ハリマオの樋口&吉村がHARASHIMA&大鷲を退けKO-Dタッグ王座初V!10・12後楽園で佐々木&KANONが挑戦へ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが9月4日、名古屋国際会議場イベントホールで「DRAMATIC EXPLOSION 2022」を開催。ハリマオの樋口和貞、吉村直巳がディザスター・ボックス(DB)のベテランコンビ・HARASHIMA&大鷲透を大熱闘の末に破り、KO-Dタッグ王座の初防衛に成功。ダムネーションT.Aの佐々木大輔、KANONが挑戦の名乗りを挙げ、10月12日の東京・後楽園ホールで挑むことが決まった。

 タッグ結成から1ヵ月足らずで同王座を戴冠し、勢いに乗るハリマオの前に立ちふさがったDBのベテランコンビの覚悟はホンモノだった。大鷲が奇襲をかけ、樋口をベルトで殴打し開戦。場外戦に持ち込むと、大鷲は立てたテーブルめがけて、樋口をトップロープから投げ捨てた。その後もDB組は大鷲が吉村にWARスペシャル、HARASHIMAが樋口に雪崩式ブレーンバスターを繰り出すなど、2人とも40代後半とは思えぬ動きで猛攻。HARASHIMAのミドルキックと樋口のチョップの壮絶な打ち合いに発展。ハリマオは合体式リフトアップスラムをHARASHIMAに決めるも、DB組の勢いは衰えず。サンドウイッチ式のジャンピングハイキックが吉村にさく裂。大鷲がブレーンバスターで吉村を投げると、HARASHIMAがスワンダイブ式ボディプレス、大鷲がランニング・ノド輪落としで怒涛の攻め。防戦一方だったハリマオは吉村が大鷲に雪崩式ブレーンバスターで一矢。吉村と大鷲はチョップ合戦、ラリアット相打ちを連発。吉村はとっさに大鷲に払腰を見舞うもカウントは2。吉村はラリアットから、走り込んでのラリアットを大鷲に叩き込んで3カウントを奪った。

 試合後、佐々木とKANONがリングインし、佐々木は「貧相で華のないチャンピオンたち、お前たちを解放してやる。顔じゃねぇってことだ。俺とKANONが挑戦してやるよ」とアピール。樋口は「ゴチャゴチャうるせぇ、OK!」と受諾。今林久弥GMが10・12後楽園での王座戦を決めた。

 バックステージで樋口は「自分もあの2人には思い入れがあって、あの2人にもDBにも歴史がある。対樋口、対吉村も、あの2人は歴史があったと思います。その歴史に逆に飲み込まれそうになりましたけど、ハリマオで飲み込めた。今日飲み込めたのはホント大きかった」としみじみと語った。

 DB時代の兄貴分の2人から防衛した吉村は「DBをハリマオで超えました。自分にとっては育ての親みたいな2人に勝ちました。あの強くて怖くてかっこよかった大鷲透。僕の目の前にいた大鷲透は、本当にすごくドラマチックドリームがあった気がします。そこを勝てたことがすごくうれしい。こうやってタッグのベルトを守ったので、僕たちは負けるわけにはいかない」と笑顔。佐々木&KANONに対しては、「あの2人なんか問題じゃない。もちろん僕たちが勝つ」と防衛を期した。

 奮闘虚しく敗れた大鷲は「最後の最後で力の差というか。気持ちよかったです。吉村、思った以上にパワーアップしていて。アイツはDBを出たから、今の地位があって、今の強さがあって、こうやって恩返ししてくれて。最高です」、HARASHIMAは「強かった。大鷲さんも怖い大鷲透で、僕も昔の最初組んだ頃のDBの気持ちでやってみて、懐かしくて楽しくて。勝てなかったのだけは残念だったけど、まだ僕たち頑張っていきましょう」と話した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2023年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る