高木&ジャネラ&正田がストリートファイトマッチで勝利し、4・16新潟での大仁田組との電流爆破デスマッチに弾み!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが4月15日、東京・新宿FACEで「MAX BUMP 2023 TOUR in SHINJUKU」を開催。高木三四郎&ジョーイ・ジャネラ&正田壮史が「エニウェアフォール・スクランブルバンクハウス・ストリートファイト6人タッグデスマッチ」で、坂口征夫&アントーニオ本多&岡谷英樹に勝利。同16日、新潟・万代島多目的広場大かまでの大仁田厚&勝俣瞬馬&小嶋斗偉との電流爆破バットデスマッチに向け弾みをつけた。

 試合形式は会場内のどこでもフォールが認められ、公認凶器として、ラダー、プラスチックケース、イス、有刺鉄線バットが用意された。高木はエイリアンの着ぐるみもどき姿で登場し、坂口と大乱闘を展開。坂口は戦闘用チャリンコ・ドラマチックドリーム号で高木をひく。本多はメリケンサックを装着し、フィストドロップを狙うも、ジャネラは阻止。正田が坂口と岡谷に場外ダイブを敢行し、完全排除。ジェネラは立てた4脚のイスの上に本多を載せ、そのうえにイス、プラスチックケースを置くと、ラダー上からダイビングフットスタンプを見舞い3カウントを奪った。

 試合後、ジャネラはマイクを持つと「オーニタ! ミスター・ライアー! トゥモロー・イズ・ラストデー。ダイ!」と英語でまくし立てた。

 また、第2試合ではキッズレスラー・ゆにのライバルだった平田一喜が、高校生になった夢虹と一騎打ち。平田はレフェリーが昏倒しているすきに急所打ち。さらにカネで買収したという謎のマスクマン2人を投入し、試合を優位に進める。夢虹はトップロープからのラ・ケブラーダ、スタナーで反撃。その後、首固めの応酬となり、平田が奇跡を呼ぶ一発逆転首固めで3カウントを奪取。平田は「大人のプロレスラーとして、あの手この手でやってやるよ。楽しみにしとけ」と大人げないマイク。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る