「卑怯な手を使っても勝ちたい」黒田哲広がインディープロレス統一に意欲!マスクドミステリーのインディー統一無差別級王座に挑戦決定!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 20日、東京都・新木場1stRINGにて、TTTプロレスリング『CREATION4』が開催され、インディー統一無差別級王座を奪取したマスクドミステリーが黒田哲広を挑戦者に指名した。

 TTT(TOTAL TRIUMPH TEAM)とは、故・ターザン後藤さんに薫陶を受け、ミスター雁之助を師に持つ黎明期インディープロレスの後継者的存在であるガッツ石島が2020年1月に“インディープロレス統一”を掲げて旗揚げした団体であり、PWC、FMW、IWA JAPANなどの流れを汲むベテラン選手たちが数多く参戦中。90年代インディープロレスの“おもちゃ箱をひっくり返したようなプロレス”の魂を令和の世に伝え続けている団体だ。

 TTTでは、旗揚げ時から新宿三丁目の末広通り商店会とタッグを組み、プロレスで町おこしをする『商店会プロレス』を実施してきた。昨年には東久留米駅前商店会(東久留米市)、たかの台地区商店会(小平市)と協力して3つの商店会を回る『闘強商店会プロレス』を企画して老若男女にプロレスの楽しさを伝える草の根運動を展開。今年度も『闘強商店会プロレス2023』の開催を計画中だといい、東京都の地元密着団体としての地位を高めている。

 TTTの至宝たるインディー統一無差別級王座は、今年2月にキャリア19年にして初のシングル王座を戴冠したツトム・オースギが保持。長年インディー界で闘い続けてきたオースギは、このベルトを手にし「俺がインディープロレスを統一する」と覚悟を叫んでいた。
 今回挑戦したのは、TTT所属の重鎮・マスクドミステリー。7月には年に一度のビッグマッチ、新宿FACE大会が控えており、所属選手としてメインに立つべく至宝奪還に燃えていた。


 体重差が50kg以上あると言われる2人の一戦は、オースギがスピードを活かした飛び技やサブミッションで攻め立てるのに対し、ミステリーはどっしりと構えたパワーファイトで対抗。
 オースギは場外戦でミステリーの鉄柱へのラリアットを誤爆させたのを機に、ミステリーの必殺技・チョークスラムを潰すべく徹底した腕攻めを展開。ミステリーは強引にチョークスラムを狙いに行くが、オースギが腕十字や腕へのコードブレイカー、宙返りで脱出してのランニングニーと多彩な切り返しを見せる。
 ミステリーのラリアットをレッグラリアートで撃ち落としたオースギは、必殺のツキノイシ(※飛びつき式急角度DDT)を狙うが、ミステリーはこれをキャッチしてコーナーの上に載せ、田上明ばりの大車輪チョークスラムを決めて3カウントを奪取。

 団体の至宝を取り戻したミステリーは、【“最高”ミステリー】としてタッグ王座を戴冠したこともあるパートナーの黒田哲広をリングに呼び出し、次期挑戦者に指名。
 黒田は、「皆さんも知ってるように、僕、ほんとシングルのタイトルマッチ大嫌いなんですよ。だから、すみません……と、言いたいんですけど、僕の中でTTTに上がってから唯一思ってたのは、もしこの人に『お願いします』って言われたら受けようと思っていた選手がいます。それが、貴方です。受けますよ。ただ!正々堂々とは言いません。卑怯な手を使っても勝ちたいと思います」と並々ならぬ覚悟を見せた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る