【試合結果】7・14 PURE-J浅草大会 中森華子&万喜なつみvsKAZUKI&ライディーン鋼 堀田祐美子vs勝愛実 KAZUKI&ライディーン鋼vs藤ヶ崎矢子&安納サオリ

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『J×Aドリームタッグトーナメント』
日時:7月14日(金)
開始:19:00
会場:東京・浅草花やしき座
観衆:122人

▼J×Aドリームタッグトーナメント1回戦・時間無制限1本勝負
[WANTED’14]KAZUKI/○ライディーン鋼
9分46秒 ラリアット→片エビ固め
[BBB]●藤ヶ崎矢子/安納サオリ(Beginning)

▼同トーナメント1回戦・時間無制限1本勝負
[Infinitto]中森華子/○万喜なつみ(Beginning)
10分33秒 ネック・スクリュー
●関口登子/清水ひかり

▼同トーナメント2回戦・時間無制限1本勝負
[WANTED’14]○KAZUKI/ライディーン鋼
9分43秒 ダイビング・ニードロップ→片エビ固め
[RED SOUL]Leon/●高瀬みゆき(Beginning)

▼同トーナメント2回戦・時間無制限1本勝負
[Infinitto]○中森華子/万喜なつみ(Beginning)
12分23秒 フィッシャーマンバスター→片エビ固め
[Sabmission Sisters]コマンドボリショイ/●本間多恵

▼スペシャルシングルマッチ・30分1本勝負
○堀田祐美子
9分45秒 スリーパーホールド
●勝愛実

▼同トーナメント決勝戦・時間無制限1本勝負
[Infinitto]○中森華子/万喜なつみ(Beginning)
15分32秒 ダイビング・ギロチンドロップ→片エビ固め
[WANTED’14]KAZUKI/●ライディーン鋼

PURE-J×アクトレスガールズのタッグトーナメントは中森&万喜が優勝!敗退したWANTEDは解散を宣言?!

第1試合


 PURE-Jとアクトレスガールズのコラボによる1DAYタッグトーナメント。
1回戦では「負けたら解散」と背水の陣で臨む『WANTED’14』がコミカルを封印したファイトで藤ヶ崎矢子&安納サオリを撃破。
 試合後、敗れた矢子が安納を責め、「私は今日気づいたんだよ。オマエとタッグ組むとな、お客さんがみんなサオリしか写真撮ってねーじゃねぇかよ!」と怒りを露わに、7・30名古屋大会での一騎打ちを要求。安納は「ベルト懸けてください」とタイトルマッチをアピールする。
 このカードを実現させるために、コマンドボリショイから4・2後楽園大会のDVD+水着ポートレート5セットの販売を課された矢子だが、休憩時間に早くもクリア。矢子は「あと1ヶ月ちょっとしかないので、どんどん防衛してジュニアを卒業したいと思います」と意気込みを語った。

第2試合


 もう1つの1回戦は無限大を意味する『インフィニット』をチーム名とした中森華子&万喜なつみが、アクトレスガールズ選抜チームの関口登子&清水ひかりに快勝。

第3試合


 2回戦はKAZUKI&鋼がシード枠の『RED SOUL』Leon&高瀬みゆきを下した。

第4試合


 中森&万喜はその名の通り関節技を駆使する『サブミッション・シスターズ』コマンドボリショイ&本間多恵に苦戦しながらも決勝戦にコマを進める。

第5試合


 セミファイナルではトーナメントの発起人でありながら不参加となった勝愛実が堀田祐美子と初の一騎打ち。場外戦でも水を吹きかけるなどまったく臆せずに闘うも、最後は堀田がスリーパーでギブアップ勝ち。
 マイクを持った堀田は「ピュアハートにもこんなキチガイいたんだね。…おもしろいね。何度でもやってやるよ。オマエの気持ちわかったよ」と高評価。
 勝が「“何度でもやってやる”って言ったな? いいんだな? そういえば8月11日、PURE-J旗揚げ戦…私の相手、空けてんだよ。そこにオマエを入れてやってもいいぞ?」と返答すると、堀田は「オマエ礼儀ってもんがあんだろ」と態度を急変するが、「考えといてやるよ」と言って引き上げていく。

第6試合


 メインイベントは、ともに3試合目となるKAZUKI&鋼と中森&万喜によるトーナメント決勝戦。
 中森と万喜はコスチュームを変えての入場で会場を驚かせる。死力を尽くしての激戦は中森のダイビング・ギロチンで決着。
 KAZUKIは「鋼!! この急造チームの中で勝てなかった。公約通り、今日でWANTEDは解散!!」と叫んでリングを下りると、鋼は「KAZUKIさん! 待ってください」と追いすがる。
 中森&万喜には優勝商品としてボリショイからタワーレコードのTシャツが贈られ、中森は「似合ってますよねー!? 『インフィニット』これからも団体の枠を超えて、やっていこう!」と笑顔を見せた。

<試合後コメント>
中森華子&万喜なつみ
万喜「優勝するためには3試合という初めての経験なんですけれども、絶対華子さんと組んだからには優勝したくて…。1人だったら絶対に敵わない決勝戦の相手だけど、華子さんと一緒に力を合わせて取れた優勝が本当に、涙が出るほど嬉しいです(笑)」
中森「1試合1試合全力で闘ったんですけど“決勝まで行けたらコスチュームを変えよう”って約束してることもあったし、急造タッグとか言う人いるけど何回か組んでるし。『インフィニット』って名前も付けて、優勝しなきゃっていう気持ちで来ました。キャリアも全然違うけど、ホントになつみが頼りになるパートナーだったので良かったです」

――今後も2人で組んでいきたい?
中森「なつみは(安納との)『さむ&なつりー』っていうのもあるし、マコ(真琴)が欠場してるけど『真華不思議』もあるし、だけど優勝という結果を残せたので。また、どこかで組む時は上をいきたいなと思ってます」

関連記事

サイト内検索

日別

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る