Ωの火野裕士&大石真翔が佐々木大輔&MJポーを破り、KO-Dタッグ王座を奪取!9・9大田区で藤田ミノル&KANONが挑戦へ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが8月13日、東京・後楽園ホールで赤井沙希10周年記念興行「SAKI AKAI 10TH ANNIVERSARY TOUR IN KORAKUEN!!」を開催した。Ωの火野裕士、大石真翔組がダムネーションT.Aの佐々木大輔、MJポー組を破り、KO-Dタッグ王座を戴冠。9月9日の東京・大田区総合体育館で同じダムネーションT.Aの藤田ミノル、KANON組が挑むことが決まった。

 試合はポーと火野がスーパーヘビー級のド迫力の攻防を見せれば、佐々木と大石はテクニックでの戦いを見せた。ポーは大石をボディプレス、リバース・スプラッシュで追い込む。ポーはラリアットで火野を場外に排除。さらに、ポーは大石にラリアットを叩き込むも、大石が直伝トルネードクラッチで丸め込んで大逆転の3カウントを奪い、王座は移動した。

 試合後、佐々木組のセコンドに付いていたKANONが現れ、「一番近くで、この戦いを見て、改めてタッグのベルトがほしくなりました。ダムネーションT.AのKANONじゃなく、同じ一人の師匠を持つ…」と言うと、火野は「待て! ワシはTAKAみちのくを1回も師匠と思ったことないぞ」とさえぎる。KANONは「それでも通じるものはあるでしょ。TAKAさんは多忙だから、俺のパートナーは藤田ミノルで、挑戦させてください」とどさくさ紛れにアピール。

 あっさり火野が受諾したため、今林久弥GMが9・9大田区でのタイトル戦を決定。KANONは火野とはクリーンに握手を交わしたが、大石にはラリアットを見舞って去って行った。

 バックステージで火野は「大石だって、まだまだやればできんねん。ワシの力なしで勝ったようなもんや。これからのΩが楽しみやな。ダムネーションT.Aだろうがなんでもええ。誰でも来たらええ。一発で獲った。これがΩの実力や。次の防衛戦はよう見とけよ」と余裕しゃくしゃく。

 王座から陥落した佐々木は「こんなくだらねぇタイトルマッチ組みやがって。なんで大石、火野が挑戦者なのかも分からねぇ。あんなタッグベルトには興味ねぇんだ。俺の頭のなかは(KONOSUKE)TAKESHITAでいっぱいだ。KANON、後はオマエが遊んでやれ」と吐き捨てた。KANONは「藤田ミノルと俺ですぐにタッグのベルト獲って、DDTに破壊と混とんをもたらしてやるよ」と不敵に語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る