「みんな俺を信じてくれ。俺はオカダに勝つ!」ウィル・オスプレイが内藤哲也との初シングル戦を制してG1 CLIMAX優勝決定戦進出!オカダ・カズチカとの因縁決戦へ!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 17日、東京都・日本武道館にて『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』が開催され、オカダ・カズチカ、ウィル・オスプレイがファイナルトーナメント決勝戦に駒を進めた。

 『G1 CLIMAX』は新日本プロレスのヘビー級選手によるシングルリーグ戦であり、優勝者が1月の東京ドーム大会でIWGP世界ヘビー級王座などの王座に挑戦することが慣例となっているため、下半期のヘビー級戦線の行方を占う最大のイベントとして知られている。
 例年は真夏に行われるシリーズであったが、世界中がコロナ禍に見舞われてから大幅な大会スケジュールの変更を余儀なくされていた中、今年は3年ぶりに“真夏のG1”が復活。22年ぶりの4ブロック制での開催となり、総勢28選手が参戦している。

 今年のG1 CLIMAXは、日本武道館3連戦で覇者を決定。
 “世界一過酷なリーグ戦”とも呼ばれるこのG1 CLIMAXを勝ち抜き、Aブロックからはオカダ・カズチカ、Bブロックからはタマ・トンガ、Cブロックからは内藤哲也、Dブロックからはウィル・オスプレイがファイナルトーナメント準決勝進出を決めた。

 メインイベントでは、内藤とオスプレイの準決勝が実施。
 両者の発のシングルマッチとして注目を集めていたこの試合は内藤がオスプレイの世界最高峰のスピードに対抗しつつ、多彩なネックブリーカーを軸に首への集中攻撃を展開。内藤が大技を狙い始めると、オスプレイはサマーソルトキック→延髄斬り→スパニッシュフライなどの目まぐるしい連撃で巻き返そうとするも、内藤は雪崩式リバースフランケンシュタイナーという超大技を決めて突き放す。
 内藤はオスカッターを回避してデスティーノを狙うが、オスプレイはチェルシー・グリンで切り返し、ヒドゥンブレイドを発射。これもかわした内藤がコリエンド式デスティーノで叩きつけるもカウントは2。信じられないといった表情の内藤がデスティーノを狙うも、着地したオスプレイがヒドゥンブレイドからストームブレイカーで叩きつけて3カウントを奪った。

 マイクを取ったオスプレイは、「内藤、最高の試合だった。ワンモア!オネガイシマス!5月からの3ヶ月俺はG1 CLIMAXで闘うために牙を研ぎ、闘い続け、決勝戦に進出した。お前らは俺がオカダに勝てないと思っているだろう?俺とオカダはこれまで7戦して、俺が6敗。これまでの俺ならたしかにそうだろう。だが、次の試合では俺が絶対にオカダを倒せる。なぜなら、今俺は俺の強さを信じ、俺こそが世界最強だと信じているからだ!BOSJ、NJC、IWGP USヘビー級、IWGP世界ヘビー級と数々の栄冠を手にしてきた俺に足りない最後のピース、それがG1 CLIMAX優勝だ!みんな俺を信じてくれ。俺はオカダに勝つ!オカダ、マタアシタ!」とオカダを超えて栄冠をつかむ覚悟を叫んだ。
 バックステージでは「UNITED EMPIREとしては、今いるメンバー以外にもう1人、サプライズを用意している」と語るなど、帝国の勢いは増していくばかりだ。

 なお、セミファイナルで行われたもう1つの準決勝では、オカダがタマを制して勝利。
 オスプレイはかつてオカダとともにCHAOSで闘っていたが、「オカダがいたら俺は常に2番手だ」という思いを募らせて反旗を翻し帝国を興した。その後もオスプレイはオカダを強く意識しており、今年1月5日は東京ドームでIWGP世界ヘビー級王座をかけて争っている。
 18日の決勝戦はオカダとオスプレイの8度目の闘い。『プロレス総選挙』1位を獲得し民意を得ているオカダが7度目の勝利をつかむのか、執念に近い向上心で日々強くなるオスプレイが頂点を掴むのか。因縁決戦の行方に注目したい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る