「所属選手が死ぬ気で取りに来い」フリーの島谷常寛が無差別級王座を防衛し団体所属選手に発破!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 31日、東京都・新宿FACEにて『ベストボディ・ジャパンプロレス~BBJ SAKURA 2022~』が開催され、島谷常寛が唐澤志陽を下してBBW無差別級王座の初防衛に成功した。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足し、47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。

 日々ボディメイクに取り組む人材を積極的にプロレス界に勧誘し、昨年には当時58歳の生え抜き選手である吉田和彦が誕生。60代になっても尚前線で闘い続けるゴージャス松野とタッグ王座を戴冠するなど幅広い選手層がリング上で活躍中。その審美眼は確かなものであり、現在はスターダムで活躍する白川未奈を発掘したという実績もある。
 さらに、当団体では今年から“コンテスト文化とプロレス文化の融合”を掲げ、本家コンテストには無い『セクシーボディコンテスト』を大会内で開催。参加者がディーバ的ポジションで試合を盛り上げるなど新たな試みを展開している。

 今大会のメインイベントでは、島谷常寛の持つBBW無差別級王座に唐澤志陽が挑戦。

 王者の島谷は、157cmとプロレスラーとしては相当小柄な部類に入るが、しっかりと鍛え込んだ肉体によるパワーファイトや空中殺法も使いこなす気鋭の若手。コミカルな試合からバチバチとした試合まで幅広く対応できるバイプレーヤーであり、フリーランスとして数多の団体で活躍している。1月大会でタッグパートナーでもある盟友・なべやかんから同王座を奪取し、今回初防衛戦に臨んだ。

 挑戦者の唐澤は、“黒いライオン”の異名を取るキックボクサーとして知られ、ムエタイやキックボクシングのリングで活躍。さらに2016年からはプロレスラーとしてもリングに上っており、BBJにも初期から所属選手として参戦。ベストボディ・コンテストでもミスターモデルジャパン2019日本大会ファイナリストとなるなど、高い成績を収めている。

 大会前の記者会見で唐澤が「ベルトも獲って、ベストボディ・コンテストで優勝して王者としてRIZINへ出る」とベルトを通過点の1つのように語っていたことに対し、島谷は「この試合にかける意気込みも熱も感じない」と不満を口にしていたが、試合が始まってみると唐澤は序盤から王者を圧倒するアグレッシブなファイトを展開。

 唐澤は的確なインローで島谷の機動力を削ぎ、低空タックルに来た島谷の顔面にヒザを合わせてカウンター。タフさが売りの島谷がラリアットを狙ってパワーファイトを仕掛けてくれば、唐澤は腕へのミドルキック連打から変幻自在の腕十字で試合を決めにかかるという一切の無駄がない格闘プロレスの1つの完成形を見せる。
 しかし、島谷はこれらすべてを真っ向から耐えきる“純プロレス”の意地を見せ、サッカーボールキックを狙う唐澤の顔面へカウンターのドロップキックを叩き込む反撃の狼煙。唐澤のエルボー連打からの飛びつき腕十字をコーナーへのパワーボムで外す豪快な返し技を見せ、フィッシャーマン・バスターからのフィッシャーマン・ドライバーという必勝パターンに持ち込んで3カウントを奪った。

 初防衛に成功した島谷は、「次の挑戦者はできれば所属選手でお願いしますよ。所属選手が気合い入れないとベストボディ・ジャパンプロレス、駄目だと思ってるんで所属選手が死ぬ気で取りに来てください」とフリーの立場から所属選手たちに発破。
 そして「今日は腕がもげるかと思うほど攻められたけど、ベルトをかけるなら僕は何本でも腕をかけてやるって気持ちでリングに立ってますので、挑戦者、ドンドン名乗りを上げてください!」と王者としての抱負を叫び大会を締めた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る