12・4後楽園での『D王』優勝決定戦に向け、上野勇希と納谷幸男がともに制覇を宣言し火花!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが12月2日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開き、シングル最強決定リーグ戦『D王 GRAND PRIX 2022』優勝決定戦(同4日、東京・後楽園ホール)に向け、上野勇希と納谷幸男が火花を散らした。

 上野は「開幕前から、もっと言うと、去年準優勝が決まったときから、今年は優勝しか狙ってない。その目標があと一つで叶いそうなところまで来れた。僕は無差別を獲って、その先にDDTを背負っていろんなことをやっていきたい。無差別のDDT、自由な(DDT)UNIVERSALのチャンピオンとして、もっといろんなものを広げていきたい。何をもって、この優勝決定戦にいくか、いっぱい考えて、いろんな想像してきましたけど、僕が今一番したいのは、納谷をぶっ潰して、D王GP優勝して、D王覇者として、これから進んでいきたい」とキッパリ。

 納谷も「1年前の俺はアンダーマッチで試合してました。でも1年後、俺は後楽園でメインに立ちます。自分の成長をお客さんに見てもらって、俺の成長の物語を一緒に歩んでもらいたいと思ってます。俺も上野勇希を絶対に倒して、D王の覇者になります」と負けじと優勝宣言。

 両者は公式発表でいうと、身長で27センチ、体重で32キロの対格差があるが、上野は「僕が一番懸念してるのは、納谷の体格からくる爆発力。基本的に僕より大きい人とやることが多い。だから、一瞬のこの体から出る力に負けなければ、積み上げてきたものが違うので。その一瞬の最大風速だけ、僕が常に上回り続けていれば、勝てると思ってます」とコメント。

 体格ではるかにまさる納谷は「ほかの団体で言ったら、僕がヘビー、上野さんはジュニア。でもDDTは無差別なので、どれだけデカかろうが、どれだけ小さかろうが関係なくて、リングに上がったら潰し合うだけだと思ってます」と話した。

「勝敗を分けるポイント」について、上野は「納谷じゃなければ、Aブロック、Bブロックを通過した人間が戦っている能力が一番ポイントになると思うんです。納谷は俺にも、“DDTを背負う覚悟は負けへん”と。そうハッキリ言ったからには、納谷がヘビーだろうがジュニアだろうが、DDTは無差別で関係ない。潰し合うだけと言うなら、その覚悟がどっちが強いのか、気持ちがどっちが強いのか、そこが決め手になるんじゃないかと思う」、納谷は「僕も覚悟をもって挑みたいと思ってます。絶対に引かない。そういう強い気持ちで挑みたい」と語った。

 優勝した後に見据えているプランに関して、上野は「僕の一番の目標、レスラーとしてやるべきことはDDTを背負うこと。僕がいるからDDTが超満員になって盛り上がること。僕がしたいこと、DDTの一番になって、もっといろんな人に見てもらうこと。僕はUNIVERSALチャンピオンであり、UNIVERSAL王座を愛してるので、無差別より下に見られるわけにもいかない。僕が誰に何を言われることなく、無差別に挑戦するにはD王GP優勝して、この期間、DDTで一番強い男になって、胸張って無差別に挑戦して、無差別獲って。俺がDDTで一番すごいんだぞと世界中に広めたい」と力を込めた。

 一方、納谷は「まず樋口和貞と次はベルトをかけて、もう1度勝負したい。それと、こんな俺がビッグマッチのメインで試合するというのは、すごく夢があると思うんです。その夢がある姿を、いろんな人たちに見せたい」と述べた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2023年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る