大会を迎えるわけですが、対戦カードは「新進気鋭の女子プレミアム6人タッグマッチ ちゃんよた&夏すみれ&真琴vsラム会長&雪妃真矢&尾崎妹加」となりました。
「注目はやっぱり初遭遇のラム会長ですね。STARDOMさんとかでも顔を合わすことは多いんですけど、どういう風に戦ってこうかなって検討中です。ラム会長との絡みを楽しみにしてほしい。尾崎選手とは前回戦って、パワーで押し合う戦いがやってて楽しくて。もっともっとやり合いたいって思いましたし。雪妃選手はめちゃくちゃ技術力が高いというか、どう切り崩していこうかって考えますね。自軍でいえば、前回のPPPの試合から夏さんと組んでみて、もっと連携とか増やしていけたらいいなって思うし。真琴選手はデビュー戦の相手を務めてくださった選手なので、同じコーナーに居るというのがすごく安心します」

――真琴選手はデビュー戦でドンと受け止めてくれたわけですもんね。
「デビューした時っていろんな批判があったと思うんですけど、もしかしたら対戦相手もいろいろ言われるかもしれないじゃないですか。なのに快く受けてくださって、それはすごく感謝してます」

――「PPPTOKYO」として初の後楽園大会、来場を迷ってる方に是非ひと押しお願いします!
「来てくださって試合を観てくださったら、絶対後悔させないです!悩んでる人は来た方がいいと思います!新しい世界を見せられると思います。プロレスを知らない人も、プロレスを観てきた人も、絶対物事の価値観が変わると思います!」

チケットはこちら!
https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=43507

■『P.P.P.TOKYO』
https://ppp-tokyo.com/
博報堂出身の異色プロレスラー・三富兜翔率いるプロレス団体。“令和のバブル”をテーマにセクシー男優のしみけんがアドバイザーを務め、シャンパンタワーやテキーラが飛び交うパリピ興行を開催。2021年9月には筋肉系YouTuberやセクシー女優としても活躍しているちゃんよたがプロレスデビュー、“胸毛ニキ”こと八須拳太郎と共に1分間最強決定戦『BreakingDown』にも出場、プロレス界にとどまらず大きな話題を振りまいている。

『THE PARTY 宴』
日程:2023年5月16日(火)
開始:18:30
会場:東京都・後楽園ホール

▼バトルロイヤル
<出場選手>
軍団ひとり(CWP)、寧々∞D.a.i(666)、ランジェリー武藤(フリー)、珍獣サンダー・ライガー(鳥取だらず)、遠藤“ゴールデンボール”マメ(666)、マジックミラー号マスク、澤木一貴(SAWAKI GYM)、トランザム“パーティー”ヒロシ、他数選手

▼タッグマッチ
竹田光珠(666)/仲川翔大(J STAGE)
vs
“BLACK”Andy Wu/“BLACK”Rekka

▼シングルマッチ
エチカ・ミヤビ
vs
山下りな(フリー)

▼タッグマッチ
小橋マリカ(フリー)/アブドーラ小林(大日本)
vs
植木嵩行(フリー)/花園桃花(フリー)

▼6人タッグマッチ
ちゃんよた/夏すみれ(フリー)/真琴(フリー)
vs
[Rebel&Enemy]ラム会長(666)/雪妃真矢(フリー)/尾崎妹加(フリー)

▼5vs5イリミネーションマッチ-
土肥こうじ(フリー)/大谷譲二/羆嵐(フリー)/吉田綾斗(2AW)/大門寺崇(ランズエンド)
vs
[BULK ORCHESTRA]河上隆一(GLEAT)/田村ハヤト(GLEAT)/チェック島谷(GLEAT)/KAZMA SAKAMOTO(GLEAT)/クワイエット・ストーム(フリー)

▼三富兜翔デビュー10周年特別記念試合 6人タッグマッチ
三富兜翔/石川修司(全日本)/大家健(ガンバレ☆プロレス)
vs
高木三四郎(DDT)/カズ・ハヤシ(GLEAT)/大和ヒロシ(フリー)

聞き手:スレンダー川口 @slender_kg

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る