MAOがシングル前哨戦で“先輩”中津に惨敗し、KO-Dタッグ王座陥落危機! 「味方に瞬馬もいるし、目を合わさなければ勝てる」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが3月4日、神奈川・横浜ラジアントホールで『DDT YOKOHAMA Unlimited Vol.2』を開催。同21日の東京・後楽園ホール大会で、ハリマオの樋口和貞、中津良太(BASARA)組を迎え撃つKO-Dタッグ王者しゅんまお(MAO、勝俣瞬馬)のMAOが中津とのシングルでの前哨戦で惨敗し、王座陥落の危機に直面した。

 樋口と中津はかつて存在した若手主体ブランドDNAの1期生。MAOは2期生で後輩にあたり、当時中津から“かわいがり”を受けていたという。2月26日の後楽園大会で樋口組が挑戦表明すると、MAOは速攻で受諾。3月2日の調印式でもMAOは中津にビビりまくりだった。

 序盤は中津が尻を蹴るなど優位に進めたが、MAOは「すみません」と謝りながら掌底連打、ジョンウーからラ・ケブラーダを発射。リングに戻ると、MAOはハリウッドスタープレスを決めた。中津は頭に蹴りを3連発。MAOは丸め込み連発もフォールは奪えず。さらにMAOは旋風脚を見舞うも、中津はパワースラムからハイキック連打。MAOはみちのくドライバーⅡで返すも、中津はジャーマン、ジャンピング・ハイ、Vスライダーとたたみかけ完全無欠の3カウントを奪った。

 マイクを持った中津は「MAO、すごいな。数年肌を合わせてないだけやけど。強いよ。でも、まだ先輩には勝てへんかったみたいやな。アンタたちが持ってるベルト、私と樋口で獲らせていただいて、インド映画のワンシーンやってもらう」とベルト獲り宣言。

 バックステージで中津は「前哨戦はハリマオの完全勝利や。会ってない数年間やけど、海外での経験が生きてるな。素晴らしいよ。でも私も遊んでたわけじゃないんで、しっかり勝たせていただきます。当日、MAOがビビるのかビビらないのか分かりませんが、2人でベルトを獲る」とキッパリ。

 MAOは「対策が分かった。目を合わせないことだ。目を合わせると、あのときの怖い中津さんが出てくるけど。目を合わせないで、中津さんじゃなくて、どこかのヤンチャな人だと思えば大丈夫。やっぱり先輩は追いつけない背中という感じがした。タイトルマッチになれば、味方に瞬馬もいるし、目を合わさなければ勝てる」と自身に言い聞かせていたが、前哨戦での敗退に不安は募るばかりだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る