天龍源一郎が大病を乗り越え1年3ヶ月ぶりにリングへ帰還!龍魂を継承した愛弟子とスーパードライで祝杯!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 19日、東京都・後楽園ホールにて『天龍プロジェクトpresents' 第3回龍魂杯~LIVE FOR TODAY~』が開催。天龍源一郎さんが約1年3ヶ月ぶりにリングへ上がりファンに元気な姿を見せた。

 昨年9月、天龍さんは現役時代のダメージの蓄積による後遺症から『神経の圧迫状況から考えうる事態として、突然死のリスクが非常に高い状態である』と診断され入院。『環軸椎亜脱臼に伴う脊髄症・脊髄管狭窄症』との診断が下って手術を行い、その後はリハビリの日々を送っていた。

 2月19日に行われる日本プロレス殿堂会主催イベント『レジェンドサミットVol.2』で入院後初めて公の場に姿を表す予定であったが、11日に天龍プロジェクトより天龍さんが敗血症性ショックのために緊急手術を受けたことがアナウンス。数日前より発熱や血圧の低下の症状がみられたため検査を行ったところ、緊急性の高い状態であると判明したため治療可能な病院に緊急搬送され、搬送先での緊急手術へ。一時は退院したものの8月には心臓の手術を行ったことも報告されていた。
 それでも天龍さんは不屈の闘志でリハビリを続け、徐々に快復。この日は約1年3ヶ月ぶりに天龍さんがファンの前に姿を現すということで大きな話題を集めていた。

 この日は天プロのシングルトーナメント『龍魂杯』の決勝戦として拳剛vs矢野啓太の試合が実施。新生・天プロを象徴する2人による頂上対決を天龍さんも会場で直接見守った。


 試合は、矢野が絶え間なくトリッキーなサブミッションを繰り出してイニシアチブを握り、なんとか流れを変えようとエプロン上での攻防に持ち込んだ拳剛を奈落式のショルダースルーで場外に放り捨てるなど激しい攻撃を展開。
 拳剛がボロボロになる中でさらに矢野のサブミッションが牙を剥くが、拳剛は矢野の手に噛み付いて脱出するガッツプレー。鋭いエルボーの連打や雪崩式フランケンシュタイナーなどで自分の流れに持っていき、「矢野啓太、ありがとうッ!」と叫んでの垂直落下式ブレーンバスターから必殺のフロッグスプラッシュを決めて3カウントを奪った。

 龍魂杯優勝を決めた拳剛を祝福すべく、天龍さんが車椅子に乗ったままリングへ。拳剛にトロフィーや勝利者賞を手渡し、拳剛、矢野の双方とガッチリ握手を交わした。

 マイクを取った天龍さんは、天プロという名のもとに集って死闘を繰り広げてくれている選手たちに感謝の言葉を述べ、恒例の「エイエイオー!」を観衆とともに叫んで大会を締めた。


 試合後、バックステージでは天龍さんがアサヒスーパードライを拳剛の優勝カップに注ぎ、ともに祝杯を上げる。天龍さんはこれが退院後に初めて飲むビールだったという。

 大会後には、復活を待ち続けてくれたファンたちと交流を交わし、バックステージでは快気を祝うべく駆けつけたザ・グレート・カブキさんと握手。

 改めて1年3ヶ月ぶりにリングに上った感想を聞かれると、「感無量ですよ。こんなに沢山の人が集まってくれて、選手たちもいい試合を提供してくれました。(「エイエイオー!」は)ずっとやりたかったんだよね。感謝の意味を込めて。『戻ってきたな』って気持ちよりも『みんなに力を添えられたら』って気持ちが強いかな。でも歓声は嬉しいよね。『忘れないでいてくれたんだな』って感謝ですよ」と微笑みとともに語る。

 その後は馴染みのベテラン記者たちと歓談を交わし、「カブキさんと会うのは久しぶりだね。向こうが会うの嫌がってるみたいだから。……カブキさんいないよね?(笑)いたらアッパーカット飛んできちゃう(笑)」「(スーパードライは)美味しくなかったね。今日は寒すぎる。俺、半袖だし(笑)」とテンルージョークが飛び出すなど元気な様子を見せた。

 今後について問われると、「可能な限り天プロの会場に顔を出して辛口解説を行っていきたい」と前のめり。これからもプロレスファンはまだまだ元気な天龍さんの姿を見ることが出来そうだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る