グレート・ムタが新日本プロレスのリングに乱入し場内騒然!新日本×スターダムの合同興行にムタが参戦へ!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 26日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『バトル・オータム '22』が開催され、NJPW WORLD認定TV王座決定トーナメントにグレート・ムタが乱入した。

 NJPW WORLD認定TV王座とは、今月10日の両国国技館大会にてお披露目された新たなシングル王座。
 当該王座は、長年新日本プロレスを中継してきたテレビ朝日の提案によって企画され、『テレビ朝日とのパートナーシップを象徴する王座・ベルト』として創設。タイトルマッチは15分1本勝負のシングルマッチにて行うこととし、若手にもチャンスを与えるベルトであること、これまでタイトルマッチをあまり行ってこなかった地方大会でのマッチメイクを中心に考えていくプランが語られた。

 今月14日からNJPW WORLD認定TV王座決定トーナメントが開幕し、この日はその1回戦として矢野通vsグレート-O-カーン、成田蓮vs石井智宏の2試合が行われた。

 セミファイナルで行われた矢野とオーカーンの試合は、かつてアマチュアレスリングルールでのKOPW戦を争った2人による因縁戦として注目を集めており、序盤はオーカーンがグラウンドレスリングで圧倒しリングを支配。
 矢野の手練手管の反則攻撃をかいくぐってスピアーを決めたオーカーンは、天国の盟友・北村克哉さんに捧げるモストマスキュラーポーズを取り、大空スバル式羊殺しからルーナと決めエリミネーターでの決着を狙うが、ここで突如会場が暗転。
 明かりが戻るとリングサイドにグレート・ムタが現れており、オーカーンは驚愕。オーカーンが追い返そうとするとムタが毒霧を噴射し、視界を失ったオーカーンを矢野がスクールボーイで丸め込んで3カウントを奪った。

 観衆から大・ムタコールが沸き起こる中、恐る恐る近づいていった矢野とムタが握手。会場が驚きと困惑が満ちる中でムタと矢野は2人で退場していった。


 バックステージに戻ったムタは放送禁止用語でオーカーンを罵倒し、「有明コロシアムで殺ってやる!次、有明コロシアム、コイツ(矢野)が俺のパートナーだ!オカダも俺のパートナーだ!オーカーンに“闇”を見せてやる!殺してやる!俺は腹が減ってんだ!」と宣戦布告。
 11月20日に有明アリーナで行われる新日本プロレス×スターダムの合同興行『Historic X-over』にて魔界の門が開くことになりそうだ。

 なお、メインイベントでは凱旋帰国を果たした成田が石井から勝利するという番狂わせを起こし場内は熱狂。成田が「俺が新日本プロレス、変えてやる!」と堂々のマイクで大会を締めた。
 この日の2試合の結果を受け、10月30日の幕張大会ではトーナメント2回戦として矢野vs成田の試合が行われることとなった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る