佐々木大輔と共闘のTAKESHITAがサウナカミーナと完全決裂か!? 9・9大田区で上野勇希&MAOと再戦へ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが7月30日、東京・後楽園ホールで『Summer Vacation 2023』を開催した。この日から、佐々木大輔率いるダムネーションT.Aと共闘を開始したKONOSUKE TAKESHITAとサウナカミーナとの溝が深くなり、9月9日の東京・大田区総合体育館で再度対戦することになった。

 7月23日の東京・両国国技館大会でのシングル戦でTAKESHITAが同志であるはずの上野勇希に圧勝し、試合後には佐々木と手を結ぶ衝撃の展開に。7・30後楽園ではTAKESHITAが佐々木、KANONと組み、上野、MAO、小嶋斗偉組と激突。試合は小嶋が捕まる場面が多く、TAKESHITAはこの日も圧巻の戦いでサウナカミーナを寄せ付けず。上野と小嶋が佐々木にMy MADMAXを決めるも、TAKESHITAがMAOと小嶋を2人まとめてジャーマンで吹っ飛ばす。最後はTAKESHITAのザーヒーから、佐々木がミスティカ式クロスオーバー・フェースロックで絞め上げ、上野からギブアップを奪った。


 TAKESHITAが「上野、両国と今日で分かったやろ。DDTを背負っていきたい、トップに立ちたい?本気でそれをしたいなら、俺についてこい」と言えば、佐々木は「世界で天下を取る男の才能を。俺はKONOSUKE TAKESHITAを、オマエがやりたいように全力でサポートする。上野、TAKESHITAがこう言うなら、オマエもこっち来るしかないんだ」と迫った。

 ここで見かねた負傷欠場中の勝俣瞬馬がリングに上がるも、佐々木が勝俣の松葉杖を蹴飛ばす暴挙。怒りのMAOは「なんで瞬馬を助けないんだ。分かりましたよ。KONOSUKE TAKESHITAはサウナカミーナの敵だって」と吐き捨てれば、TAKESHITAは「敵かどうか確認するか? なんとかスケジュール合わせて、9・9大田区、戻って来てやる。そこで俺とやれ。上野、それまでにオマエの答え見つけとけ」と通告。上野は「米国行って、強いまま行って、強いままと勘違いしてるヤツなんだと。大田区でMAOちゃんと組んで、TAKESHITAと佐々木、やってやります」と応じた。これにより、9・9大田区でのTAKESHITA&佐々木vs上野&MAOが決定した。

 あれだけ固く結束してはずのサウナカミーナだが、TAKESHITAとの間には亀裂が入ってきた。9・9大田区での戦いで、一つの結論が見えてくることになりそうだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別

ページ上部へ戻る