瑠希也が若手トーナメント「DGC」決勝進出を決め、4・7後楽園でTo-yと対戦! 「優勝して若手で1番強いってことを証明します」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが3月26日、東京・上野恩賜公園野外ステージで『春のビアガーデンプロレス【DAY2】』を開催した。若手選手によるトーナメント「D GENERATIONS CUP 2024」準決勝で瑠希也が決勝進出を決め、4月7日の後楽園ホールでTo-yと優勝を争う。

 瑠希也は2022年5月にDDTに入門したが、同期の正田壮史、須見和馬に大きく後れを取って、昨年4月9日にデビューにたどり着いた苦労人だ。。そのため昨年の「DGC」には出場することすら叶わなかった。だが、ここのとろノアや全日本プロレス勢との対抗戦などでメキメキと力を付け、1回戦(3月21日)では先輩の高鹿佑也から殊勲の星を挙げて勝ち上がり、準決勝では中村宗達(ガンバレ☆プロレス)と対戦した。

 ガンプロの意地をかけて参戦してきた宗達は起き上がりこぼしのハーフハッチ・スープレックスなどで攻め込む。エルボー合戦から瑠希也がプロトボムも、返した宗達は丸め込み、スピアで反撃も決められず。宗達のジャーマン狙いを踏ん張った瑠希也は、ランニング・エルボーバットからプロトボムで仕留めて悲願の決勝進出。


 もう一つの準決勝ではTo-yがイルシオンと激突。イルシオンの奇襲を受けたTo-yだがチョップ連打で圧倒。イルシオンの変型ドラゴンスリーパーを耐えたTo-yは、フルネルソンバスターからコジマインパクトを決めて3カウントを奪取した。

 瑠希也は「あと一つというとこまできました。絶対に優勝して若手で1番強いってことを証明します。見ててください」と優勝宣言。To-yは「イルシオン、前回の新宿のときとは気持ちも違って、本気で倒そうとしてきてくれた。でも、それで負けるのは今までの小嶋斗偉で。To-yとして改名して、中途半端な小嶋斗偉を捨てて、これからTo-yとして進化していくと決意したから、ここでは負けてられない。次の瑠希也もそうだ。瑠希也はずっとガムシャラで。僕も前回のDGCはそうやってガムシャラだった。ガムシャラは今まで終わった。次はもっと上に行くために、To-yが進化するところを全員に見せていくんで」と胸を張った。

 一方、準決勝で散った宗達は「ガンプロを背負って、このトーナメントに出たのに決勝まで行けなかったし、優勝もできなかった。もし次あった時は全員ぶっ飛ばす!」、イルシオンは「優勝したい。自分を変える。この数日間で何回言ってきたんだ。去年もたった1勝だけして終わって、今年も準決勝で負け。全部が中途半端な俺を変えたい」と肩を落とした。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る