「GHC世界タッグチャンピオンになってやる!」NOAHのリングに乗り込んできた全日本プロレスの世界タッグ王者を相手に拳王が二冠統一を宣言!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 9日、東京都・後楽園ホールにて、プロレスリングNOAH『STAR NAVIGATION 2023』が開催され、拳王が全日本プロレスの世界タッグ王座とGHCタッグ王座の二冠統一を叫んだ。

 この日の第5試合では、拳王&中嶋勝彦&征矢学vsマサ北宮&稲葉大樹&稲村愛輝の6人タッグマッチが実施。
 3月19日のNOAH横浜武道館大会でのマサ北宮&稲葉大樹vs拳王&征矢学のGHCタッグ王座戦の前哨戦として注目を集めていたこの試合、王者組が勢いあるファイトで挑戦者組を寄せ付けず終盤には一気呵成に征矢を攻め立てていくが、これを受けきった征矢が拳王のアシストを借りつつジャンピングDDTで稲葉を沈めた。

 試合後、リングに全日本プロレスの世界タッグ王者“ノムヤギ”青柳優馬&野村直矢が登場。
 2月の武藤敬司引退興行で行われたNOAHvs全日本の対抗戦に於いて勝利を挙げた拳王が征矢とのタッグで世界タッグ王座挑戦をぶち上げるも、全日本の諏訪魔専務はこれを頑として受け入れず金剛との絶縁宣言まで出していた。
 このカードは幻のものとなってしまうのかと思われていたが、ノムヤギが直接NOAHのリングに乗り込んで直接話を進めようとした形だ。

 マイクを取った青柳は、「世界タッグチャンピオンの青柳優馬、野村直矢が来てやったぞ!アンタらこのベルトに挑戦したいんだろ?俺たちはアンタらの挑戦、正々堂々と受けてやる!もしアンタらに全日本プロレスに来る勇気があるなら、3月21日、全日本プロレス大田区総合体育館大会でこのベルトをかけて勝負してやろうじゃねえか。どうだ!」と世界タッグのベルトを掲げて挑発。

 拳王は「お前の心意気はしっかりと理解した。テメーはな、オイ!諏訪魔専務よりビジネス分かってるやつだな!確実に!確実に!諏訪魔なんかが挑戦するより俺たちが挑戦したほうがビジネス上がるに決まってるよな?その上でだ!俺たちそのベルト、挑戦してやるよ!3月21日、大田区だよな?もちろん行ってやる。その前に、3月19日横浜武道館、GHCタッグチャンピオンに俺たちはなるぞ!そして3月21日、世界タッグチャンピオンにも、俺たちはなるぞ!2本のベルトを巻いて統一してやるからな!そうだ、今統一した名前思い浮かべたぞ。そのベルトを統一して、“GHC世界タッグチャンピオン”になってやる!おい、青柳!俺たちがGHC世界タッグチャンピオンになる、征矢学と拳王だ!テメーらのベルト、奪ってやるからな!」と叫び、両組は額を突き合わせて激しい視殺戦を展開した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る