バーニングがKO-D6人タッグ王座挑戦に向けわだかまりを氷解し、ベルト獲りを誓った!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが12月14日、東京・新宿FACEで『DDT FREE ‐December‐』を開催。今年最後のビッグマッチ『NEVER MIND 2022』(同29日、TOKYO DOME CITY HALL)で、土井成樹、大鷲透、平田一喜が持つKO-D6人タッグ王座に挑むバーニングの3人(遠藤哲哉、鈴木鼓太郎、岡田佑介)がタイトル戦に向け一致団結した。

 この日、バーニングは秋山準を加えたメンバーで、HARASHIMA、大鷲、平田、納谷幸男組と前哨戦に臨んだ。試合は遠藤が平田をテツヤ・イン・ザ・スカイでダメージを与えると、平田の得意技である首固めで丸め込んで3カウントを奪取。

 試合後、岡田が「昔、全日本で鼓太郎さんといろいろありました。あのときのモヤモヤが抜けきれない。だから鼓太郎さん、今この場でシングルマッチやってください」とアピール。これを鼓太郎が了承して、緊急決定試合に突入。岡田はエルボー連打、ミサイルキック、ダイビング・ヘッドバットとたたみかけるも、受け止めた鼓太郎はローリング・エルボーからタイガードライバーを決めて勝利。

 鼓太郎が「こんだけ殴り合ったんだ。もうわだかまりはねぇよな」と言えば、岡田は「あの頃の差は全然詰められてないかもしれんけど、鼓太郎さん、一緒にベルト奪取お願いします」と返し、2人は過去のわだかまりを水に流して、バーニングは結束。リーダーの遠藤は「これでもう何も不安はなくなった。土井成樹、オマエから3つ取ってやる」と王座獲りを誓った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る