目の故障で欠場中の佐々木大輔が3・21後楽園で電撃復帰へ! EXTREME王座前哨戦は鼓太郎が秋山組制す

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが3月4日、神奈川・横浜ラジアントホールで『DDT YOKOHAMA Unlimited Vol.2』を開催。目の故障で欠場中の“カリスマ”佐々木大輔が同21日、東京・後楽園ホールで電撃復帰することが決まった。

 佐々木は1月13日、東京・新宿FACE大会後に失踪し、後に左目の手術を受けていたことが判明。本人の希望で3月30日(現地時間)の米ハリウッド大会で復帰戦を行うことになっていた。この日の第4試合終了後、正面玄関から入り、缶ビールをあおりながら、突如リングに上がった佐々木は「このリングに何かが足りないと思わねぇか。佐々木大輔が足りねぇ。3月21日、DDT26周年、後楽園。そこに佐々木大輔って書いてねぇじゃねぇか」と迫り、今林久弥GMも承諾した。

帰ろうとする佐々木に報道陣が追いすがると「このケガは100%治るもんじゃねぇ。ただ、アイツらをぶちのめす。それぐらいは治ってる。(カードは)何でもいい。とにかく俺の名を入れろ。このリングに足りないのは佐々木大輔。2ヶ月、アイツらが何をやってたか知らないけど、後楽園のリングで会えば分かるだろ。(狙いは?)DDTのリングを破壊することだ。米国に行くことも決まってるだろ。1回手術したということは、この先いつまで(目が)もつか分からない。だから好き勝手してやる。米国に行った後、一人でメキシコに行ってくる。今やりたいことをやりたいようにやる」と吐き捨てて伊勢佐木町の飲み屋街に消えていった。

 大会後、同団体では3・21後楽園の対戦カードを一部変更し、佐々木、MJポー、KANON組VSクリス・ブルックス、ドリュー・パーカー、新納刃組の一戦を組むことを発表した。


 また、第5試合では3・21後楽園でDDT EXTREME王座を争う、王者・秋山準と挑戦者・鈴木鼓太郎がタッグマッチ(秋山、岡田佑介組VS遠藤哲哉、鼓太郎組)で前哨対決。気迫みなぎる鼓太郎は秋山に激しいエルボーを叩き込み、エルボースイシーダを発射。岡田とエルボーの応酬の後、ローリング・エルボーからタイガードライバーと三沢光晴さん譲りの技のオンパレードで岡田を料理した。

 鼓太郎は「俺の記憶のなかにある秋山準だった。ノアで一線を張って、全日本の最前線を走っていて。やる意味あるよね。10年前ならチャレンジマッチだったかもしれないけど、今こそ秋山準を超える」と王座獲り宣言。秋山は「アイツのエルボーを久々に食らって、気持ちよく首に電気が走ったよ。俺も3倍返しでいくから。覚えておけよ」と迎撃を誓った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る