「後輩に“プロレスでハッピー”を伝え続けていく」選手離脱が相次ぐアイスリボンでベテランが奮起!星ハム子&真琴がリボンタッグ王座戴冠

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 19日、東京都・後楽園ホールにてアイスリボン『アイスリボンマーチ2023』が開催され、“むこまこ”星ハム子&真琴が志田光&星いぶきを下してインターナショナルリボンタッグ王座を奪還した。

 2019年10月のジュリア退団騒動に端を発し、2021年末には現プロミネンスの5人(世羅りさ、柊くるみ、宮城もち、藤田あかね、鈴季すず)とテクラ、雪妃真矢の7名の退団、2022年5月には藤本つかさの寿休業およびつくしの引退、2023年3月には石川奈青の退団、朝陽のアクトレスガールズへのレンタル移籍が発表されるなど、厳しい話題が続くアイスリボン。

 そのさなかに気を吐くのは、星ハム子の実娘にして19歳の次世代エース・星いぶき。
 いぶきは2017年に中学生でデビューし、文武両道を実現しつつ高校受験、大学受験を経て昨年4月には“現役JDレスラー”に。現在はAEWの志田光とともにリボンタッグ王座を有しており、団体を背負って立つべく奮闘している。

 この日、リボンタッグ王座に挑んだのは、前王者でもある“むこまこ”星ハム子&真琴。約半年ぶり王座戴冠にむけて気炎を上げており、窮地のアイスリボンをベテランの力で盛り上げようと奮起していた。


 試合はいぶきとハム子の親娘対決を中心に展開され、いぶきがハム子を場外で容赦なく痛めつけたり、観衆から「うわっ」と声が上がるほどの強烈なチョップを打ち込んだりと圧倒。志田が徹底していぶきのサポートに回ったこともあり、中盤までは王者組がリング内外を支配。
 しかし、真琴が志田を相手取りつつハム子に的確なアシストをすることで終盤には盛り返し、最後はハム子といぶきの一騎打ちの構図に。いぶきは志田から薫陶を受けて多用するようになった足技の数々で攻め立て、必殺のいぶニング・スター(※変形逆打ち)を決めるもハム子が気迫のキックアウトを見せ、反撃のラリアット。
 勝負を焦るいぶきがドロップキックを志田へ誤爆してしまい、その隙を見逃さなかった真琴がスピアーで強力アシスト。最後はハム子がデスバレーボムからダイビング・ボディプレスを決めていぶきから3カウントを奪った。

 久々の王座戴冠を果たしたむこまこの2人は満面の笑みで喜び合い、ハム子は「私達ね、まだまだ後輩にプロレスでハッピーを一緒に伝え続けていきましょう真琴さん」と声をかける。
 そこへ、JUST TAP OUTの“1111(フォーワン)”柳川澄樺&神姫楽ミサが現れ、早速リボンタッグへ挑戦表明。むこまこは勢いのある若手タッグの挑戦を歓迎し、4月1日の蒲田大会での防衛戦を決定した。

 バックステージに戻ったハム子は、「私たちは後輩が多くなってきているので、やっぱり先輩として高い壁で居続けないと、今この時期にね、『私だって頑張ってるんだ』ってところを見せて、アイスリボンにまだまだお客さんが来てもらえるようにしていかないといけないなって思います。私、人前に出るの得意じゃないし、強くもないし、人気も無いし、『なにやってんだコイツ』って思われるかもしれないですけど、でも『アイスリボンには星ハム子がいる』ってことをお客さんには分かってほしいなと思います」と思いを吐露。

 大会直前に朝陽&石川のアイス離脱が報じられたことについて問われると、「私は、『自分のやりたいことをやればいい』って娘のいぶきにもずっと言ってるんですけど、人生1度きりなんで。私は応援します。私は止めはしません。新たな場所で輝いてくれればそれはそれでいいですし、戻ってきたいんだったら戻ってくればいい。私はなんでもウェルカムです」とポジティブな気持ちで2人を送り出す意志を語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る