大晦日にRIZINとBellatorが全面対抗戦を実施!地上波向けコンテンツから脱却し“格闘技ワールドカップ”を目指す世界展開へ!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 26日、東京都・ヒルズアリーナにて、12月31日にRIZINが開催する『湘南美容クリニック presents RIZIN.40/RIZIN vs. Bellator全面対抗戦』についての公開記者会見が行われた。

 RIZINは2015年の設立時からさいたまスーパーアリーナでの大晦日大会をフジテレビ系で地上波中継されており、かつての“大晦日格闘技”の文化を復活させた。
 しかし、今年のフジテレビは大晦日に別の番組を放送することを既に発表しており、RIZINの地上波放送は絶望的に。RIZINが大晦日にどのような一手を放ってくるのかに注目が集まっていたが、アメリカの大手総合格闘技団体『BELLATOR』との全面対抗戦という起死回生の一手を放ってきた。

 この日の会見は、六本木ヒルズアリーナにて公開記者会見方式で実施。報道陣のみならずファンクラブ会員200名が見守る中で行われた。
 出席したのは、RIZINの榊原信行CEO、Bellatorのスコット・コーカー代表。RIZINファイターからはホベルト・サトシ・ソウザ、扇久保博正、キム・スーチョル。Bellatorファイターからは堀口恭司、フアン・アーチュレッタ、パトリシオ・ピットブル、AJ・マッキーが出席。
 出場選手の名や対戦カードが発表されるたびに会場は大きく沸いた。


 会見を終えた榊原CEOは、「例えば世界陸上にしてもワールドカップにしても、いろんな他のメジャースポーツが定期的に1つのピークを作っていくような形のものを、ゆくゆくはBellatorとRIZINがスタートしたことにいろんな団体が、僕らが当初から言ってるフェデレーション構想にどんどん繋がっていくといいなというふうには思ってます」と語り、記者からの「ワールドカップのようなものになっていけばいいと思うか」という質問には「そうなっていけばいいと思いますね」と肯定。
 その後は「それぞれの世界中の団体のチャンピオンが本当に集うようなことが、正式に僕らがそれを発信するのにトップアスリートに闘う機会を作ることが僕らの強いメッセージになるだろうってことで」と重ねた。

 さらに、「地上波に向けてコンテンツ作って放映権料って形でお金をもらうってビジネススキームでは、もう無くなったってことです。地上波で放映権でもらえるお金って、PPVでエンドユーザーの人達に見てもらえるお金よりは遥かにちっちゃいんで。円安が進んじゃってるんで、海外で100万ドルもらったら今まで1億だったのが今1億5000万だから。僕らは経済効果を大きくしないと、どんどん選手も流出するし、海外の選手を迎え入れることが出来ない」と、地上波向けコンテンツという狭い国内市場から広い市場にターゲットを切り替え、世界標準のプロモーションを作っていくという野望を語った。

『湘南美容クリニック presents RIZIN.40/RIZIN vs. Bellator全面対抗戦』
日程:2022年12月31日(土)
開始:13:30(予定)
会場:埼玉県・さいたまスーパーアリーナ

▼RIZIN vs Bellator全面対抗戦 フライ級
扇久保博正(パラエストラ松戸)
vs
堀口恭司(アメリカン・トップチーム)

▼RIZIN vs Bellator全面対抗戦 バンタム級
キム・スーチョル(ROAD GYM WONJU MMA)
vs
フアン・アーチュレッタ(THE TREIGNING LAB,HB ULTIMATE & GRACIE BARRA)

▼RIZIN vs Bellator全面対抗戦 フェザー級
クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)
vs
パトリシオ・ピットブル(ピットブル・ブラザーズ)

▼RIZIN vs Bellator全面対抗戦 ライト級
ホベルト・サトシ・ソウザ(ボンサイ柔術)
vs
AJ・マッキー(Team Bodyshop MMA)

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る