長与千種からフォールを奪ったHカップ&Gカップグラドルレスラーがタッグ王座挑戦&二冠王を宣言!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 7日、東京都・後楽園ホールにてスターダム『Road to YOKOHAMA DREAM CINDERELLA 2021 in Spring』が開催され、“COSMIC ANGELS”中野たむ&白川未奈&ウナギ・サヤカがアーティスト・オブ・スターダム王座の2度目の防衛に成功した。

 COSMIC ANGELS(以下、コズエン)とは、“宇宙一かわいいアイドルレスラー”中野たむが“Hカップグラドルレスラー”白川未奈と、“Gカップグラドルレスラー”ウナギ・サヤカとともに結成したユニット。
 当初はSTARS内で結成されたユニット内ユニットという形だったが、これがたむの独断行動であったため岩谷と対立。STARS内で冷戦状態にあったが、昨年12月にコズエンがアーティスト・オブ・スターダム王座(6人タッグ王座)を戴冠し、同月にはSTARSから初防衛に成功。満を持してSTARSから独立した。
 その後、ウナギは“試練の七番勝負”を課されるなど団体内外から期待を集め、たむは日本武道館でジュリアとの賛否両論を集めた髪切りマッチを制して悲願の白いベルト(ワンダー・オブ・スターダム王座)を戴冠して二冠王に。そして昨年末の試合中に鼻を骨折して離脱していた白川も日本武道館大会にて復帰し、ウナギとともにランブル戦ながら長与千種からフォールを奪う大金星を挙げるなど飛躍。この日は万全の体制で再びSTARSを迎え撃った。

 試合は序盤から復帰明けの白川が捕まる展開となり、キッドのスピード&飯田のパワーに苦戦。ウナギのサポートが冴え、白川&ウナギは2人で互角の形成まで持ち直し、たむと岩谷のリーダー一騎打ちの局面を作り出す。
 たむは気迫のエルボーを連打していくが、岩谷は氷のような冷たい表情で上から容赦のないエルボーを打ち下ろしていきたむがダウンする場面も見られた。終盤にはたむがSTARSの集中砲火を浴び、3人のが合体フェイスクラッシャーからキッちゃんボムを被弾して大ピンチに。しかし白川が決死のダイビングチョップで救出し、たむがキッドの後頭部へのバイオレット・シューティングを突き刺し、コズエン3人で同時踵落とし。そして最後はたむがタイガー・スープレックス・ホールドでキッドを沈めた。

 2度目のアーティスト防衛を果たしたコズエンの元へ、この日行われたアーティスト次期挑戦者決定戦を制した“Queens Quest”渡辺桃&AZM&上谷沙弥が登場し、両組はにらみ合いながらマイク合戦。両組の王座戦は今月26日の後楽園ホール大会で行われることが決まった。

 そして、ウナギは「私と、みなちゃんで、ゴッデスに挑戦したいと思います。7番勝負も終わりまして、武道館もオールスターランブルも優勝したので、ただいま天下無双の修羅モードに突入しておりますので、どんどん新しいものに挑戦していきたいと思います!」と白川とともにひめか&舞華の持つゴッデス・オブ・スターダム王座(タッグ王座)への挑戦を宣言。
 白川も「私もこの2ヶ月の間にニュータイプに覚醒しちゃったんで。どんどんどんどん、強くなっていきますよ。そして大好きなひめかが持ってるゴッデスのベルト、彼女から剥がしたいと思います!」と気炎を上げた。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る