「俺たちが合体技をするのはSNSだけだ!」鈴木秀樹&佐藤光留が諏訪魔との因縁対決を制しUNタッグ王座戴冠!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 19日、東京都・後楽園ホールにて『天龍プロジェクトpresents' 第3回龍魂杯~LIVE FOR TODAY~』が開催。鈴木秀樹&佐藤光留がUNタッグ王座戴冠を果たした。

 天龍プロジェクトはしばらくプロレス団体としての活動を休止していたが、2020年11月の天龍さんの引退5周年記念大会の開催を機に精力的な活動を再開。WAR時代に創設され、天プロとともに復活したインターナショナルジュニアヘビー級王座(IJ王座)&インターナショナルジュニアタッグ王座(IJタッグ王座)の争奪戦を軸に展開して来たが、2022年には満を持してWAR世界6人タッグ王座も復活。
 さらに、2023年4月には天龍さんが初めて巻いたユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座(UNヘビー級王座)のベルトをモチーフとしたUNタッグ王座も創設され、数多くのベルトが天プロのリングを賑わせている。

 この日は、UNタッグ王者である諏訪魔&田村男児が鈴木秀樹&佐藤光留を相手に4度目の防衛戦を実施。

 諏訪魔と鈴木は現在タッグを組んで全日本プロレスの『世界最強タッグ決定リーグ戦』に出場しているが、元々は犬猿の仲であったことから一切噛み合わず。試合中の罵り合いから仲間割れへと発展し今月12日の開幕戦から黒星を喫した。
 その直後のバックステージでも2人は罵り合いを続行。ここに光留が鈴木に加勢して「19日の天龍プロジェクトにバカのベルトを持ってこい。どっちがバカか決めてやる!」と啖呵を切ったことからタイトルマッチが緊急決定。諏訪魔と鈴木、そして男児と光留とそれぞれのタッグパートナーが敵に回っての王座戦という複雑な人間模様が展開された。


 試合が始まると、開始から10分は受け身や打撃の音がほとんど響かない天プロらしい重厚なレスリング戦が展開。
 鈴木が諏訪魔をニーロックでじっくりと痛めつけてチャンスを作ると、光留がローキック連打で足を潰していく無駄のない攻撃展開。機動力を奪われた諏訪魔だったが、後の先を取るレスリングで万力スリーパーで絞め上げラリアット連打からバックドロップ。
 光留が窮地に陥ると鈴木が救援に入り、諏訪魔を場外に叩き出して殴り合いを展開。勝負は男児と光留に託される。

 男児は光留に臆すること無く吶喊し真っ向からゴツゴツとしたエルボーを連打。パワーでは押し勝っていたものの、光留は強烈なサッカーボールキックでピンチを打開。アンクルロックから引き寄せてのバックドロップ、さらに体勢を変えながらしつこくチキンウィング・アームロックで絞り上げると男児もたまらずタップ。

 試合後、「今日は俺たち合体技なんか1つもねーからな。俺たちが合体技をするのはSNSだけだ!」と吹き上がる光留に対し、鈴木は「夜、名古屋で試合あるんすよ。馬鹿と組んで」と淡白な様子で会場を後に。
 この日は、夕方から開催される全日本プロレス名古屋大会で諏訪魔&鈴木は世界最強タッグの公式戦に出場予定。この試合を経て両者の因縁はさらに強まっていると思われるため、こちらも大荒れの展開となりそうだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る