巌流島の谷川貞治がネットイースと提携!中国で格闘技大会開催へ!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 13日、都内某所にて網易(ネットイース)新聞日本ステーションが主催する一年に一度の盛典『態度大賞2019』が開催され、谷川貞治プロデューサーが巌流島をベースにした格闘技事業でNNJPとの提携を発表した。

 巌流島は、K-1の元プロデューサーである谷川貞治が2015年に立ち上げた異種格闘技イベント。
 空手の演舞に始まり太極拳の演舞で終わった発表会見で谷川氏は、中国での格闘技大会の開催を発表。ゆくゆくは格闘技オリンピックの中国での開催を目指しているという。
 巌流島は日本人には伝わるが中国人には馴染みが薄いということと、会場も1万人キャパかつ放送で10億人を相手にするようなコンテンツに育てるべく巌流島と形は変わっていく可能性が高いとのこと。
 来年のオリンピック明けを目処に、日本人選手も参加する大会を中国で開催することを目指していく。

 最後に谷川氏より「本当にネットの時代と言われますが、スポーツの持つ映像の力は強くて、その中でも格闘技は映像として力が強いので今回こういう場をいただいてアピールしたいと思ってやってきました。格闘技オリンピックは巌流島とはちょっと違って、特に私がやりたいのは中国というのは武術の故郷なんですが、中国にあったオリジナルな、巌流島をベ―スにするかもしれないが中国から世界に広がる格闘技をやってみたい。私自身が中国の格闘技団体とも交流がK-1時代からありまして、色々アイディアをねってるところだが、一年後ぐらいにはネットイースジャパンさんを通じて発表できればと思います。VTRで紹介したがスポーツの映像はビジネスになってメイウェザー対パッキャオは600億ドルにもなるようなビジネスが一晩でできる。それを中国の中でできればと。NNJPさんのお力を借りて新しい格闘技のブームを作っていきたいなと思っております」と挨拶があり、会見は終了した。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×