「待ってろよ、NXT!」中嶋勝彦が“ウィリアム・リーガルの息子”チャーリー・デンプシーを撃破し三冠王座V2!三冠王者としてNXTへの進出を宣言!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 3日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『新春ジャイアントシリーズ2024』が開催。中嶋勝彦が“ウィリアム・リーガルの息子”チャーリー・デンプシーを撃破して三冠ヘビー級王座の2度目の防衛に成功した。

 中嶋は2002年にWJプロレスから当時史上最年少であった15歳9ヶ月でプロレスラーデビュー。その後は佐々木健介に師事して健介オフィスおよびダイヤモンド・リングで活動し、2008年からNOAHに参戦。2015年にNOAH所属となってからは2度のGHCヘビー級王座戴冠や史上初のN-1 VICTORY二連覇を達成するなど団体の中核を担う選手となった。
 しかし、中嶋は今年9月末を以て突然のNOAH退団。フリーとなってからは全日本プロレスへと殴り込みをかけ、11月には青柳優馬を制して三冠ヘビー級王座を戴冠。12月には大森北斗とともに世界最強タッグ決定リーグ戦優勝。さらに大晦日には健介オフィス時代から“色々あった”宮原健斗を倒して三冠王座を防衛するなど全日本で頂点を極めている。

 フリーとなった中嶋は唐突に“闘魂スタイル”を掲げ始め、今ではすっかり赤いマフラータオルがトレードマークに。
 さらに、中嶋はアントニオ猪木さんと縁が深い“過激な仕掛け人”新間寿から『炎のファイター』の原曲である『アリ・ボンバイエ』を入場曲として使用する許可を取り、新間をともなって試合に臨み“闘魂伝承”を叫ぶなど終わりの見えない闘魂継承者戦争のダークホースとして躍り出ている。

 そんな中嶋に全日本側が刺客として用意したのは、ウィリアム・リーガルの息子であるチャーリー・デンプシー。
 デンプシーは父からヨーロピアン・スタイルのレスリングを受け継いでおり、WWE NXTで活躍。父からもWWE所属選手として初となる三冠王者になることを期待されて全日本マットへ送り出されている。
 2日に行われた前哨戦ではデンプシーが中嶋から直接勝利を奪っており、初の現役NXT選手の三冠王座戴冠の可能性も高まっていた。

 グラウンドを得意とするデンプシーに対し、中嶋はアリキックの連打で近づかせないよう警戒。それでも巧みな体捌きで上を取ったデンプシーがキムラロックに捕らえながら中嶋の動きをコントロール。
 自身の土俵に引き込まんとミドルキックを連打する中嶋だったが、蹴り足をキャッチしたデンプシーがそのままスープレックスのように反り上げる変形ドラゴンスクリュー。足に激痛が走って転がり回る中嶋に対し、デンプシーは変形アキレス腱固めなどでじっくりと一点集中攻撃。
 さらにダブルアーム・スープレックスからさらにブリッジして固める身体の柔らかさを見せていくが、中嶋はカウンターのトラースキックを顔面にめり込ませ、バーティカル・スパイクで突き刺しつつ怒涛の蹴撃ラッシュ。デンプシーも伝家の宝刀たるリーガル・プレックスを決めてみせるが、耐えた中嶋が顔面へ強烈なビンタ一閃。ガクリと前のめりに倒れたデンプシーをノーザンライト・ボムで叩きつけて3カウントを奪った。


 試合後、マイクを取った中嶋は「日本プロレス界の地形を変えるため。そして三冠ヘビー級というこのタイトルを上にあげるため。デンプシー、NXTに持っていくから待っていてくれ。三冠ヘビー級!この本来の意味を、俺は取り戻す!この三冠ベルトがNXTに行く。待ってろよ、NXT!」と、三冠王者としてNXTへと乗り込んでいくことを宣言した。

 また、中嶋の決意表明後には昨年のチャンピオン・カーニバル覇者である芦野祥太郎が表れて挑戦表明を行った。
 芦野は昨年のチャンピオン・カーニバル優勝決定戦にて勝利こそしたものの試合後に負傷が発覚。そのまま長期欠場に入り昨年大晦日に復帰したばかり。
 中嶋と芦野といえば、2020年2月のWRESTLE-1最末期でWRESTLE-1王座をかけて対戦したことが記憶に新しい。最強の王者として君臨していた中嶋に対し、当時の芦野は圧倒的な力量差を見せつけられた上で敗れている。

 互いに立場が変わり約4年越しに迎える両者の対戦は、1月27日のエスフォルタアリーナ八王子大会で行われることが決定。
 中嶋はNXTへ打って出て三冠王者に新たな価値をつけていくことができるのか。芦野は全日本のベルトを外敵から取り戻し海外流出を防ぐことができるのか。一気に風景が変わった全日本のリングに2024年は注目必至だ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る