KO-D無差別級王座戦の前哨戦第1ラウンドは火野が勝利も、納谷と火花散らす! 「熱くなってタイトルマッチはヤバい試合しようや」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが3月4日、神奈川・横浜ラジアントホールで『DDT YOKOHAMA Unlimited Vol.2』を開催。同21日の東京・後楽園ホール大会でKO-D無差別級王座戦で相まみえる王者・火野裕士と挑戦者・納谷幸男が初の前哨戦でバチバチに火花を散らした。試合は火野が勝利し、第1ラウンドを制した。

 この日、火野は坂口征夫と組み、納谷、正田壮史組と対戦。火野はメインイベントに抜てきされた若手の正田に強烈なチョップ連打で圧倒。納谷に代わると、壮絶なエルボーのラリーを展開。納谷はニーリフト、ビッグブーツを火野に叩き込んだ。納谷からバトンを受けた正田はミドルキック連打で猛攻も、火野はラリアットで吹っ飛ばす。最後は必殺のFuckin'BOMBでトドメを刺した。

 火野は「ええやんけ。どんどん熱くなってきた。前哨戦にふさわしい試合になってきた。5日の長野(長野市芸術館アクトスペース)は今日より熱い試合。次の前哨戦(12日、埼玉・所沢航空記念公園野外ステージ)は長野よりもっと熱い試合。タイトルマッチはどうなるんや」とマイク。

 バックステージで火野は「まだまだ始まったばかり。長野も所沢もどんどん気持ち入れていったらええ。熱くなって、タイトルマッチはヤバい試合しようや。今のオマエとワシやったらできるぞ」とニヤリ。

 納谷は「まだまだこれから。次、長野、今日よりもっと激しい試合するんで。これからもっともっといくんで楽しみにしといてください」とコメントでも負けていなかった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る