飯野“notセクシー”雄貴が黒パン姿での正統派ファイトで圧勝! 大石真翔はセクシージャッジマンとして監視へ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが4月15日、東京・新宿FACEで「MAX BUMP 2023 TOUR in SHINJUKU」を開催。5月3日の神奈川・横浜武道館で、セクシーを封印することを条件にKO-D無差別級王座(王者は火野裕士)への挑戦を認められた飯野“notセクシー”雄貴が黒パン姿の正統派ファイトで圧勝も、一抹の不安を覗かせた。

 この日のセミファイナルで男色“ダンディ”ディーノとのコンビで登場した飯野は、HARASHIMA&中村圭吾と対戦。飯野はバスローブを脱ぐと、フェロモンズ結成前をほうふつさせる黒パン姿。飯野はHARASHIMAに串刺し式ボディアタック連発。ブレーンバスターから、HARASHIMAとエルボーのラリーを展開するなど、“ストロングスタイル”で戦う。だが、相手の攻撃を受けると、タイツを脱ぎそうになるも我慢する。中村もミサイルキック、トップロープを利したムーンサルトプレスなどで飯野を攻め込む。しかし、スワン式で飛び込んだところを飯野にキャッチされ、そのまま頭から叩きつけられる。飯野が強烈なラリアットを中村に敢行もHARASHIMAがカット。ディーノがHARASHIMAに長い長いリップロック。その間に飯野はババボムから胴絞めnotドラゴンスリーパーで快勝。試合後、飯野は無理やりセクシーを抑え込んだ副作用か「頭が痛い」と倒れ込んだ。

 “notセクシー”での初戦を乗り切った飯野だが、その前に立ちはだかるのがΩの司令塔・大石真翔だ。大石はセクシーカウンターなる機械を開発。これは飯野がセクシーをあふれ出すと、それを感知して警告音が鳴り、1分以上鳴るとアウトになってしまうのだという。16日の新潟大会で大石の試合は組まれていないが、セクシージャッジマンとして帯同。その後も飯野のセクシーさを監視していくことになる。この日、飯野は何度かタイツを脱ごうとする場面が見られただけに、5・3横浜まで果たして我慢できるのかどうか不安は消えない。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る