高尾蒼馬が火野裕士に激怒し、KO-D6人タッグ王者組に不協和音?8・21川崎でのイラプションとの防衛戦に向け黄信号!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが8月1日、東京・新宿FACEで「ビアガーデンっぽいプロレス2021【DAY3】」を開催。KO-D6人タッグ王者組(遠藤哲哉、高尾蒼馬、火野裕士)に不協和音が奏でられ、同21日の富士通スタジアム川崎でのイラプション(樋口和貞、坂口征夫、赤井沙希)との防衛戦に向け黄信号が灯った。

 この日の第3試合で、ダムネーションの高尾、火野、島谷常寛組が、坂口、彰人、岡田佑介組と対戦。火野は前日の新宿FACE大会の試合前、対戦相手のスーパー・ササダンゴ・マシンにコスチュームを盗まれた。そのコスチュームを着用したササダンゴは火野のモノマネをしまくった。試合後、コスチュームは戻ってきたが、そのモノマネに傷ついた火野は、酒浸りとなり、酒を飲みながら、私服で登場。試合中も火野はコーナーで酒を飲むなど、どこか上の空。火野はコーナーから坂口めがけてダイビング・ボディプレスを見舞うが、酔いが回って目測を誤ったか島谷に誤爆。ここで坂口が島谷に神の右膝をたたき込んで3カウントを奪取し、6人タッグ王座前哨戦は坂口組の勝利。

 バックステージで坂口は「なめられたもんだよ。殺してやる」と吐き捨てた。一方、ダムネーションは火野と島谷が現れず、高尾は「酔っ払って負けるなんて。ただのアル中だ。裕ちゃん、試合で酒飲むなんてクソだ。クビにはしないけど。まあ、6人タッグ、俺たちが前哨戦も全部勝って、防衛する」と発言するも、その鉄の結束に亀裂が入る恐れが出てきた。

 メインイベント終了後、樋口は「必ず富士通でベルトを獲って、イラプションここにありをしっかりと見せたいと思ってます」と王座奪取を誓った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る