【ゴマシオ親父からの告知】私の最後の本が出版される。大親友のガッツ石松と公開ファントークを開催するよ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

私の大親友でもあったアントニオ・猪木がこの世から消えて早くも2ヶ月が経った。いまごろアントンは、まだ闘いをやめていないかな。今の格闘技界のことを考えながら、何か新しい構想でも立てているかもしれない。しかし、彼はそんなに考え込むのが得意ではないけどね。『頼りの永』がいないんだからね。もし、アントンが「すぐやれ」というのならプロレス・オールスター戦の開催じゃないかな。私もそう思っているんだ。

 今年もコロナ禍の中でプロレス界は苦しんだ。新日本プロレスが、何とか耐えてしのいでいたとは思うが、それも完全なものではなかったよね。他の団体は興業そのものがうまくいかない。第一、ファンを集めること自体が出来ないのだからね。少しづつ開かれてはいるが、一度落ち込んだものを、元に戻すパワーは簡単にいくものではないんだ。
 だから先に言った「オールスター戦」で全プロレス団体が一つの目的のために集結することの重要性を思うんだ。こんな時代だから可能性は高いと確信するんだ。東スポとか、ベースボールマガジン社を柱にして実行に移していくことを勧めるが、これは重要なことだと思う。各団体から二人づつ代表を出して全体ミーティングをやればいい。 
 現在、いくつの団体があるか?は私の勉強不足で申し訳ないがわからん。しかし、マスコミが入ることで不可能は可能になるんだ。これは私の経験からも言わせてもらうよ。私で役立つことがあれば協力は惜しまないけどね。

 そんな中、このほど私の最後の本が出版されることになりました。今まで13冊ほど本は出しているが、その集大成として「オヤジ最後の御奉公でやろうよ」と仲間に言われ作る事になったんだ。本のタイトルは『永島オヤジの遺言』で、これまであまり書かなかった話を織り交ぜながら・・・ね。発売は来年の1月6日(私の誕生日)となっているよ。
 そして本の中に収録する一つとして、私の大親友であるボクシング元世界チャンピオンのガッツ石松との特別対談を掲載することになったんだ。石松は私にとって猪木と共に40年以上の付き合いがあり、「ヤジキタコンビ」と言われるほどあらゆる場面をつくってきたものだ。まだ未公開の話も出てくるし、そりゃ楽しいものになると思っている。そして、その記念イベントとしてこの対談を「ファン公開でやろう」という声が出て私もOKしたよ。
 日時は12月9日(金)、場所はなかのZERO(JR中野駅)時間は19時~21時 ファンサービスもあるようだよ。入場料はいただくようだが、詳細は別紙にあると思うので、みんな足を運んでよ。話で損はさえないよ。第一ガッツ石松が、こんな形でファンの前に出てくるのは珍しいしね。私もいまからドキドキしているよ。
 最後に、『自分の歩いた跡が道となる』これが私のメッセージです。今年もありがとう、そして来年も花を咲かすためにがんばろう。よろしく!!

<『永島オヤジの遺言』発刊プレイベント>
■SPECIALゲスト:ガッツ石松さん
■日時:12月9日(金)19:00~(開場18:30)  
■会場:なかのZERO【視聴覚ホール】(中野区中野2-9-7)  
■参加費:5000円(当日券は500円UP)  
■主催・申込・問合せ
チームフルスイング https://teamfullswing.ocnk.net/
080-3476-5925

【来春80歳を迎える永島オヤジが、「遺言」とも言える本を発売します。(『フルスイングマガジン』で来春予定)永島オヤジが東スポ記者時代からずっと親しい【ガッツ石松】さんをゲストに出版プレイベント開催!プロレス&東スポ人生を包み隠さず語ります! (この対談の模様もマガジンに掲載予定)『永島オヤジの遺言(フルスイングマガジン)』予約で、永島&ガッツ石松さんとの3ショット撮影もあります】

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る