ALL TOGETHERに女子プロレス団体が初参戦!若きスターダムの未来が能登半島地震の被災者たちに勇気を与える!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6日、東京都・日本武道館にて『ALL TOGETHER~日本プロレスリング連盟発足記念・能登半島復興支援チャリティ大会~』が開催された。

 2020年に馳浩衆議院議員(現:石川県知事)が会長となり『超党派 格闘技(プロレス・総合格闘技等)振興議員連盟総会』が設立。世界中がコロナ禍に見舞われた際に団体間で結束しようとしたものの、プロレス界の意見を集約する既存の業界団体が無かったことから政治の力を借りて難局を乗り切った過去がある。
 今回の連盟は、坂口征二氏が会長となり、新日本プロレスリング株式会社が事務局となる形で発足。新日本、スターダム、全日本、NOAH、DDT、ガンバレ☆プロレス、東京女子、大日本、DRAGON GATEの9団体により業界団体が設立された。

 プロレス業界共通の課題の解決に向けて意見交換・情報交換を行える場所を確保して業界の持続的発展を図っていく他、国内のみならず海外に向けて日本のプロレスの現状を発信、プロレスラーならびにプロレス興行会社の社会的地位向上、選手の健康・安全(ネットリテラシーを含む)のための統一的な仕組み作り、負傷したレスラーの支援興行などの企画といった活動内容が語られていた。

 今大会では、女子プロレス団体であるスターダムがALL TOGETHER初参戦。男女の垣根をはじめとした様々な障害物を取り除いていくというプロレス界全体の意向を感じさせた。

 この日の第3試合では、【チーム両思い】スターライト・キッド&なつぽいvs【02line】AZM&天咲光由のタッグマッチが実施。

 かつてハイスピード王座戦線でしのぎを削ってきたAZMとキッドが男子プロレスでは見ることが出来ない高速戦闘を見せて会場を沸かせる。
 中盤には天咲が捕まる展開となるが、AZMが2人を同時に相手取って救出する大立ち回り。キッド&なつぽいは天咲へ新技のスカイラブハリケーン式不知火を狙うもののAZMがダイビング・フットスタンプでなつぽいを圧殺する豪快なカットを見せ、完全に試合の流れを02lineに持ってくる。
 天咲がハンマーロックDDT、スイングDDTなど七色のDDTでキッドをぶっ刺していき、丸め込み連発から天橋立。これを耐え抜いたキッドがスカイラブハリケーン式不知火、
旋回式フロッグスプラッシュ、スター・スープレックス・ホールドと畳み掛けて3カウント。
 21歳のAZM、22歳の天咲&キッド、28歳のなつぽいという若い世代が女子プロレス界の未来を魅せた。


 試合後、AZMは「スターダム、ALL TOGETHER初参戦!今回は2人に花を持たせてあげたけど、またALL TOGETHERが組まれることがあったらキッドと闘いたいね」とALL TOGETHERへの継続参戦を希望。

 キッドは2021年3月のスターダム日本武道館大会以来にこの地を踏んだことへの感慨を語り、大喜びしながら「また是非ALL TOGETHERあるなら、呼んで?」と積極的な姿勢を見せた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る