鈴木軍を解散した鈴木みのるが全日本プロレスで土井成樹らと新軍団結成へ?!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『#ajpw新春ジャイアントシリーズ2023』が開催され、鈴木みのるが土井成樹&大森北斗との共闘を宣言した。

 全日本プロレスでは、例年1月2日&3日の後楽園ホール大会2連戦でサプライズやエポックメイキングなカードが並ぶ。
 今回は、昨年12月に新日本プロレスで鈴木軍を解散した鈴木みのるが“X”をパートナーに2日&3日の両日参戦することが発表。年内最終大会ではXの正体がDRAGON GATEを退団してフリーとなった土井成樹であることが明かされ、意外な超大物タッグの誕生にプロレス界は沸き立っていた。


 この日は、石川修司&大森北斗vs鈴木みのる&土井成樹のタッグマッチが実施。
 北斗は、ジェイク・リーが率いていた“TOTAL ECLIPSE”を抜けてから一匹狼として闘っており、この日は石川との連携を無視してひたすらにみのるを相手に突っかかる。
 最初は北斗を相手にせず適当にあしらっていたみのるだったが、自身のエルボーを受けても雄叫びを上げて打ち返してくる北斗に興味を持ったか、終盤には2人きりでゴツゴツとした打ち合いを展開。北斗がローリングエルボーやRKOを決めてみせるもみのるを倒すには至らず。最後はみのるがこの日一番の強烈なエルボーを叩き込み、ゴッチ式パイルドライバーで突き刺して3カウントを奪った。

 試合後もみのるに突っかかっていく北斗であったが、一転して座り込み「俺と一緒に闘ってくれ」と懇願。その姿に何かを感じたか、みのるは北斗を引き起こして握手し、土井、北斗と3人でバックステージへと帰っていった。


 先に1人コメントスペースに現れた北斗は、「いま全日本、とてもとても余裕がある状況じゃないと思うんだわ!そんな事関係ないんだけど!俺は!俺は今すぐ強くなる必要がある!俺は今すぐ強くなって、この団体のトップに立ってなぁ!引っ張っていく責任があるんだよ!」と悲痛な想いを叫ぶ。
 あとから合流したみのるは、「口で言うのは簡単なんだよ!強くなりたいなら、何がないかわかるよなぁ?わかるよなぁ?ヘラヘラヘラヘラしてんじゃねぇよ!そして!ヘラヘラしている全日本プロレス!テメェらの中から牙が出てきたぞ。内側から腹、食いちぎってやる。俺と大森北斗、そして!土井成樹」とニヤリ。
 土井も「フリーの土井成樹が全日本に来たぞ!王道を体感しに来たぞ。全日本プロレスっていう名前、団体名に名前負けしてるんちゃうか?おい!無駄にデカイだけやろう!俺がオモロイことやってやるからな!」と呼応。

 みのるは土井、北斗の肩に手を回し「さぁ3人でメチャクチャにしてやる。待ってろ、全日本プロレス!」と3人での全日本プロレス侵略を宣言した。

 翌1月3日の後楽園ホール大会では、石川修司&青柳優馬vs鈴木みのる&土井成樹のタッグマッチが組まれていたが、この日の事態を受けて石川修司&青柳優馬&青柳亮生vs鈴木みのる&土井成樹&大森北斗の6人タッグマッチへとカードが変更。みのるを中心に結成された新たな軍団の始動に期待が集まる。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る