『劇場版プロレスキャノンボール2014』がついに完成!公開初日を待たずに全日完売により追加上映決定

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

DDTプロレスリングを中心に集められたプロレスラー13名が、4チームに分かれ、自慢のマイカーでゴール(東北)をめざしながら、RUNステージとWRESTLEステージで得点を競っていく様子を自由に伝えるドキュメンタリー『劇場版プロレスキャノンボール 2014』の関係者試写会が、1月29日に都内某所で行われた。
スマホ片手にSNSを駆使し、プロレスラーのみならず、アイドルや一般人までをも巻き込みながら、迫ってもこない敵を無理やり引きずり出し、次々と戦いを挑んでいったこの作品の総監督を務めたのはマッスル坂井。坂井監督は試写会を終えると「どういうふうに編集したらいいのかなと、この2か月毎日悩んで悩んで、自分なりに2時間にまとめて、今日の時点で出来たのはここまで。割と自分なりに考えるプロレスの面白さとか、格好良さとか、悲しさとか、おかしい部分とか、そういったものがうまく描けているんじゃないかと思っているんですけど。僕はプロレスをやっていてよかったなと今、見てて思いました」と感想を述べた。

2月16日(月)からヒューマントラストシネマ渋谷にて6日間限定上映が決まっているが、公開初日を待たずして全日程のチケットが完売。さらに地方のファンからも上映希望のメッセージが続々と届いたため、急遽2月28日(土)から大阪のシネ・リーブル梅田で1週間限定公開されることが発表された。なお、3月1日(日)のみ男色ディーノの舞台挨拶が行われる(料金は3月1日のみ舞台挨拶付となるため2,500円、そのほかの日は2,000円となる)。詳細は映画情報サイトを参照。
さらに今後はDDTの地方巡業に合わせて地方でも追加上映をやっていく予定とのこと。製作総指揮の高木三四郎は「プロレス団体が制作する劇場用公開用映画なので、プロレス団体にしか出来ない特色として、DDTの興行スケジュールに合わせた上映スケジュールを検討しています」と説明。

すでに全日程のチケットが完売してしまっている東京に関しても、追加上映を考えていくし、この『プロレスキャノンボール 2014』の特別興行を昨年の11月に開催した岩手県大船渡市でも上映をしたいという。
また、高木は映画を観て「今回、敢えて制作チームからはまったく情報を聞かないで、完全に丸投げにして、僕自身がこの上映を観るのを楽しみにしてして、いま全編通して観ましたが、悔しいかな泣きました! 泣くポイントが…これまた言いたくないんですけど、大家健だったという。まさか大家健に泣かされる日が来ると思いませんでした。マッスル坂井監督、今成夢人助監督の情熱というか、悔しいんですけど泣けます。ゲラゲラ笑ってたんだけど、最後の最後でこいつに泣かされるとは! ええ! ってくらい泣かされたね。俺、大家健を売るためにこの映画作ったんじゃないよ」と語った。

それを聞いた坂井監督は「俺も途中で使うべきじゃないと思ったんですけど、『DDTの映画だ』っていうことを敢えて切らずに出さなきゃいけないと思ったんで。そういう気持ちがあるってことを分かってほしいというか。僕らは素材から含めて何十回、何百回と観ちゃってるので、何が面白くて何が面白くないのかっていうのが麻痺しちゃうんですけど、やっぱりプロレスの映像の編集とか、2時間のプロレスを題材にした何かを作る、興行以外のプロレスの新しい見せ方を考えるというのは、僕がずっとやってきた仕事だったので、ほかの団体にはできないものというか、DDTにしか作れないものは何かを考えたりしながら作りました。分からないながらも自分の中で確信を持っているものがあって、プロレスの面白さ、プロレスの格好良さを最終的に伝えたいと思って作ったので。それが伝わればいいなと。やっぱりDDTが作っている映画なんで、そこで伝えるべきはDDTの面白さ、プロレスの格好良さ、あとおかしさとか面白さだと思っているんで」と語った。

ページ:

1

2

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る