ドーピング発覚の木村“フィリップ”ミノルにRIZINの榊原信行CEOが激怒!「先のことなんてのは全く考える気にもならない」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2日、都内某所にてRIZINが記者会見を実施。木村“フィリップ”ミノルのドーピング検査が陽性となったことが報告された。

 木村は、 昨年11月にK-1との契約を満了し、同年12月末には『INOKI BOM-BA-YE×巌流島』で矢地祐介を相手にミックスルールで対戦し圧勝(※1R目のキックルールでKO)したことが話題に。しかし、今年3月のKNOCK OUTでは最終計量で1.75kgオーバーとなりながら出場したこと、そして肉体が短期間にみるみる大きくなっていったことなどでまた別の話題を呼んでしまっていた。

 木村は、様々な疑念の目が向けられる中で6月24日の北海道大会に出場し、ロクク・ダリを相手に1R KO勝利。大会終了後には榊原信行CEOが木村のドーピング検査を行ったことを発表。
 海外の検査機関に依頼する必要があることから時間がかかっていたものの、先日「筋肉増強剤に該当する成分が複数確認」という結果が出たためRIZINでは異例の記者会見での報告を行うことに。


 RIZINの榊原信行CEOは、淡々とした口調で検査結果を報告しつつも「『やらないし、やってない』って言ってたじゃん。嘘つかれたよ。話になんないよ。なんでそんなことしちゃったかなあ」と本音がポロリ。
 ロクク・ダリ戦は無効試合となり、出場契約に基づく罰金、半年間のRIZIN出場停止という罰則を課すことを語った。

 会見に臨んだ木村は、「K-1を離脱してからずっと試合ができなくて、いつ試合ができるかわからない状態でモチベーションが保てず、トレーニングのパフォーマンスを上げたり自分の体をいい状態で保つために摂取をしていました。RIZINに出ることが決まってからRIZINでは検査があることは知っていたので摂取はしていなかったんですけど、当日の尿検査で体内に残っていて検出されたという形で、僕自身すごい反省しています。いつになるか分からないんですけど、RIZINの舞台で試合をさせていただくことが出来るなら、その日までにクリーンな身体を作ってまた正々堂々と向き合ってファンのみなさんの前で闘いたいと思ってます。僕の気持ちとしてはRIZINの舞台で復活できたら選手としては嬉しいです」と胸中を吐露。
 その他、ドーピングを使用したのはK-1を離脱後が初めてであり、周囲には相談せずインターネットで購入。昨年12月の巌流島での矢地祐介戦、今年3月のクンタップ・チャロンチャイ戦ではドーピングを施して試合に臨んでいたことを告白した。

 その後、SNS上で対戦要求されていた安保瑠輝也に関する質問が飛ぶと、木村は「安保選手から連絡がきたときはやるつもりでいたし、今現在もトレーニングしている状態なので、彼から連絡が来たときは燃えました。自分自身が証明しないといけないことも有ると思うんで、(出場停止期間が)終わって、RIZINの場にまた帰ってこれることがあったら安保選手とやりたいと思います」とコメント。

 これを受けた榊原CEOは、「『大丈夫だ』って言うんで出場を認めたわけですから、あっちゃいけないこと。話になんないです。先のこととか甘えたこと言ってんじゃなくて、まず完全なクリーンな状態にしてアスリートとして皆と同じスタートラインに立てるようになってから来いって話。話になんない。安保の話がどうとか、プロモーター的にはありえない。まず(薬を)抜けって。抜いた先のことなんてのは全く考える気にもならない」と苛立ちをあらわにした。

 なお、今会見では7月30日の『超RIZIN.2』でタイトルマッチを行ったヴガール・ケラモフ、朝倉未来、伊澤星花、クレア・ロペスの4人は検査の結果陰性であることも報告された。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る