UNIVERSAL王者・佐々木大輔、3・20両国での3WAY防衛戦に向けMAOは眼中なし!?「5年ぶりに葛西純をハードコアでたたきのめす!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが3月2日、東京・新宿FACEで「Judgement2022 -LIMITED-」を開催。同20日の両国国技館で挑戦者にMAO、葛西純を挑戦者に向け、ハードコア3WAYマッチでDDT UNIVERSAL王座の防衛戦に臨む佐々木大輔が葛西の名を連呼した。

 この日、同王座戦の前哨戦として、佐々木は藤田ミノルと組み、MAO、納谷幸男組と対戦。試合前、MAOがノーDQマッチを要求し、佐々木組が受諾した。試合はプラスチックケース、イスが飛び交う乱撃戦となったが、10分過ぎ、MAOがイスを手に場外の佐々木めがけてダイブするも納谷に誤爆。ここでセコンドのMJポーが乱入し、納谷にラリアット。さらに佐々木と藤田がダブル・スピアを敢行。納谷もなんとか踏ん張ったが、藤田が急所蹴り。佐々木のイス攻撃から、藤田が変型サムソンクラッチで丸め込んで3カウントを奪った。

 試合後、「反則ばっかしやがって。許さない」と言うMAOに対し、藤田がイス盛りの上にボディスラム。佐々木がイスを持ってダイビング・エルボーを食らわせると、MAOは大の字に。

 バックステージで佐々木は「あのクソガキ、何がノーDQだ。俺たちを誰だと思ってるんだ。俺たちは人生ノーDQだ。テメェに用はない。葛西はどこに行った? 両国は葛西純だよ。5年ぶりにまたハードコアで葛西純をたたきのめす」と不敵に語った。

 MAOは「反則ばっかりしやがって。俺は佐々木大輔を許さない。こうなったら、両国でとことんやってやろうじゃないか」と吐き捨てた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る