181cm&177cmの女子プロレス界最高身長タッグが王座挑戦も戴冠ならず!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12日、東京都・品川インターシティホールにて、スターダム『FIBREPLEX presents NEW BLOOD 8』が開催され、レディ・C&HANAKOがNEW BLOODタッグ王座の奪取に失敗した。

 スターダムでは、レディ・Cが177cmで“現役女子プロレスラー最高身長”として2020年にデビューして話題を集めたが、今年3月には学生プロレス出身の大型新人・HANAKOが181cmと最高身長を更新して華々しくデビュー。
 今回は、レディ&HANAKOの最高身長ツートップが強力タッグを結成し、スターライト・キッド&KARMAが持つNEW BLOODタッグ王座に挑んだ。

 試合は、レディ&HANAKOのダブルビッグブートによる奇襲に始まり、小柄なキッドを2人でリフトアップして場外に投げ落とすといった豪快な合体技や、レディのコブラツイスト&HANAKOのアルゼンチン・バックブリーカーの競演を見せる。
 しかし、キッドが2人の攻撃を同士討ちさせてルチャ殺法で場外に放り捨てると、KARMAが場外へのプランチャで追撃。これで完全に流れが変わってしまうも、HANAKOは引退するひめかから継承したJPコースターを炸裂させて食い下がる。さらにHANAKOが追撃を狙うも、キッドがモモ☆ラッチで切り返して3カウントを奪った。


 バックステージに戻ったレディは、「NEW BLOODタッグ、そしてHANAKOの初タイトル挑戦、敗れてしまいました。ホントごめん。私がもっと引っ張ってればとか、もっともっとHANAKOのことアシストしてあげれば獲れたんじゃないかって、悔しい気持ち。HANAKOにも悔しい気持ちにさせて本当にごめん」とうなだれるも、「でも、私たちにはまだ出してない技たくさんあったよね?あの技も、あの技も出しきれなかった。もっともっと一緒にタッグの力を高めていって、私たち2人であのNEW BLOODタッグ獲って、あのベルトの意味を、価値を、正しく作り直したいと思います!」と前を向く。
 対するHANAKOも、「初タイトル、まだ経験も浅くて、初めて出したJPコースターのレベルもまだまだだったなって、思います。でも、そんなのは言い訳にしかならないので、もっと練習して、もっと経験積んで、またレディさんとあのベルトをもう1回挑戦して、リベンジしたいと思います」と次を見据えた。

 なおレディはこの試合後に行われたフューチャー・オブ・スターダム(新人)王座戦に勝利した吏南に「シングル戦で勝利しているから資格がある」と挑戦を表明。
 元先生という経歴を持つレディの説教臭い挑戦表明に吏南は「うざっ。うるせーんだよ結果が全てだろなぁ!あ?その身長もあってよ、フューチャーまだとれてねーお前に言われる筋合いはねーよバカが」と罵倒する悪童ぶりを見せながらも「吏南がずっととりたかったこのベルト、お前にそうそう渡すわけねーんだよバカがよ」とレディの挑戦を受諾した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る