「優勝して叙々苑とか言ってる奴らに負けたんだな」下剋上を叫ぶ最年少ユニットが正統派センターユニットにトーナメント決勝戦で敗れ対抗心メラメラ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 14日、東京都・後楽園ホールにて『ACTwrestling 後楽園ホール公演』が開催。【The Royal】澄川菜摘&皇希&夏葵がアクトレスガールズの最強ユニット決定トーナメントで優勝を果たした。

 2015年にスタートしたアクトレスガールズは、2022年から『プロレスを用いたよりエンターテインメント性の高い公演』へと移行。
 新体制になって間もなく続々と新人が加入していき、全ブランド合わせれば旧体制アクトレスを上回る勢力を誇る団体に。それ故に公演には毎回全員が出場出来るわけではなく、限られた試合枠を巡って熾烈な“レギュラー争い”が展開されている。
 さらに、2022年8月より元スターダムGMの風香がアドバイザーに就任した後にはリング上でのパフォーマンスの質が大幅に向上。旧体制アクトレスでも主力として活躍していた青野未来や茉莉、元スターダムの澄川菜摘(翔月なつみ)や惡斗、元JDスターのMARUといった以前からプロレスをよく知る実力者たちが中心人物として君臨し後進育成に力を注いできた。
 しかし、新体制になってからデビューした選手たちがベテラン中心の現状に異を唱えて下剋上の流れが活性化。アクトレスの頂点を獲るべく次々とユニットが結成されていき、若手勢からの突き上げに応える形で最強ユニット決定トーナメントの開催が決まった。

 この日は決勝戦として、【The Royal】澄川菜摘&皇希&夏葵vs【てっぺん☆】朝陽&松井珠紗&山田奈保の試合が実施。
 アクトレスリングの“センターユニット”を自称するThe Royalは澄川に鍛えられた若手たちが正統派ファイトで魅せていくユニット。
 対するてっぺん☆はプロレスラーとしても名を馳せたキャリア約6年で20歳の朝陽&キャリア約5年で23歳の松井を擁しており、下剋上の精神を叫んで現在のユニット抗争の火付け役となった実力派ユニットだ。


 てっぺん☆の奇襲で試合が始まるも、The Royalが鉄の連携で迎撃しもっともキャリアの浅い山田に集中砲火。
 しかし、中盤に松井が出てくると八面六臂の大暴れを見せて形勢を互角に持ち込み、澄川とのバチバチのぶつかり合い。スピードを活かして攻め込む松井に対し、澄川は鋭い蹴撃で対抗。続く朝陽もダブルリスト・アームサルトやノーザンライト・スープレックス・ホールドなど美しい孤を描くスープレックスで攻め込んでいき、松井との合体ミサイルキックを決めて見せる。
 劣勢に追い込まれた澄川だったが、皇希&夏葵が澄川を徹底サポートして全員が入り乱れる大混戦へと持ち込み、最後は澄川が朝陽に必殺のダイビング・ダブルニードロップを決めて3カウント。見事The Royalが優勝を果たした。

 急遽開催が決まったためか優勝ユニットには“優勝”という栄誉しか用意されていなかった今トーナメントであったが、澄川が坂口代表に直訴することで“叙々苑食べ放題”という副賞を用意させていた。
 The Royalの面々は叙々苑食べ放題を喜びつつ、センターユニットとしての地位を確固たるものにしていくことを宣言。さらに澄川はトーナメント前から坂口代表にタッグベルトなどユニットの象徴となるベルトの創設を直訴していることを明かし、さらなるユニット戦線の活性化を促した。


 一方、惜しくも敗れたてっぺん☆の面々は悔し涙を流しながらも殺伐とした様子。
 朝陽が「直接澄川さんから3を獲られて負けた人間なので本来なにも言えるアレではないんですけど、ロイヤルはアクトレスのセンターユニットって謳っていて。『それでなにがしたいの?』っていうのが試合をしても通じないところにすごくもどかしさを感じるし、『優勝して叙々苑とか言ってる奴らに負けたんだな』と思うと対戦相手への失望と自分に対しての怒りがごちゃ混ぜになります」と不満をあらわに。
 これを受けた松井も「私、菜摘さんと闘うことは去年は多かったんですけど、The Royalを結成するまでの菜摘さんはすごく楽しかったなあと覚えていて。結成後の菜摘さんは、やっぱ抱えるものが多くなったからか、言葉を選ばないと、頭打ち?今回負けた身で言うのもアレなんですけど、もっと、The Royalじゃなくて、もっと弾ける菜摘さんを見たいなと思いました」と澄川個人への思いを淡々と語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る