「未来は俺が作る。生きたいように生きる。なりたい自分になる」YOSHI-HASHI&後藤洋央紀が悲願のWTL初優勝を果たしプロレス大賞受賞のタイチ&ザックから王座奪取宣言!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、東京都・両国国技館にて新日本プロレス『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』が開催され、後藤洋央紀&YOSHI-HASHIがWTL初優勝を果たした。

 今シリーズは、ヘビー級を中心としたタッグリーグである『WORLD TAG LEAGUE 2021』(WTL)と、ジュニアヘビー級のシングルリーグ戦である『BEST OF THE SUPER Jr.28』(BOSJ)が交互に開催される豪華なシリーズ。
 この日のダブルメインイベントでは、WTLの決勝戦として後藤洋央紀&YOSHI-HASHIvsEVIL&高橋裕二郎の試合が行われた。

 “HOUSE OF TORTURE”EVIL&裕二郎は3連敗からの8連勝怒涛の巻き返しで優勝決定戦に駒を進めたが、その勝利はすべて反則&セコンド介入が絡むもの。対する後藤&YOSHI-HASHIは9勝2敗でリーグ一位となるも、先月28日の東金大会ではEVIL&裕二郎に敗れており、優勝とリベンジをかけて臨む試合となった。


 試合が始まると序盤からEVIL&裕二郎のラフファイトやセコンドのディック東郷の暗躍が光りHOTが優位に運んでいくが、集中攻撃を浴び続けたYOSHI-HASHIが気迫の逆水平チョップで窮地を打開。
 後藤もYOSHI-HASHIを徹底してサポートし、GTW、隠し狭間、GYR、消灯と合体攻撃の乱れ打ちで一気に試合を決めにかかるものの、東郷がレフェリーを場外に引きずり出してカウントを妨害。無法地帯となったリングへHOTの面々が凶器を持ち込み後藤&YOSHI-HASHIを滅多打ちにする。
 しかし、ここへCHAOSの盟友・石井智宏がリングに飛び込んできてHOTの面々を撃退。石井に鼓舞された2人は激烈一閃から新技の奈落(※YOSHI-HASHIのフルネルソンバスター+後藤のネックブリーカー)を解禁して3カウント。WTL初優勝を果たした。

 試合後、YOSHI-HASHIは「どうにもならなかった過去は、もう俺は変えることはできないかもしれないけど、未来はこれから、俺たち2人、それからみんなも変えていけると思う。それが、(※トロフィーに手をかけ)今日この証だと思うから。そう、未来は俺が作る。生きたいように生きる。なりたい自分になる」と語り、1月の東京ドーム大会でのタイチ&ザック・セイバーJr.が持つIWGPタッグ王座奪取に向けて気炎を上げた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る