「帰ってこい。お前の生きる場所はリングだけだ!」ICUを出た天龍源一郎へ鈴木みのるが「エイエイオーッ!」で熱いエール!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12日、東京都・新木場1stRINGにて、『天龍祭~天龍源一郎AID~』が開催された。

 天龍プロジェクトはしばらくプロレス団体としての活動を休止していたが、2020年11月の天龍さんの引退5周年記念大会の開催を機に精力的な活動を再開。WAR時代に創設され、天プロとともに復活したインターナショナルジュニアヘビー級王座(IJ王座)&インターナショナルジュニアタッグ王座(IJタッグ王座)の争奪戦を軸に展開しており、インディー界を代表するよりすぐりのジュニアヘビー級選手たちがしのぎを削っている。

 昨年9月、天龍さんは現役時代のダメージの蓄積による後遺症から『神経の圧迫状況から考えうる事態として、突然死のリスクが非常に高い状態である』と診断され入院。『環軸椎亜脱臼に伴う脊髄症・脊髄管狭窄症』との診断が下って手術を行い、その後はリハビリの日々を送っていた。

 2月19日に行われる日本プロレス殿堂会主催イベント『レジェンドサミットVol.2』で入院後初めて公の場に姿を表す予定であったが、11日に天龍プロジェクトより天龍さんが敗血症性ショックのために緊急手術を受けたことがアナウンス。数日前より発熱や血圧の低下の症状がみられたため検査を行ったところ、緊急性の高い状態であると判明したため治療可能な病院に緊急搬送され、搬送先での緊急手術へ。手術は無事に終わり、実娘の嶋田紋奈代表とも電話で話すことが出来る状況であったという。

 天龍祭は昼夜の2部構成で開催され、夜の部となる今大会のオープニングでは嶋田代表が「1部の大会中に大将から電話がありまして、ICU(集中治療室)を出られました!きっと、多分、これは天龍祭が起こした奇跡なのかなと思います。ひとまずは緊急性があるところからは脱せたのかなと思います」と天龍さんが快方へ向かっていることを報告した。


 実直で武骨な試合が行われることが多い天プロだが、今大会は昼の部に続いてエンターテイメント要素も重視したものに。
 第1試合開始前には、菊タロー、拳剛、渡瀬瑞基、佐藤光留、レイパロマが参加した『天龍源一郎大喜利』が開催。最初の『こんなSWSは嫌だ』というお題に対する光留の『オーナーが白石伸生』という初っ端からの爆弾で選手たちが活気づき、菊タローが外部に話して良いものか不明なほど踏み込んだ業界内の黒い暴露話を延々と続けたり、拳剛が意外なイラストの才能を発揮したり、吉本興業所属の本職お笑い芸人でもある渡瀬が正統派大喜利で観衆をうならせたり、天龍さんへの愛が深すぎるパロマが愛ゆえに天龍さんを笑いに出来ず苦戦する姿で笑いを誘ったりといった名場面が量産されていき、40分以上に渡る大喜利大会は大盛り上がりで終了。

 メインイベントでは、鈴木みのる&河野真幸&矢野啓太vs佐藤光留&レイパロマ&真霜拳號の6人タッグマッチが実施。この試合はくじ引きで組み合わせ抽選が行われており、滅多に見られないマッチアップが連続。
 特に、みのるvs真霜のゴツゴツとしたエルボー合戦は一発打ち込まれるごとに歓声が上がるほどの盛り上がりを見せ、みのるのエルボー一発で半死半生状態になるパロマが恍惚を決めたり生尻丸出しでパロマボンバーを炸裂させたりした場面では会場全体が一体となった大歓声が上がる。
 最後はみのるがパロマの尻を全開にさせた上でゴッチ式パイルドライバーで突き刺して試合は終わった。

 マイクを託されたみのるは、「今病院で大変だけど踏ん張ってる天龍さんに一言だけメッセージを送りたいと思います。……オイ!天龍のクソジジイ!なんだ?くたばりそうなのか?悔しかったらさっさとこのリングに戻ってきて俺のことぶん殴ってみろ!さっさと帰ってこい!このクソジジイ!」と愛に溢れたみのる節でメッセージ。
 そして、嶋田代表から「(締めの)エイエイオー!をお願いします」とリクエストが入ると、「そんな恥ずかしいこと俺がやるわけねーだろ。そんなんやるわけ無、行くぞーッ!エイエイオーッ!×3」とノリノリで大会を締めた。


 バックステージに戻ったみのるは「あのクソジジイ、元気だったときに何発俺のこと殴ったと思う?まだ俺やり返してねーんだよ。やり返さないと気が済まない。なにアイツ逃げようとしてんだ?逃さねーよ。おい、天龍よ。リングで待ってるぞ。帰ってこい。お前の生きる場所はリングだけだ!引退しようがなにしようが俺には関係ねーんだよ」とニヤリ。

 そして、「今から20年前、プロレスの世界に戻ってきた2003年だ。戻ってきて一番最初にプロレスの世界で英気を与えたのが天龍さん。そう、天龍源一郎。あのオヤジなんだよ。一緒にタッグを組んで、一緒にチームを組んで、『さあ一緒に暴れよう』ってところでバーンと弾けて、あのオッサンからはそれからの付き合いだ。俺には色んなプロレスを見せてくれた人がたくさんいるんだ。もちろん、新日本の人たちも、UWFの人たちもいるし、そして絶対に関わることのないと思っていた全日本プロレスだった天龍源一郎エキス、間違いなく俺の中に入ってるよな。俺が道に迷って『俺はプロレスでどうやって自分を表現したらいいんだ?』って分からなくなったとき、『みのる、気に入らねえ奴はみんなぶん殴っちまえばいいんだよ』って、高山と同じこと言ってたよ、あのオヤジ(笑)それで吹っ切れたよね。だから、ある意味恩人でもあるし。あのオッサンが引退するとき『最後に俺がぶん殴って引退させてやるよ』つってたのに、俺と試合せずに別の奴を指名した。だから殴り足りねーんだ。だからちゃんと帰ってこい!天龍、待ってるぞ!」と熱いメッセージを贈った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る