インターナショナル王者・辰巳リカが愛野ユキとの“熱闘”制しV4!「私だけじゃなく、ユキも輝いてた」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが7月8日、東京・大田区総合体育館で夏の祭典「SUMMER SUN PRINCESS '23」を開催した。インターナショナル・プリンセス(IP)王者の辰巳リカが愛野ユキとの文字通りの熱闘を制して、4度目の防衛に成功した。

 愛野は持ち前のパワーを生かし、ショルダータックル、セントーン、ブルドッキングヘッドロックで攻め込む、場外に転じるとサイドスープレックスを敢行。辰巳は足にマトを絞り、ドラゴンスクリューから足4の字固めで絞め上げた。立て直した愛野はエプロンの辰巳を強引に抱え上げて、サイドスープレックス。そしてヴィーナスDDTを見舞った。辰巳はスリーパーからドラゴンスリーパーで反撃も、愛野は力で振り切って脱出。辰巳は再度スリーパー、ドラゴンスリーパー、さらにホワイトドラゴンスリーパーで決めにいくも、ロープエスケープ。愛野はショルダータックルを繰り出せば、辰巳はヒップアタック。ツイスト・オブ・フェイトを決めた辰巳は、ミサイルヒップを叩き込んで勝負あり。

 王座を守った辰巳は「生き残ったのはダイヤモンドヒップを持つ辰巳リカです。だけど、輝いてたのは私だけじゃなく、見たことないくらいユキも輝いてて。自分の防衛ロードも楽しみになったし、ユキのこれからも楽しみだなって感じました。もう夏を終わらせると言ってたんですけど、もう夏が来たって感じで楽しんじゃって。ネクストサマー、続きます」と会心の笑み。

 ベルト奪取ならなかった愛野は「私はまだベルトを巻く器じゃなかった。それがこの結果。ただ、リカさんと戦うのは、今までで一番燃焼できた。一番楽しかった。完全燃焼できたと思います。そのうえで私はまだ勝てなかった」と悔し涙を見せた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る