能登半島地震の復興支援大会はバッドエンド!プロレス界を“復興”してきた若者が理不尽な暴力に屈する

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6日、東京都・日本武道館にて『ALL TOGETHER~日本プロレスリング連盟発足記念・能登半島復興支援チャリティ大会~』が開催された。

 2020年に馳浩衆議院議員(現:石川県知事)が会長となり『超党派 格闘技(プロレス・総合格闘技等)振興議員連盟総会』が設立。世界中がコロナ禍に見舞われた際に団体間で結束しようとしたものの、プロレス界の意見を集約する既存の業界団体が無かったことから政治の力を借りて難局を乗り切った過去がある。
 今回の連盟は、坂口征二氏が会長となり、新日本プロレスリング株式会社が事務局となる形で発足。新日本、スターダム、全日本、NOAH、DDT、ガンバレ☆プロレス、東京女子、大日本、DRAGON GATEの9団体により業界団体が設立された。

 プロレス業界共通の課題の解決に向けて意見交換・情報交換を行える場所を確保して業界の持続的発展を図っていく他、国内のみならず海外に向けて日本のプロレスの現状を発信、プロレスラーならびにプロレス興行会社の社会的地位向上、選手の健康・安全(ネットリテラシーを含む)のための統一的な仕組み作り、負傷したレスラーの支援興行などの企画といった活動内容が語られていた。

 日本プロレスリング連盟の第一歩として行われる今大会は、今年1月に起きた能登半島地震の復興支援チャリティ大会としても実施。


 メインイベントでは、海野翔太&清宮海斗&上野勇希vs上村優也&KONOSUKE TAKESHITA&シュン・スカイウォーカーの6人タッグマッチが開催。新日本、DDT、NOAH、DRAGON GATEの4団体のスターが一同に介する豪華カードが実現。
 この6選手は全員が20代であり、団体トップの王座戴冠を果たすなど全員がなんらかの結果を出してプロレス界の未来を背負うことが期待されている選手たち。今回のALL TOGETHERでは特に海野&清宮&上野が大会の顔としてクローズアップされてきた。

 試合では、DDT&AEWの2団体所属で世界の注目を浴びるTAKESHITAが圧倒的な身体能力を見せて会場を沸かせ、新日本でKOPWのベルトを持つ上村が泥臭いファイトで躍動。DRAGON GATEでトップヒールとして君臨するシュンも独特な存在感を放つ。
 さらに、DDTの至宝たるKO-D無差別級王者の上野&現GHCヘビー級王者の清宮という20代で団体のトップを取った2人による夢の連携が実現し、現IWGP世界ヘビー級王者であるジョン・モクスリーの愛弟子である新日本の海野も追随。
 最後は海野&清宮&上野のトリプルミサイルキックから清宮が武藤敬司直伝の変形シャイニング・ウィザードを叩き込んで上村から3カウントを奪った。


 マイクを取った清宮は、「プロレスには、何度でも、立ち上がる、パワーがあると思ってます。日本のプロレス界を、皆で盛り上げていきます!ここにいる、皆で、一緒に!プロレス界を!作って行こうぜー!」と熱い思いを絶叫。大歓声を受ける中で記念撮影を行い、プロレス界の明るい未来を感じさせた。

 大会はハッピーエンドで終わると思われたが、直後に新日本内で傍若無人な悪行を繰り返すヒールユニット【BULLET CLUB WAR DOGS】の面々がリングに乱入して清宮に暴行。
 ゲイブ・キッドが清宮をパイルドライバーで頭からマットに突き刺し、清宮を踏みにじりながらGHCヘビー級のベルトを奪い、「次の世代はこの俺だ」と挑戦を表明。これを受け、 6月16日に行われるNOAHの横浜BUNTAI大会にて清宮vsゲイブの王座戦が決定された。

 能登半島地震復興支援チャリティ大会は、コロナ禍で壊滅状態となったプロレス界を必死で“復興”してきた20代の若者たちが理不尽な暴力で踏みにじられるというバッドエンドに終わった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る