【試合詳細】7・12 新日本プロレス大阪城ホール大会 【IWGPヘビー&IWGPインターコンチ】内藤哲也vsEVIL 【IWGPタッグ】棚橋弘至&飯伏幸太vsタイチ&ザック・セイバーJr 【NEVER】鷹木信悟vsSHO

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『DOMINION in OSAKA-JO HALL』
日程:2020年7月12日(日)
開始:15:00
会場:大阪城ホール
観衆:3,898人

▼6人タッグマッチ 20分1本勝負
真壁刀義/本間朋晃/●ゲイブリエル・キッド
9分25秒 ナガタロックII
○永田裕志/小島聡/田口隆祐

▼6人タッグマッチ 20分1本勝負
石井智宏/矢野通/●辻陽太
10分15秒 逆エビ固め
[L.I.J]SANADA/○高橋ヒロム/BUSHI

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
天山広吉/マスター・ワト/●上村優也
9分44秒 ピンチェ・ロコ→体固め
[鈴木軍]○エル・デスペラード/金丸義信(フリー)/DOUKI(フリー)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
[CHAOS]オカダ・カズチカ/●後藤洋央紀
9分42秒 ピンプジュース→片エビ固め
[BULLET CLUB]○高橋裕二郎/石森太二

▼NEVER無差別級選手権試合 60分1本勝負
【王者/L.I.J】○鷹木信悟
20分7秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め
【挑戦者/CHAOS】●SHO
※第29代王者が2度目の防衛に成功

▼IWGPタッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組/ゴールデン☆エース】●棚橋弘至/飯伏幸太
28分43秒 天翔ザックドライバー→エビ固め
【挑戦者組/鈴木軍】タイチ/○ザック・セイバーJr.
※第86代王者組が初防衛に失敗。タイチ&ザックが第87代王者組へ

▼IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル ダブル選手権試合 60分1本勝負
【第70代IWGPヘビー級&第24代IWGPインターコンチネンタル王者/L.I.J】●内藤哲也
38分1秒 EVIL→片エビ固め
【挑戦者/NJC 2020優勝者/BULLET CLUB】○“キング・オブ・ダークネス”EVIL
※第70代IWGPヘビー級王者が2度目の防衛に、第24代IWGPインターコンチネンタル王者が3度目の防衛に失敗。EVILが第71代IWGPヘビー級&第25代IWGPインターコンチネンタル王者へ。

EVILがディック東郷をパレハに引き込み内藤からIWGP二冠を奪取!ヒロムがEVILのベルトに挑戦表明!タイチ&ザックがIWGPタッグ王者へ!鷹木がNEVER王座防衛に成功!

第1試合

 先発はキッドと田口。グラウンドの攻防からキッドがバックを取りスリーパー。田口はそのまま転がりロープを掴みブレイク。
 リストの取り合いからキッドが捻り上げて寝かせるとアームバー。田口は足を刈って切り返すとヘッドロックで捕らえるが、キッドはヘッドシザースで抜けていく。田口もヘッドシザースで抜けてお互い足の刈りあいからフォール合戦も両者すぐに抜けて距離をとる。両者タッチ。

 小島と本間がロックアップから小島がヘッドロックで捕らえショルダータックル。本間が2発受けきるとショルダータックルのぶつかり合いになるが、小島はサミングからショルダータックルで倒す
 本間もお返しとばかりにショルダータックルで倒し小こけしを投下するが、小島は避けてストンピング連打。小島は永田にタッチ。

 永田はガットショットからエルボー。コーナーに振って串刺しビッグブーツから首投げで倒しスリーパー。これを離すとストンピングから首元にエルボーを落としストンピング。永田は小島にタッチ。

 小島と永田はロープに振ってダブルのショルダータックル。小島がストンピングからコーナーに叩きつけてマシンガンチョップ。だが本間が体勢を切り返しマシンガンチョップ。小島も受けきると体勢を切り返しマシンガンチョップからコーナーに振って串刺しエルボーから行っちゃうぞバカヤローエルボーを投下。フォールも2。
 小島は田口にタッチ。

 本間はエルボー連打も、田口は脳天唐竹割りを連発。だが本間はDDTで突き刺し小こけし。しかし田口は避けて電動小こけしを投下。本間は避けて本家小こけしを投下し真壁にタッチ。

 真壁は田口と小島をコーナーに振って往復串刺しラリアットから、コーナーに登り田口にナックルパート。さらにノーザンライトスープレックスホールドも2。
 真壁はロープに飛ぶが、田口は追走してのヒップアタックを叩き込んで永田にタッチ。

 永田はミドルキック連発も、真壁はキャッチし足へのエルボーからロープに飛ぶが、永田はカウンターのエクスプロイダー。真壁はすぐに立ち上がりラリアットも、永田が避けると逆の腕でショートレンジラリアット。両者ダウン。真壁はキッドにタッチ。

 キッドはエルボーからコーナーに振って串刺しショルダータックル。さらにロープに飛んでショルダータックルで倒しフォールも2。
 キッドが投げようとするが永田は脇固めで捕らえる。これは本間がカット。
 真壁が永田にエルボーからコーナーに振りトレイン攻撃。キッドのドロップキックが決まりフォールも2。
 キッドは逆エビ固めで捉えるが田口がカット。
 エルボーの打ち合いからキッドがエルボーを連打しビンタ。永田がロープに振ってキチンシンクからミドルキックで倒しフォールも2。
 永田はエクスプロイダーで投げ捨てナガタロックIIでギブアップを奪った。

<試合後コメント>
永田裕志&小島聡&田口隆祐
永田「まあ、そんなに出番もなく、その中でゲイブが僕に目を剥いてきましたけど、それは大変いいことではあるけど、まだまだ僕の敵ではなかったですね。俺の敵はどこ行ったんだろ?オレを目の敵にしてたヤツはどこ行ったんだ? 早く殴りに来いよ。返り討ちにしてやるから」
田口「昨日、今日とやって、皆さんがプロレスの再会を待ち望んでくれたんだなってことがすごく伝わってきました。まあ、大声での応援はおやめくださいというお願いがあるんで、声を出して応援したいけど声を出せないっていう感じもすごい伝わってきました。まあ昨日も言いましたけど、大きい声で応援はできない状態ですけども、思わずね、『オーッ!』とか『ワーッ!』って声が出てしまうような素晴らしい動き、試合を見せていきたいと思います。しばらくの間はそういう状態が続くと思いますけども、そういう試合を心がけていきますで、ぜひ会場に見に来てください。ありがとうございます」
小島「この2日間、大阪城ホールという大きな会場でできたことを本当に嬉しく思います。入場してから試合開始するまでのほんの数分間。そして試合が終了して退場するまでのほんの数分間。それだけで俺は全部のお客さんを見渡したつもりです。もう顔は、ほとんど覚えてる。それぐらい印象深いこの2日間だったから、プロレスラーとしても必ず糧になる、ほんとに大切な2日間になりました。本当にプロレスラーでよかった。それだけです」

――「いっちゃうぞ。バカ野郎!」の大合唱を懐かしく感じてるんじゃないですか?
小島「そうですね。それはそれでね、自分自身に言ってることでもあるから。それはそれでいつか、言ってもらえる時が来たら言ってもらって構いません。ほんとにそういうものを含めて、すべてのことに対してプロレスっていうものをね、改めて考え直すいい時間になっています。今もなってます。この先、自分がプロレスラーとして息が続く限りはこの、今回のこのことは一生思い続けて、プロレスラーをやっていこうと思います」

真壁刀義&本間朋晃&ゲイブリエル・キッド
真壁「あー、クソ! 2連発で2連勝しなきゃいけねぇな。まあ、挙げることとしては、ゲイブリエルの負けん気の強さ、いいじゃねぇの。ああじゃなきゃ相手も燃えてこねぇ。俺たちも燃えてこねぇ。ひとつだけ。試合は負けたけど、ゲイブリエルは結果残したんじゃねぇか? 俺はそう思ってるよ。ただだ。俺たちが負けちゃいけねぇ。俺たちが負けちゃいけねぇ」
本間「昨日、大事件がこの大阪城ホールで起きた。まさかだよ。まさかあいつが、あっちに行くなんて。やっぱ、あいつは追い込まれてた。追い込まれた人間はやっぱり何しでかすかわかんないし、あとはやっぱり、自分から行動しなかったら、なんも変わんねぇ。それ、勉強させられた。俺だって落ちるところまで落ちてんだ。俺は、俺なりのやり方でやらせてもらう。絶対このままで終わんねぇからな」
キッド「一つ言わせてくれ……。俺は本気だ。永田裕二、鈴木みのると決着が付いたら、次は俺があなたを待ち構えている。イジョー」

第2試合

 先発は矢野とSANADA。矢野はさっそくコーナーを外そうとするがSANADAがカット。矢野はSANADAをコーナーに振ってコーナーマットを外そうとするが、ヒロムがこれを注意。SANADAが矢野の背後からラリアットも、矢野は避けて逆コーナーのマットを外す。だがSANADAが背後から殴りかかりローリングクレイドルも2。
 矢野は目を回すが、そこへBUSHIがエプロンからエルボーを打ち込みSANADAがパラダイスロックを狙うが、矢野はロープを掴みブレイク。
 SANADAはストンピングからロープに振ろうとするが、矢野が髪を掴んで引き倒し辻にタッチ。

 辻はエルボー連打から投げようとするが、耐えたSANADAに再度エルボーから担ぐも、着地したSANADAとバックの取り合い。SANADAがバックエルボーからロープに飛んでエルボーも、避けた辻がショルダータックルで倒しボディスラム。さらに逆エビ固めを狙うが、SANADAはロープを掴みブレイク。
 辻が逆水平チョップ連発からロープに飛ぶが、SANADAはカウンターの低空ドロップキック。
 BUSHIが辻にストンピング、SANADAが矢野をロープパラダイス。さらにSANADAは辻の足を刈ってパラダイスロック。SANADAは辻の尻に低空ドロップキックを打ち込み、吹っ飛んだ辻が矢野に直撃。
 SANADAはヒロムにタッチ。

 ヒロムはチョップ連発からチョップの打ち合い。打ち勝ったヒロムが金具がむき出しのコーナーに叩きつけ、引き起こすとチョップからBUSHIにタッチ。

 BUSHIはチョップ連発からネックブリーカードロップ。フォールも2。
 BUSHIは顔面を蹴りつけていくが、立ち上がった辻がエルボー連発。BUSHIがエルボーを返しロープに飛ぶが、辻はカウンターのボディスラム。さらにカットに来たヒロムにもボディスラム。辻は石井にタッチ。

 石井はBUSHIに走り込むが、BUSHIは足を伸ばしてカットしようとするが、石井は構わずラリアット。石井はチョップ連発から逆コーナーに振り走り込むが、BUSHIは足を伸ばしてカットしミサイルキックからウインドミル。BUSHIはエルボー連打も石井はヘッドバッドからロープに飛ぶが、BUSHIはカウンターのドロップキック。だが石井は動じずラリアットで倒し、スワンダイブで飛び込んできたSANADAも避けて突き飛ばすと、矢野がSANADAにマンハッタンドロップからシーソーホイップで金具がむき出しのコーナーに叩きつける。だがBUSHIが矢野を金具がむき出しのコーナに突き飛ばし、石井のラリアットも避けて延髄斬りからライトニングスパイラルを狙うが、切り替えした石井が投げようとするがBUSHIは切り替えしてライトニングスパイラル。BUSHIはヒロムにタッチ。

 ヒロムはエルボーから石井の顔面をロープに乗せてロープを蹴り上げると、ロープに飛んでジョン・ウー。ヒロムはコーナに振って串刺しラリアットからロープに飛ぶが、矢野が場外から足を掴んで倒すと髪を掴む。石井がロープに飛ぶがSANADAが石井を羽交い締めにし、ヒロムがそこへ走り込むが石井が避けてSANADAに誤爆。石井もヒロムに走り込むがヒロムが避けて矢野に誤爆し、両者走り込むと石井がバックドロップで叩きつけ両者ダウン。石井は辻にタッチ。

 辻はロープに振ってドロップキック。辻はコーナーに振って串刺しジャンピングエルボーからショルダータックルで倒し、さらにブレーンバスターからフォールも2。
 辻は逆エビ固めもヒロムはロープを掴みブレイク。
 辻はコーナに振って串刺し攻撃も、ヒロムが避けてBUSHIとSANADAがトレイン攻撃。さらにトライアングルドロップキックからフォールも矢野がカット。
 ヒロムは担いでいくが辻が丸め込むが2。
 辻はビンタからロープに飛ぶが、ヒロムはラリアットも避けた辻にトラースキック。フォールも2。
 ヒロムは逆エビ固めでとらえ辻はこれでギブアップ。

<試合後コメント>
辻陽太
辻「高橋ヒロム、アンタはものすごく魅力的なレスラーだ。ほかの誰がいようと、アンタがリングの上に立ってると、すべての注目をアンタが集めてしまう。今日だってそうだ。俺は、アンタが持つ(IWGP)ジュニアヘビー級チャンピオンのベルト、それには興味はない。俺はヘビー級の選手だから。でも、高橋ヒロム。あなたとはもっともっと闘いたい。ヘビーとかジュニアとかそういうのじゃなくて、1人のレスラーとしてあなたは魅力的すぎる」

※石井、矢野はノーコメント
※SANADA、ヒロム、BUSHIはノーコメント

第3試合

 天山たちが急襲し場外乱闘で試合開始。リングでは天山がDOUKIにサミングからチョーク攻撃。これを離すとストンピングからロープに振ってラリアットで倒す。天山はワトにタッチ。

 ワトと天山はロープに振ってダブルのショルダータックル。フォールも2。
 ワトはミドルキックからロープに飛ぶが、エプロンから金丸が蹴りつけると、DOUKIがミドルキックからチョップを打ち込む。ワトがロープに振ってドロップキックを叩き込むと天山にタッチ。

 天山はストンピングからモンゴリアンチョップ連発で倒す。天山はロープに飛んでいくが、場外からデスペが足を掴んで引きずり落とし、そのまま場外乱闘へ。
 リングに戻ると金丸が天山の顔面を踏みつけストンピング連打からデスペにタッチ。

 鈴木軍で天山にストンピング連打から顔面を踏みつける。デスペはサミングから顔面を踏みつけDOUKIにタッチ。
 DOUKIは首投げからロープに飛んで低空ドロップキック。フォールも2。DOUKIは金丸にタッチ。

 金丸は頭頂部にエルボーからケンカキック。さらに投げようとするが、耐えた天山がブレーンバスターで叩きつける。DOUKIが天山にストンピングからサミング。ロープに飛ぶが天山はニールキックで迎撃しワトにタッチ。

 金丸がワトのボディにエルボーからサミング。DOUKIとダブル攻撃を狙うが、避けたワトがDOUKIにハイキックから金丸にソバット。さらに場外に逃げた二人へトルニージョを投下。
 リングに戻り、ワトは金丸にスワンダイブエルボースマッシュからフォールも2。
 金丸はサミングもワトはソバット。ワトはロープに飛ぶが金丸はガットショットから延髄斬り。さらにリバースDDTからフォールも2。
 ワトは左右のローキックから裏拳。ロープに飛ぶが金丸がカウンターのドロップキックを叩き込む。金丸はデスペにタッチ。

 ワトがチョップを打ち込んでいくが、デスペはサミングからロープに飛ぶがワトはカウンターのレッグラリアート。ワトは上村にタッチ。

 上村はショルダータックルからエルボー連打。さらにエルボースマッシュを叩き込みロープに振ってドロップキック。
 上村はコーナーに振ってトレイン攻撃からワトがトルネードキックからその場飛びムーンサルトダブルニードロップを投下し上村がフォールも2。
 上村はかんぬきスープレックスを狙うが、耐えたデスペがヘッドバッドで抜ける。上村はバックを取るがデスペが逆にバックを取るも上村が丸め込むが2。
 上村はランニングエルボーからロープに飛ぶが、デスペはレフェリーを盾にして逃れるとナックルを叩き込んでピンチェロコ。これで3カウント。

<試合後コメント>
エル・デスペラード&金丸義信&DOUKI
デスペラード「オイ、なんてったっけ? あの不細工。髪が青いだけの、海外行って何も残してないくせに、調子に乗りやがって、のぼせやがって。勉強し直せ。おまえの相手は、すべての先生だ」
金丸「オイ、髪青くして、ケツも青いじゃねえかよ、アノヤロー。オイ、あいつにな、勝とうが負けようが、どうでもいいわ。あんなヤツに勝ったって、なんのプラスにもなんねえ。オイ、あいつがよ、海外から帰って、これからどんな経験するかわかんねえけど、その最初の男になってやるよ。オイ、またな。よく覚えとけよ」
DOUKI「ヒールマスターがこうやって言ってるけどな、俺も終わっちゃいねえぞ。オイ、マスター、いつでもお前の足、すくってやるからな」

天山広吉&マスター・ワト&上村優也
天山「あぁ~、クソ。マジか…!? いや~、今日はね、昨日の今日で、せっかくのマスター・ワト。これを昨日、助けて。なんていうのかな? もう体が勝手に動いて。
『彼のことほっとけへんな』って思ったっていうのがね、一番大きくて。で、昨日の今日、そしてマッチメイクされたけども。やっぱ俺が見抜いただけのことあるというかね。マスター・ワト、メチャクチャいいモノ持ってるんやけど。今日はたまたま、上村もガンガン行って、ガンガン向かって行って、もうちょっとで行けるっていうトコ、俺らがヘルプできなかった。そのせいですけどね。ただやっぱり、若い選手、ワトにしても、上村にしても、バンバン伸び盛り、伸びしろ、可能性というのはすごいからね。俺なんかもうここで止まってるけど。彼らはもうそこからガンガン上がって行くしかないから。下がるトコなんてないよ。その可能性やったら、俺はね、マスター・ワト、メチャクチャ期待してる。だからこそ俺、昨日も出て行って。『何かヘルプできひんかな』って。咄嗟の判断でしたけども。その判断に、俺の目に狂いなかったって思わせてくれる素材やから。彼はもうこれからどんどん伸びるって可能性、メチャクチャ持ってる。そこをなんとか…オッケー、マスター・ワト。大丈夫か!?」
ワト「大丈夫です」
天山「鈴木軍、あいつらね、悪いことばっかりしやがって。ふざけんな」
ワト「ホンマ、ふざけんなよ。金丸マジで許さんからな、お前。ホンマに。な!? ふざけやがって」
天山「本気でキレたら、こいつ怖いよ!? あんなモンじゃないって。なあ!?」
ワト「ホンマ、本気でキレたら吹っ飛ばしてやるからな」
天山「言ってやれ、言ってやれ」
ワト「天山さんとな、俺が、鈴木軍ブッ飛ばしてやるよ、お前」
天山「俺がいたらなんの心配もいらんぞ。安心してガンガン向かって行こう」
ワト「ガンガンガンガン向かって、金丸義信、お前の首、吹っ飛ばしてやるよ。ふざけやがって」
天山「吹っ飛ばすだけちゃうぞ。粉々にしてやるからな。金丸であろうが、デスペラード、DOUKI!? クソッタレ連中が。三下ボンクラ野郎がな。お前らにはこいつの可能性わからんやろ!? ガンガンいったるって。見とけよって。サシで勝負してもやるな? ガッチリ」
ワト「やったる。本気でもう強いところを見せつけたるわ。マスター・ワトが1番強いってことを証明してやりますよ」
天山「オッケー、上村!」
上村「ハイ」
天山「オッケー。大丈夫か?」
上村「ハイ」
天山「上村はもうどんどん下から這いあがってんねんやから。あそこで挫けたらアカン。向かって行く気持ちを、絶対それを忘れるなよ?」
上村「ハイ!」
天山「相手がどんなヤツであれ、汚い手使ってきても、自分の信じた力を信じろ」
上村「ハイ」
天山「しっかりと、上を見て、前を見て、進めよって」
上村「ハイ!」
天山「オッケー、上村」
上村「ありがとうございました!」
天山「オッケー、頑張れよ! マスター・ワトや。メチャクチャこっからの、どんだけ上がるか? メチャメチャ楽しみですよ。オッケー。決めたれ、オラ」
上村「今日も負けてしまいましたけど、ぜんぜんやり足りないですね。別に海外から帰って来た先輩に花を持たすとか、そういう気持ちはこれっぽっちもないんで。毎日、僕は、第1試合からメインイベントまでの中で『俺が1番目立ってやろう』って、『勝ってやろう』っていう気持ちでやってるんで。当然、負けは悔しいですけど、これからまたライバルが増えたなっていう。ワトさんを見てそう思いました。あとひとつ言いたいことがあったんですけど、今日、鈴木軍とせっかく当たったのに、ボスがいなかったですね。いままでやられてきた借りは、忘れてないんで。あの人の目が、いまどこに向いてるか知らないですけど、そんなの関係ないです。僕はしつこいんで。アンタが殴りたいって思うまで、僕はしつこく行きますよ。また早く帰って来て下さい。ありがとうございました」

第4試合

 
 オカダが裕二郎を挑発。だが先発はオカダと石森に。
 リングを回るが裕二郎が背後からオカダにエルボーを叩き込み、石森と交互にエルボー。ロープに振るが、オカダは石森を蹴り上げ、裕二郎を突き飛ばして石森に叩きつけると裕二郎にDDT。そのまま場外乱闘へ。
 裕二郎がラフファイトでオカダを痛めつけリングに投げ入れると石森がフォールも2。再度フォールも2。再々度フォールも2。

 石森は首を痛めつけながら裕二郎にタッチ。

 裕二郎は首投げからエルボー。さらにマウントナックルからロープに飛んで低空ドロップキック。
 裕二郎はロープに押し込みビッグブーツ。フォールも2。
 裕二郎は石森にタッチ。

 石森はフロントネックロックから顔面に膝を叩き込み、グラウンドフロントネックロック。フォールも2。
 石森は首を痛めつけていくが後藤がカット。
 オカダは石森のボディにエルボーも、石森は膝蹴り。オカダがロープに振るが、石森はハンドスプリングもオカダがキャッチ。石森は逃れてロープに飛ぶが、オカダはカウンターのフラップジャックから後藤にタッチ。

 後藤はショルダータックルで倒し、ブレーンバスターを狙うが石森は切り返しロープに飛ぶ、後藤は追走してラリアットでなぎ倒すと、エルボー連打でコーナーに押し込み、逆コーナーに振って村正。更にバックドロップで叩きつけてフォールも2。
 バックの取り合いから石森が丸め込みトラースキック。石森は裕二郎にタッチ。

 裕二郎は串刺しビッグブーツ。後藤がコーナーに振って走り込むが、足を伸ばしてカットした裕二郎がロープに飛ぶと、カットしようと伸ばした後藤の足をキャッチしこけさせると、低空ドロップキックからリバースDDT。フォールも2。
 裕二郎はフィッシャーマンの体勢も、耐えた後藤がボディに掌底からブレーンバスターを狙うも石森がカット。
 コーナーに振っていくがオカダが石森にビッグブーツから裕二郎をロープに振ってドロップキック。さらに石森にエルボースマッシュから場外に投げ捨てていく。オカダは場外に追っていくが、外道がレンチでオカダを襲撃。

 リングでは後藤が裕二郎に牛殺しから投げようとするが、石森がバッククラッカーでカットしブラディークロス。さらに裕二郎がピンプジュースで突き刺し3カウントを奪った。

 裕二郎はリングに投げ入れられたオカダもピンプジュースで突き刺し、ニヤリと笑ってリングをあとにした。

<試合後コメント>
高橋裕二郎
裕二郎「オカダ、お前は超人なんかじゃねーよ。ただの人間だよ? 人間だったらよ、ちゃんと言い訳してみろよ。なんでお前は、言い訳しないんだ? 昨日のEVILとの試合の介入。そして、6年前のAJとのタイトルマッチ、その時のオレの介入。お前はよ、どっちも俺の介入に対して言い訳しなかったよな。そういうとこがよ、俺はよ、お前のことが大っ嫌いなんだよ。わかるか、オイ? お前はよ、俺の位置までよ、引きずり落としてやるよ。これ、マジ」
※石森はノーコメント

第5試合

 ロックアップから鷹木がヘッドロックで捕らえショルダータックル。SHOは受けきりショルダータックルも鷹木も受け切る。鷹木はガットショットからコーナーに振るが、SHOがショルダータックル連発。さらにエルボーからロープに飛んでショルダータックルの打ち合い。これをSHOが打ち勝ち倒すと、ラリアットも避けてブレーンバスター。フォールも2で返されると腕ひしぎを狙う。これは鷹木がロープに足を伸ばしブレイク。

 場外に逃れた鷹木へSHOがエプロンを走り込んでサッカーボールキック。そのまま場外に降りてエプロンに引き上げると投げ捨てジャーマンを狙うが、鷹木はロープを掴んで耐えると担ぎ上げるが、SHOはリングに着地し水面蹴りで倒すとドロップキックで場外に吹っ飛ばす。

 SHOはロープに飛ぶが鷹木はリングに走り込みショルダータックルで倒し場外に投げ捨てる。そのまま場外で鷹木が鉄柵に叩きつけていく。
 リングに戻り、鷹木がブレーンバスターからフォールも2。
 鷹木は首へのエルボーから顔面を蹴り上げていく。SHOは立ち上がると首投げからサッカーボールキック。さらにエルボー連発からエルボー合戦。SHOがエルボー連打も鷹木がダブルチョップで吹っ飛ばし、ロープに振って追走ニーからロープに飛ぶが、SHOはスピアーも鷹木はキャッチしDDT。鷹木はスライディングエルボーも、避けたSHOがスピアーを突き刺す。
 SHOはショルダータックルから串刺しラリアット。鷹木はコーナーに振るがSHOは走り込んでラリアットでなぎ倒す。
 SHOはロコモーションジャーマン・スープレックスも、3発目を耐えた鷹木にガットショットからロープに飛ぶが、鷹木は追走するもSHOは避けてジャーマンスープレックスホールドも2。

 SHOは腕をクラッチして捻り上げていき、ショルダーアームブリーカー。鷹木のラリアットもラリアットで撃ち落としロープに飛ぶが、鷹木はエルボーで迎撃しナックルからショートレンジラリアットでなぎ倒す。
 鷹木はバックドロップからフォールも2。

 鷹木は熨斗紙を狙うが、耐えたSHOをコーナーに振るとSHOは足を伸ばすが、キャッチした鷹木がショートレンジラリアットからコーナーに走りこむが、SHOが追走串刺しラリアットからロープに飛んでラリアット。避けた鷹木がバックドロップも、SHOもすぐに立ち上がりジャーマン・スープレックス。両者ダウン。

 SHOがロープに走るが鷹木がエルボーで迎撃しナックルからロープに飛ぶが、SHOがラリアットでなぎ倒すもすぐに立ち上がった鷹木がラリアット。だがSHOも立ち上がりトラースキック。両者ダウン。

 膝立ちでエルボーの打ち合いから、ショートレンジラリアットの受け合い。鷹木がロープに飛ぶとSHOがジャンピングニー。だが鷹木はラリアットでなぎ倒し、スライディングラリアットから熨斗紙。フォールも2。

 鷹木は担ぐもSHOが着地しバッククラッカー。走り込んできた鷹木にカウンターのパワーボムから、再度担いでラストライド式バッククラッカー。SHOがロープに飛んでラリアットからフォールも1。

 SHOはぶっこ抜きジャーマンスープレックスホールドも2。

 SHOはショックアローを狙うが、耐えた鷹木がリバース。
 SHOが背後からラリアット。だが鷹木はエルボー連打からビンタを叩き込み左右のエルボー。SHOが強烈なエルボーから左右のエルボー連発。さらにショートレンジラリアット3発からロープに飛ぶが、鷹木が追走ラリアットからラリアットの相打ち。SHOのラリアットをキャッチした鷹木が膝蹴りからソル・デ・ハポン。さらにMADE IN JAPANを叩き込みフォールも2。

 鷹木はパンピングボンバーでなぎ倒しフォールも1。
 鷹木は担ぐがSHOは胴締めスリーパー。さらに腕ひしぎから三角締めも、鷹木はバスターを狙うがSHOがクロスアーム式のショックアローからフォールも2。

 SHOはショックアローを狙うが、耐えた鷹木の腕へのサッカーボールキックから走り込むが、鷹木が担ぐもSHOは引き込み腕ひしぎ。鷹木は潰してフォールも、2でSHOが腕を伸ばして腕ひしぎ。そのまま三角絞めも、鷹木はバスターを狙うかに見せてデスバレーボム。SHOは立ち上がると左右のビンタ連発。鷹木はナックルからヘッドバッド。SHOは倒れずサッカーボールキックを叩き込むが、鷹木はこれをキャッチしロープにSHOの足を乗せると鷹木式GTR。
 鷹木はラスト・オブ・ザ・ドラゴンで叩きつけて3カウント。

 花道を帰ろうとした鷹木をデスペラードが襲撃しベルトを奪うと、ベルトで鷹木の顔面を殴打。そのままベルトを奪い消えていった。

<試合後コメント>
エル・デスペラード
デスペラード「そこまでオレは律儀じゃないよ。待てと言われて、待つバカはいるか。えーとね、何かしゃべりたいことあったんだけど、忘れちまったよ、いろいろあってね。でも、言いたいことはわかるだろ? しゃべることは得意じゃないんで、こういうふうに行動で示しました。次の挑戦者って言っちゃっていいのかな? 挑戦者は私です。ちゃんとこういうふうにな、筋通したんだ。色よいお返事を待ってます……」

鷹木信悟
鷹木「ふざけんなよ。ふざけんなよ! デスペ、あいつ何がやりたいんだよ。何がやりてえんだ、あいつ。エエッ、いつもよ、鈴木軍じゃ、ボスにヘコヘコしてるくせに、エエッ、外じゃそんな態度か、コラ。オイ、お前、チャンピオンに対して、リスペクトがねえな、オイ、コラ。俺にやらせろ? バカ野郎。こんだけバテた試合して、ダメージボロボロで、あんなとこでKOして嬉しいか、コラ? オイ、まあ、それがいかにも卑怯なデスペらしいな。生の声で聞こえたぞ。『次はオレだ』? 当たりめえだ、この野郎! オイ、一難去ってまた一難。SHOだけじゃ終わらねえよ。デスペ、お前も完全に叩き潰してやる。潰し合いじゃねえぞ! 一方的に叩き潰してやる」

SHO
SHO「もっと…もっと…もっと強く! 強く生まれ変わって、出直してきます」

第6試合

 入場するなりガウンも抜かずに棚橋と飯伏が急襲。
 タイチをロープに振ってダブルのバックエルボーから棚橋がザックにガットショット。ザックもロープに振ってダブルのバックエルボー。場外に降りた鈴木軍へそれぞれプランチャを投下。
 リングに戻り、ザックへ棚橋がエルボーからボディスラム。さらにエルボードロップから飯伏がその場飛びカンクーントルネード。棚橋もセントーンを投下し棚橋はエアギター。棚橋は飯伏にタッチ。

 タイチが飯伏をスリーパーで捕らえ、ザックがビッグブーツからエルボースマッシュ。コーナーに振ってタイチが串刺しアックスボンバーも、飯伏は避けてザックにエルボーからタイチをフランケンで投げ捨てる。
 飯伏はザックにエルボーを打ち込んでいき、ミドルキックもザックはキャッチしヒールホールド。飯伏はロープを掴みブレイク。
 ザックはアンクルホールドでとらえタイチにタッチ。

 タイチは飯伏の顔面を踏みつけていく。タイチは首投げからサッカーボールキック。飯伏は睨みつけるがタイチはサミングからロープに飛ぶが、飯伏はドロップキックで迎撃し棚橋にタッチ。

 棚橋はエルボーからボディブローのコンビネーションでコーナーに押し込み、逆コーナーに振って走り込むがタイチは足を伸ばす。棚橋はこの足をキャッチしドラゴンスクリュー。カットに来たザックにもドラゴンスクリュー。
 棚橋はボディスラムからサンセットフリップを投下しフォールも2。
 棚橋はロープに飛ぶが、ザックがエプロンから蹴りつける。棚橋はザックをエルボーで吹っ飛ばすが、タイチはタッチロープで棚橋にチョーク攻撃。そのまま場外に引きずり出してチョーク攻撃を続ける。
 リングに戻り、タイチはチョーク攻撃を続けるがレフェリーから注意されて離すとザックにタッチ。

 ザックは変形極楽固め。これを離すとフロントネックロックで捕らえ首投げからネックツイスト。ザックはタイチにタッチ。

 タイチはチンロックで絞り上げ、ストンピングからザックにタッチ。

 ザックはラリアットを巻き込んで脇固めからネックツイスト。フォールも2。
 ザックは首4の字も棚橋はロープに足を伸ばしブレイク。
 ザックは顔面を蹴り上げていくが、棚橋は立ち上がるとエルボー連打。ザックもエルボースマッシュで返し、棚橋のラリアットを巻き込んで変形コブラツイスト。棚橋が切り返すとザックは腕へのオーバーヘッドキックを狙うが、その足をキャッチした棚橋がドラゴンスクリュー。棚橋は飯伏にタッチ。

 飯伏はスワンダイブミサイルキック。タイチにもエルボー連打からレッグラリアットで迎撃し、走り込んできたザックにパワースラムからセカンドロープに飛び乗りムーンサルト。フォールも2。
 飯伏はコンビネーションキックも避けたザックがエルボー。飯伏はオーバヘッドキックもザックはキャッチしアンクルホールド。切り替えした飯伏の腕にオーバーヘッドキックから水面蹴りで倒しタイチにタッチ。

 タイチはコツコツと顔面を蹴りつけ、ミドルキックを打ち込んでいくと、飯伏がゆっくりと立ち上がり強烈なミドルキック。
 ミドルキックの打ち合いとなり、タイチがソバットも飯伏もソバット。さらに飯伏が走り込むがタイチは避けて延髄斬り。
 タイチがアックスボンバーも、避けた飯伏へタイチがビッグブーツから聖帝十字陵。ザックがカットに来た棚橋に胴絞めフロントネックロックも、棚橋がテキサスクローバーで切り返していく。棚橋はこれを離してタイチにドラゴンスリーパー。さらに飯伏と棚橋はゴールデンブレード。ザックにもゴールデンブレードを叩き込み、飯伏はタイチにシットダウン式ラストライドからフォールも2。
 飯伏はカミゴェを狙うが、タイチは急所攻撃を狙うも飯伏はキャッチしカミゴェ。飯伏は改めてカミゴェを狙うが、ザックが飛び込み胴絞めスリーパー。タイチがハイキックからタイチ式ラストライドからフォールも棚橋がカット。
 タイチはパンタロンを脱ぎ捨て、天翔十字鳳を狙うが飯伏がキャッチ。飯伏はそのままお姫様抱っこからやり投げを狙うも、着地したタイチにハイキック。両者ダウン。飯伏は棚橋にタッチ。

 棚橋は走り込むが、タイチがバックを取るも棚橋は耐えるが、タイチは強引にバックドロップを狙うも棚橋はゼロ距離スリングブレイド。
 棚橋はスリングブレイドを狙うが、避けたタイチがエルボー。タイチは延髄斬りを叩き込みザックにタッチ。

 ザックはサッカーボールキックも棚橋はキャッチ。ザックはビンタ連発。棚橋もビンタを叩き込みロープに飛ぶもザックは丸め込もうとするが、棚橋がツイスト・アンド・シャウトからスリングブレイド。フォールもタイチがカット。
 棚橋はコーナーに上りハイフライフロー式クロスボディアタックもタイチが棚橋に天翔十字鳳。飯伏がタイチにトラースキックもザックが飯伏にザックドライバー。全員ダウン。
 棚橋がザックにスリングブレイドからハイフライフローもザックは剣山で迎撃しフォールも飯伏がカット。

 タイチが飯伏にアイアンフィンガー・フロム・ヘル。さらに棚橋にもアイアンフィンガー・フロム・ヘルを発射するが、避けた棚橋がビンタから走り込むが、タイチはカウンターのバックドロップ。
 タイチは棚橋の髪を掴んで引き起こすと、ザックが棚橋の両足へ左右の回転のドラゴンスクリューを執拗に打ち込む。
 ザックがエルボースマッシュからタイチが延髄斬り。ザックのザックドライバーとタイチの天翔十字鳳の合体攻撃を叩き込み棚橋から3カウント。

 場外で倒れる飯伏を強引にリングに投げ入れると、タイチのブラックメフィストとザックのギロチンドロップの合体技を叩き込んで改めてKOした。

<試合後コメント>
鈴木軍
金丸「じゃあ一発、乾杯いくか、乾杯」
デスペラード「いっちゃうぞ、早速」
タイチ「いま終わったばっかりなのに。冷えてんじゃねえか」
金丸「飲むしかねえだろ、ほら」
ザック「ZIMAか。2020年にピッタリの酒じゃないか」
金丸「バーッと、こんな時は」
タイチ「じゃあ、乾杯の音頭……」
金丸「誰だ?」
タイチ「乾杯の音頭、取ってくれ。こんなもんだ。いらねえんだよ、俺らに乾杯の音頭なんて。ただ飲みてえだけだ。飲みてから飲むだけだ」
金丸「ノド乾いちゃって仕方ない」
デスペラード「オイ、飲もうぜ」
タイチ「だから最初っから言ってんだろ。ザックが日本に残った時点で、この結果はもう決まってたんだよ。何回も言わせんな。こいつがそれほどの本気を持って、俺と組んでやってんだよ。その気持ちにこたえなきゃいけないな。そのために、心配でしょうがなかった母国によ、帰らずに残ってんだよ。その時点で結果は出てんだよ、最初から。5カ月も待たせやがってよ。何べんも言わすな、コラ。棚橋、飯伏……完璧だな。言ったよな、オラ。ワン・ツー・スリーじゃないって、ただの。破壊だ。客がいようといまいが。客がどう思おうと、どう思わないが、俺らのやりたいようにやっただけだ。せいせしたよ。そしてこんなオマケまでついてきてよ。棚橋、飯伏、もう俺にはおろか、俺に勝てるなんて一つもしねえだろ。な、強えだろ。潰してくれたザック。俺に勝てねえじゃん、お前ら。だから、お前ら得意のリマッチ権は受け付けません」
金丸&デスペラード「ハハハ」
タイチ「受け付けは終了しました。リマッチ権は」
ザック「リマッチ? 棚橋はもう終わった」
タイチ「そうだ。棚橋も飯伏も、もうフィニッシュだ。なんだ」
ザック「あいつらにリマッチの資格はないさ。もうタイチが2人ともまとめて片付けてくれた。新日本のリングに上がって3年目だが、IWGPの名のつくベルトを巻くのは初めてだ。タイチのおかげだ。日本を離れなくて正解だった」
タイチ「これぐらいの気持ちがねーと。そういう気持ちがあるから日本に残ってやってんだよ、ザックだってよ。見習え、ほかのバカ外国人。すぐ帰りやがって。いいか、俺とザック、俺とこいつらが中心になって、これが来た以上、俺らが中心になって、全部やってやるぞ。オイ今日、ぺだって鷹木のことぶん殴ったんだろ。鷹木ブーをぶん殴ったんだろ、お前」
デスペラード「それはあんまり覚えてない」
タイチ「もう少しでNEVERこっちに来る。なんだったらこの2人だってジュニアタッグやってもいいんだぞ」
金丸「なんでもやるぞ」
タイチ「俺らが中心になるぞ。とりあえず1本手に入った。俺、いつも言ってるだろ。2本、あきらめたわけじゃない。あと2本、よこせ。内藤、EVIL、どっちでもいい。1本来たら、あと2本。やるからな。俺ら、俺らが中心になって動かすんだ。な、ザック」
ザック「言っただろ、最強タッグチームは俺たちだと。5ヶ月の間リングに上がってなかったが、俺たちの勢いは落ちることがなかった。カンパイだ……」
タイチ「俺らが新日本プロレス率いてやる。これから始まりだ。このベルトが中心になるかもしれねえな」
ザック「今話題の中心はバレットクラブか。あいつらが何だって言うんだ?」
タイチ「なんだってやってやるぞ。リマッチは受け付けません。以上。オッ、次やるか?」
金丸「いいよ、俺は」
タイチ「弱いもんな、お前」
デスペラード「ハハハハハハ! 言うに事欠いて」
タイチ「いいよ、お前らと)やってやるよ。次はこの2人だ」
デスペラード「なんで? なんで?」
タイチ「簡単に勝てそうだから」
デスペラード「ハハハハハハハ! 俺どっちにつこうかな?」

棚橋弘至
棚橋「(大の字になり)…………こんなトコで終われねぇ…。もう1回やらせろ!! …って言う権利はあるよな?」
※飯伏はノーコメント

第7試合

 EVILはBULLET CLUBメンバーとTooSweetポーズをリングで行うが、BULLET CLUBのセコンドはレフェリーの指示でバックステージへ戻される。

 試合が始まるとEVILは場外へ降りてリングを回る。なかなかリングに戻らないEVILへ内藤がスライディングキックから場外乱闘へ。

 リングに戻り、内藤がストンピングから首へのエルボー。さらにロープを使ったキャメルクラッチで絞り上げ、髪を掴んでいくがレフェリーが注意しこれを離す。
 内藤はストンピングからフロントネックで捕らえると、EVILがロープに振るが内藤はロープを掴んでEVILの攻撃をスカす。だがEVILは走り込むとラリアットで場外に叩き出し、そのまま場外乱闘へ。
 EVILは机をセットするとダークネスフォールズを狙うが、耐えた内藤の膝を蹴り上げ、解説席のミラノが持っていたEVILのシックルペンライト(鎌グッズ)を奪うとそれをへし折る。ミラノがこれに怒りEVILに殴りかかるが、EVILはミラノを鉄柵に叩きつける。EVILは内藤を鉄柵に叩き込みリングへ戻ると、コーナーマットを外していく。

 リングに戻り、EVILは内藤の膝にストンピングから金具がむき出しのコーナーへ内藤を叩きつけ、再度同コーナーへ叩きつけるとストンピング連打からアンクルホールド。内藤はロープを掴みブレイク。

 内藤はチョップとエルボーを打ち込んでいくが、EVILは受けきり膝を蹴り上げる。EVILは投げようとするが、着地した内藤の膝を蹴り上げロープに飛ぶも、内藤は片足ドロップキックで迎撃。
 内藤はエルボー連打からロープに振ってバックエルボーから背中に低空ドロップキック。コーナーに振って串刺しドロップキックから水面蹴りで倒し振り子式ドロップキック。
 内藤はネックブリーカードロップからフォールも2。

 内藤は髪を掴んで引き起こすと、ラリアットを巻き込んでネックブリーカーからジャベで捕らえる。EVILはロープへ足を伸ばしブレイク。

 内藤はストンピング連打からジャーマンを狙うが、耐えたEVILが髪を掴んで引き倒す。
 EVILは顔を張って挑発していき、立ち上がった内藤の足をキャッチするが内藤がバックエルボーからマンハッタンドロップ。さらに腕を掴んでエルボーを連続で叩き込んでいく。
 EVILはロープに振ろうとするが、耐えた内藤が延髄斬り。避けたEVILが足を掴んで膝をリングに叩きつけていく。再度リングに膝を叩きつけ、エプロンに引きずると投げようとするが、内藤はバックエルボーからエプロンへのネックブリーカードロップ。
 内藤は机を担いで場外にセットするが、EVILがサミングで動きを止めると内藤を担いでエプロンから場外の机へ内藤の膝を叩き込みテーブルクラッシュ。
 EVILは内藤の膝へイスをセットし、そこへイスをフルスイングしようとするが、レフェリーが机の破片でガードし内藤を守る。

 カウント19で内藤がリングへ戻ると、EVILが膝へのストンピング連打。さらにサソリ固めで捕らえるも内藤はロープを掴みブレイク。

 EVILは膝へのストンピング連打から担ごうとするが、耐えた内藤の膝を蹴り上げると金具がむき出しのコーナーへ叩きつけてラリアットでなぎ倒す。フォールも2。

 EVILはダークネスフォールズで叩きつけてフォールも2。
 EVILはEVILを狙うが、耐えた内藤がビンタからエスペランサ。両者ダウン。

 膝立ちでのエルボーの打ち合いを内藤が制し、内藤がエルボーを打ち込んでいくがEVILは膝を蹴りつける。内藤は構わずエルボー連打もEVILはサミング。EVILはロープに振ろうとするが、内藤はロープを駆け上がってのスイングDDT。
 内藤は担ごうとするが、耐えたEVILに浴びせ蹴りからグロリア。フォールも2。

 内藤はデスティーノを狙うが、EVILはコーナーに叩き込もうとするも、内藤は体勢を切り返し金具がむき出しのコーナーにEVILを叩き込む。さらにコーナトップに座らせると雪崩式フランケン。
 内藤は走り込んでデスティーノからフォールも2。

 内藤はデスティーノを狙うが踏み込みきれずに崩れ、EVILはレフェリーに内藤を叩き込む。さらにEVILは内藤にラリアットを叩き込む。
 石森がリングに走り込み内藤へスワンダイブブロンコバスター。石森は内藤を羽交い締めにして、邪道が竹刀でフルスイングしようとするが、ヒロムがリングに走り込み邪道にトラースキック。石森が走り込むがヒロムがフロントスープレックスでコーナーに叩きつけ、場外に叩き出すとそのまま返り討ちにしていく。

 内藤がEVILに近づくが、EVILはイス攻撃で迎撃し、さらに内藤の頭頂部にイスを叩き込む。
 EVILはEVILを狙うが、耐えた内藤が延髄斬りから、走り込んできたEVILをコーナーへフラップジャックで叩きつけ、コーナーに上るとスイング式リバースDDTからフォールも2。

 内藤はバレンティアで叩きつけ、デスティーノを狙うがEVILはレフェリーを掴んで死角を作るとバックキックの急所攻撃。
 そこへBUSHIのマスクを被った選手がエプロンにあがり内藤を起こすが、内藤へエルボーを打ち込みワイヤーでチョーク攻撃。
 レフェリーがBUSHIのマスクを被った選手に気を取られているうちに、EVILは内藤の急所へ強烈なストンピング。
 EVILはEVILを叩き込んでフォールし3カウント。

EVIL「おーい!この俺EVILが、覇者で王者の三冠王だこの野郎!おいそしてよ、俺の、パレハを、紹介してやろう(BUSHIのマスクを剥ぐとディク東郷が現れる)俺の新しいパートナー、ディック東郷だ!」

 東郷とEVILが内藤にストンピング連打も、ヒロムが救出する。

ヒロム「おいEVIL、今どんな気持ちだ?人を裏切るって、どういう気持ち?どういう感覚なの?教えてよ。教えてよ、教えろ、教えろって言ってんだよ!お前なんてどうでもいいんだ今どんな気持ちなのかそれだけ教えろよ。ほら、ほら、ほらほらほらほらほらほらほら、は~や~く~!どんな気持ちなのか聞かせろよ!」
EVIL「・・・(ニヤついて答えない)」
ヒロム「もういいよ、なぁEVIL、一つだけお願いがあるんだ。お前が取ったベルト、俺に挑戦させろ。2つとられるのが怖いんだったら、1本で構わねーぞ」
EVIL「・・・(答えずにマイクを投げ捨ててリングをあとにした)」

<試合後コメント> 
EVIL&ディック東郷
EVIL「オーイ、この俺が覇者で、王者の3冠王だ、この野郎、オイ。内藤、お前はもう、終わりだ。そしてよ、オイ、俺の新しいパレハを紹介してやるよ。それがこの男、ディック東郷だ」
東郷「オイ、新日本のファン、オイ、今日、誰が最強かわかったろ? 言ってみろ。EVILよ。EVILが新日本の最強だ。覚えとけ」
EVIL「オイ、それからよ、ヒロム、お前、この俺様のベルトに挑戦したいのか? いいぜ。いつでもやってやるよ。いつでも、お前のこと、潰してやるよ。よく、覚えとけ」

高橋ヒロム
ヒロム「アァ~~ッ!! アァ~ッ…!!いつからだ~~~~!! いつからだ、EVIL~!! 悔しい~!! アァ~!! いつからだ!? いつから!? いつから考えていた!? アァ~! アァ~! アァ~! クソ~! クソ~~~!! いつからだ!? いつからだEVIL!? いつから考えてた!? ハハ…ハハ…アハハ…アハハ…アハハ…アハハ…アハハハハ! 俺が! LOS INGOBERNABLES de JAPONに入った理由、何度も言ったが、内藤哲也、EVILとやることだ。この2人と対戦するために、俺はロス・インゴを選んだんだ。どんな巡りあわせか…人生って! 何があるかわかんないから面白いよね~! …………覚悟しとけ、EVIL。俺は本気だぞ。IWGPヘビー、IWGPインターコンチネンタル、俺がもらう。その対戦相手が貴様ということは、俺は素直によろこぶことにするよ。な~~~!! EVIL~~!? ウェルカム・トゥ・ザ・ヒロムちゃんワールド~~~! ハッハッハッハッハッ! ハッハッハッハッハッ!」

※内藤はノーコメント

関連記事

サイト内検索

日別

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る
×