秋山準が2戦目で「D王」初白星を挙げ、対戦相手の勝俣瞬馬を「準烈」に勧誘!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 22日の「D王 GRAND PRIX 2021」開幕戦(東京・後楽園ホール)でのBブロック公式戦で遠藤哲哉に敗れ、リーグ戦黒星スタートとなった秋山準が28日の成増大会で勝俣瞬馬を破り、2戦目で初白星。勝俣を評価する秋山は試合後、自身が属するユニット「準烈」に勧誘した。

 秋山は前日に登場した“スーパーハードコア”勝俣のトレードマークでもある、ブロック玩具付きバットを持って入場し、陽動作戦に出た。よもやの奇襲を仕掛けた秋山はビッグブーツを見舞い、スクールボーイ、ラ・マヒストラルで立て続けに丸め込むもカウントは2。試合は場内外で繰り広げられ、秋山はパイルドライバー、逆エビ固めなどで厳しい攻めを見せるも、勝俣も負けじとミサイルキック、ストゥーカ・スプラッシュで応戦。秋山が顔面へのヒザ蹴り連打から、必殺のエクスプロイダーを繰り出すも、これを返した勝俣は場外へエスケープ。秋山が追いかけると、脱兎のごとくリングインし、エプロン上の秋山にドロップキック。さらにプランチャを決め、場外でDDTを一閃。場外カウントが進むなか、秋山がボディスラム。それでもリングに戻ろうとした勝俣に蹴りを見舞った秋山がカウント19でリングに滑り込み、リングアウト勝ちを収めた。

 バックステージで秋山は「やられる前に早めに終わってやろうと思ってたけど、アイツもいろいろ考えてただろう。まあおもしろかったよ。アイツもいろいろ考えてくるし、小さいけどおもしろい。この前、『俺が竹下(幸之介)に勝ったら、オマエは俺のチームに来い!』と言って。アイツは『俺に勝ったら、サウナ部に入れ』とか言ってるけど、今日負けたんだから来いよ。俺がもっといいレスラーに育ててやる。うまく作戦立てて、立ち回れるレスラーに育ててやる。今以上に。来た方がいいと思うよ。いろいろ考えて、俺にも臆することなくくるし、俺のとこに来たら、教えることがたくさんある。今の『オールアウト』にいるより、全然いいと思うから、来い。甘いささやきだ」と勝俣を評価して勧誘した。

 さらに、秋山は「(エクスプロイダーで)決まったと思ったけど、まだアイツも考えてたことがあったんだろう。普通はエクスプロイダーを食らわないように考えるんだけど、アイツは食った後のことも考えてるってことは、そこには負けないってことだから。よく考えろ。『オールアウト』にいる方がいいのか、俺の元に来るのがいいのか」と続けた。

 公式戦3連敗となった勝俣は「つらい結果になってますね。リーグ戦は残り3人。ここから巻き返していかないと優勝はない。3勝すれば可能性ある? 秋山準がブロックバットを持ってきて、入場してきたときから、考えてたことが一気に狂ってしまった。俺が得意とする丸め込みをやってきて、最初からやられたなと思った。これがうまさなんだな。何があっても、どんな汚い手を使ってでも勝ちたかった。でも経験の差もあったし、頭の回転が速いというか、僕が考えてきたことより先を、その場で思いついてやってるんだな。やられました」と反省の弁。

 秋山から勧誘を受けたことについて、勝俣は「ありがたい。(11・3)大田区前に、『竹下に勝ったら、勝俣を『準烈』にくれ!』と言ってくれて、うれしいですね。秋山さんの元でプロレスをしてみたい気持ちが芽生えてしまってる部分はある。だけど、昨日の彰人さんのマイクも、竹下さんもそう。『オールアウト』で景色をまたどんどんつくっていかないといけないから、『オールアウト』にいるけど。でも、秋山さんに言われたら、迷ってしまう」と揺れ動く胸中を明かした。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る
×